« 【重要】本日(3/13)17時から⇒福島原発の緊急事態に関する原子力資料情報室の第2回記者会見(専門家による分析と解説) | トップページ | 【重要】福島第一原発は最悪の場合、6機の原子炉全てからの高濃度放射能の飛散を想定しなければなりません。 »

2011年3月15日 (火)

【重要】最新情報(3月15日午前3時)を読むと、福島第一原発は大規模な水蒸気爆発と深刻な放射能汚染を起こす可能性もあると思います



被災地の現実が時間を追う毎に明らかにされ、目を覆うばかりの惨状に言葉もなく、津波発生時の映像や被災地の現状を知らせる報道に涙が止まりません。
福島原発の非常事態も、もう既にガイガーカウンターの針が振り切れるほどの放射能が原発周辺で確認されているようで、これが被災者のみなさんに追い打ちをかける結果となっています。

3月15日午前3時現在の状況を知ると、昨夜外国特派員協会で行われた原子力資料情報室の第4回記者会見で、後藤政志氏(第一原発1号機の格納容器設計者)が説明された通りの、想定される最悪の事故になる可能性も否定できなくなったと、心配しています。

以下に紹介する記事によると、海水を注入している2号機の圧力容器内の水位の回復が確認できず、原子炉内の燃料棒は冷却水から露出したままと考えられるようです。この状態が進み炉心がメルトダウン(溶融)すると、2号機は大規模な水蒸気爆発を引き起こし、その影響で1号機と3号機も対策不能、連続しての爆発と深刻な放射能汚染が現実のものとなる可能性があります。
また炉内圧力を下げるために弁を開けたようですが、炉心が露出した状態での弁の解放は、大量の放射能を原子炉から放出したということを意味します。

事故発生以来、最悪の事態を防ごうと命を懸け現場で対応してくださっている方々には本当に申し訳なく、ご家族の心配を思うと心が痛みます。


以下、3月15日午前3時現在の福島第一原発の状況について、INTERNATIONAL BUSSINESS TIMES から転載します。


<転載開始>

東京電力によると、15日午前3時現在、福島第1原子力発電所2号機の原子炉内に燃料棒は露出した状態となっている可能性があると発表した。

東京電力は記者会見で、原子炉の炉心を冷やすための海水注入には成功していると考えられるが、圧力容器内の水位の回復は確認できていないと述べた。そのため、燃料棒は冷却水から露出した状態のままと考えられると語った。

原子炉内の圧力は低い水準で安定しており、東京電力の広報担当者は「すぐに危機的な状態に陥ることはない」との考えを示した。ただ原子炉内の核分裂量を調整する冷却水の水位が十分ではないことは、安全な状態ではないことに変わりがない。

2号機では、14日の午後6時半から2時間20分ほど、燃料棒が冷却水面から完全に露出した状態となっていた。その後、冷却用の海水の注入が進み、水位が回復したものの、炉内の蒸気を逃がす弁が閉じてしまい、圧力が高まったことから注水が出来なくなった。同日午後11時過ぎ、燃料棒は再び完全に露出した。

15日午前1時過ぎに弁を開くことができ、炉内の圧力が下がったことから、海水の注入が出来るようになった。しかし炉内の水位が上がっていることが確認できないことから、東京電力では配管の一部破損や、原子炉圧力容器と格納容器がつながっている可能性もあると考えている。

東京電力の発表によると、14日の午後9時37分、これまでの最高の放射線量となる毎時3130マイクロシーベルトが正門にて観測されたという。NHKによると、CT検査では毎時約6000マイクロシーベルトの放射線量があるといい、福島原発からの放射線はその半分程度であることから、もし放射線を浴びたとしても人体にすぐに大きな影響はないと考えられるという。

<転載終了>


この記事を読むと、冒頭書いた通りの最悪の事態に近づきつつあるという懸念を抱きます。政府には、福島だけでなく他の被災地のみなさんに対する、一刻も早い被爆対策が求められます。被災を免れた私たちは、個人で出来うる放射能対策を考え準備しなければなりません。

原発事故については、その知識がないために不安ばかりが募りますが、原発の基本構造と、今回の事故が何が原因で起きどのように進行しているのかを知ると、少しは冷静に見て判断できるようになれそうです。
是非、事故発生後の12日から毎日行われている、特定非営利活動法人原子力資料情報室の記者会見で、原発技術の専門家による分析と検証をご覧になってください。

