« 国民に覚醒を促す良書を複数購入し、友人知人に手渡しましょう! 「誰が小沢一郎を殺すのか?」カレル・ヴァン・ウォルフレン氏も新著発刊 | トップページ | 北大の山口二郎教授、「官」(凌雲会)クーデター政権発足後、9ヶ月もの政治空白が日本にとって致命的なんですよ。わっかるかなぁ~? »

2011年2月27日 (日)

人の過去を晒し攻撃したりせず、今現在その人がどういう人物か、そこを見るべきです。応援します、2/27鎌倉デモ。

本日(2月27日)に行われる鎌倉での小沢一郎支援デモについて、主催者の塚原勝美さんを「極左」「工作員」とし、塚原さんの経歴や過去行った数多の小沢批判の投稿を晒すなど、塚原さんへの激しい攻撃が続いているようです。

私は所用のため、本日のデモに参加することも運営の手伝いをすることもできませんが、塚原さんが主催される小沢一郎支援デモを応援しています。

私は、塚原さんが先週日曜日の「共に生きる日本」 運営メンバーと有志のみなさんとの会合に顔を出されていたとは知りませんでしたが、後で、鎌倉デモの案内を配布してくださった方が塚原さんであったことを知りました。
同日(20日)行われた東京でのデモに参加された後に駆けつけてくださったようなのですが、正義感と人間味溢れる方であったと記憶しています。

50年余の人生を過ごしてきますと、初対面の方との間に僅かな会話しかなくとも、その方の人間性や生き方といったものを、何となく感じ取れることもあるものです。
私の塚原さんに対して抱いた印象がその通りであったか、或いは間違っていたのか、そのところは本日のデモの結果を見ればわかることでしょうが、私は、塚原さんは現在、間違いなく小沢一郎を支持する同志であると思っています。

塚原さんを「極左」「工作員」とする攻撃を見て、私は一昨年の政権交代直後にマスコミが行った、民主党新人・田中美絵子氏の過去を論いバッシングする報道について意見した ことを思い出しました。

塚原さんへの攻撃に関する私の意見は、その記事にあるまま、その通りですので、以下そちらから抜粋し転載、その後に、本日の鎌倉デモの内容を案内します。


<以下、抜粋し転載>

~前略~

私はひとりの人物を評価する際、その過去ではなく、現在を見て判断すべきであると考えている。過去に立派な結果を残した人物であっても、現在はその評価を落としてしまった者もいる。昔は暴走族であった男性が、結婚し、家庭を持ち、一生懸命労働し、会社の模範となっている方もいる。
獄中歌人といわれた島秋人氏の場合は、貧困故の餓えに耐えかねて殺人を犯し、強盗殺人罪で死刑判決を受けたが、彼の人生唯一度、彼を褒めてくれた中学時代の教師に手紙を送ったことが縁で歌を詠むようになり、毎日歌壇への投稿を始め、とうとう毎日歌壇賞を受賞するまでになった。殺人を犯すまでの荒んだ心も、周囲の理解者からの愛情ある支援で過去を懺悔し心改め、毎日歌壇をとるほどまでに(獄中で)安らぎを得たのである。1967年11月2日刑執行。享年33歳。処刑後に歌を指導した恩師の尽力で獄中からの歌集『遺愛集』が発刊された。
島秋人氏は殺人の罪で処刑されたが、しかし、獄中で彼は心優しい人間に生まれ変わり(転生し)、終わりの日を迎えることができた。

人の過去は様々であるが、他人には打ち明けられない過去を持っている方も少なくなかろう。
大事なことは”過去は過去でしかない”ということである。
過去に罪を犯していても、或いは恥ずかしく思う経験をしても、その後、心が変わり、価値観が変わり、正しい人生の生き甲斐ができ、更生することができたならば”転生出離した”ということである。その人の現在をよく観察すれば、転生出離したか、いまだ輪廻しているかは、見て取れる。

過去がどうであれ、現在のその人の言動に誠実さ、真面目さ、社会性などが感じられれば、その人の現在を認め、今後に期待を寄せるべきである。
他人の過去や欠点をほじくり世に晒し、陥れようとすることは卑しいことである。またその情報を得て、他人の不幸を喜ぶことも、また卑しいことである。人生は、その最後に十分納得し満足して終えることができるか、そこが到達点である。満足する結果を得るためには、徳を積み、人としての厚みを増す努力をして行かねばなるまい。