本日(3月15日)は19:00から です。昨日まで過去4回の会見の映像も掲載されています。


時間の関係で、この続きは次稿にてお伝えします。



【小沢一郎氏の支持拡大ツールです】

下記データを印刷あるいはメール送信などにて、友人・知人・ご家族などにお渡しいただき、小沢一郎氏の支持拡大にご利用ください。

「1.10 国民の生活が第一!デモ」のビラ(表)

110110

このビラをPDFファイルで ⇒
 http://bit.ly/giqfwj
※表の面にあるメッセージの拡散にご協力ください。

小沢一郎氏の決意表明「私には夢がある」 全文
1009141 1009142

※昨年9月14日民主党代表選挙当日のものです。これを知らない国民が多いのです。
PDFファイルのダウンロードと印刷 ⇒ http://bit.ly/e8fVSx
※印刷は両面印刷でどうぞ。

検察審査会の疑惑と起訴議決について~小沢一郎の正論
(民主党倫理委員会への小沢氏の主張)
1102221 1102222
PDFファイルのダウンロードと印刷 ⇒ http://bit.ly/hBJaIo
※印刷は両面印刷でどうぞ。

 

【小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ】

一人一回、1,000円を
小沢一郎氏に献金しませんか?

小沢一郎氏が主張されてきた通り「企業献金を廃止し、政治家への献金は個人から」を国民の行動で示しましょう!
政治家小沢一郎を支援することは、私たちが本来あるべき生活を取り戻し、子どもたちの未来への責任を果たす行為です。

小沢一郎氏への献金は陸山会を通して行い、その方法は2つあります。

1. 楽天の 「 LOVE JAPAN 」 経由での献金
2. 直接「陸山会」に献金

直接「陸山会」に献金する場合は、小沢一郎ウェブサイトの「政治献金のご案内」  から「陸山会 入会申込書 送付依頼フォーム」に必要事項を記入し(もちろん、献金する金額も!)、送信ボタンをクリックしてください。

陸山会への寄附は、原則として月額1,000円=年額12,000円以上から(月払い、半年払い、年払いのいずれか)とされていますが、一回限りの寄付( カンパ )も随時可能です。
もちろん一回1,000円で統一するつもりはなく、1,000円以上であれば、あなたの意思でいくらでもかまいませんし、回数も、一回限りでも毎月の献金でも、或いは年払いでも、ご都合で判断してください。

※入会申し込みが多数殺到した場合、事務処理が遅延し、申し込み後に陸山会から振込先口座の案内が届くまで、時間を要する場合があります。



■必読! 民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」

2010年(平成22年)2月9日の衆議院予算委員会での質疑から全文掲載

■必見!必読! 緊縮財政・増税論に騙されるな!消費税増税の必要はない!

   (平 成22年2月24 日 衆議院予算委 員会公聴会から)

▽二宮厚美・神戸大大学院教授
「今 こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽菊池英博・日本金融財政研究所所長
「経済のイ ロハを知っていれば考えられない旧政権によるデフレ下の緊縮財政」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽下地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑]
「旧政権では国民から徴収する消費税が、財 界のための法人税減税の財源に使われていた」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト


【お願い】

植草一秀氏のブログ人気ブログランキング 応援のクリックをお願いします。 

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 【重要】本日(3/13)17時から⇒福島原発の緊急事態に関する原子力資料情報室の第2回記者会見(専門家による分析と解説) | トップページ | 【重要】福島第一原発は最悪の場合、6機の原子炉全てからの高濃度放射能の飛散を想定しなければなりません。 »

2011.3.11 東日本大震災と大津波」カテゴリの記事

核 原子力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/51124166

この記事へのトラックバック一覧です: 【重要】最新情報(3月15日午前3時)を読むと、福島第一原発は大規模な水蒸気爆発と深刻な放射能汚染を起こす可能性もあると思います:

« 【重要】本日(3/13)17時から⇒福島原発の緊急事態に関する原子力資料情報室の第2回記者会見(専門家による分析と解説) | トップページ | 【重要】福島第一原発は最悪の場合、6機の原子炉全てからの高濃度放射能の飛散を想定しなければなりません。 »