「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則氏は、無農薬無肥料のリンゴ栽培に懸け、その間無収入による貧困から家族を養うため、ホームレス状態での出稼ぎ労働や、睡眠時間を削ってのキャバレー勤務、飲食店・風俗店の便所掃除までして生活費を工面した。しかし、木村氏はその過去を恥じてはいない、逆にその過去に今の自分があると、感謝して生きている。木村氏が結果を出すまでは、非難、嘲笑、侮蔑の嵐であった。しかし結果を出したら、そこまでして生きた木村氏に対し賞賛の嵐である。

善因は善果を生む。良い心で良い行いを続けていれば良い結果がついてくる。

~中略~

最後に私事であるが、私自身、自分の過去は恥ずかしくて口外できないようなことを数多く犯してきた。思い出すだけで悔やみ、恥ずかしく、情けなく思う。そして私のニックネームは、自戒を込め、いまだ自己中心的な自分を改めたいと思い”利他不動”とした。
過去を自己否定し、生まれ変わりたいとの願望によるものである。

<転載終了>


以下、本日2月27日に行われる鎌倉デモの案内です。

「国民の生活が第一! 小沢一郎を総理大臣へ! 鈴木宗男応援!」鎌倉デモ

●主催
 
国民の生活が第一! 鎌倉の会   鎌倉NPO団体

●結集場所
鎌倉商工会議所地下ホール (開場 13時15分)

●住所 
神奈川県鎌倉市御成町17-29  鎌倉商工会議所 
   JR横須賀線鎌倉駅西口から徒歩4分、鎌倉市役所前

●タイムテーブル

13時15分開場
  オープニング 音あり  舞台の緞帳が開く。
     アテルイとして宮沢賢治詩集から「春と修羅」朗読  
                             斉藤吉彦

    1部

  デモ参加者、思いを語る。(20分) 13時20分~13時40分
      「私にとっての小沢一郎」
      「私にとっての鈴木宗男」
    ひとり5分で、4名ほど。

   2部 各地からの発言 (50分) 13時40分~14時30分

    1、「新潟からの報告」 小池さん  (10分)

    2、「埼玉入間からの報告」 田中さん  (10分)

    3、「東京からの報告」 小吹さん   (10分)

    4、「高知からの報告」 藤島さん  (10分) 

    5、「大阪からの報告」 石原さん   (10分)

  集会の最後に塚原がデモの注意事項を話す。

休憩、地下ホールのバラシ片付け、デモへの準備 14時35分~14時50分

14時50分から鎌倉商工会議所外で、3列縦隊、てい団を、先頭からつくっていく。

15時、鎌倉商工会議所からデモ出発

16時20分 若宮大路公園にて流れ解散

流れ解散地点の若宮大路公園では、無音のなか、若宮大路公園の中心地で、天と交信する静かな舞を、決行いたします。これが舞踏「アテルイ」になります。どうかすこしでも、おどってください。振りは2点です。1、腰をすこし落とす。2、両腕を上下に動かし海にそそぐ大河の源流たる「小沢」を表現する。


≪ デモに参加される方々へ ≫

・当地鎌倉の方々に呼びかけるためのデモです。良識と、節度あるふるまいを保ってください。

・ヤジや妨害を受けても、決して相手にならず、口論しないでください。

・トラブルになりそうな状況を見たら、警備の警官もしくはスタッフを呼んで、対応を委ねてください。

・威圧感、不快感を与える服装での参加はお断りさせていただきます。

・記録撮影や報道に、顔を写されたくない方は、帽子やマスクなどを御準備ください。

・プラカード等の自作を歓迎いたします。その際、暴力や騒乱をそそのかすような言葉は、絶対に使用しないでください。安全・平和的なデモを実施いたしましょう。

・一般の方々や車両通行への妨げが、できるだけ少なくなるよう、なにとぞご配慮ください。

当デモ活動を通じ、小沢一郎議員・石川知裕議員・鈴木宗男氏らが、広く国民の
支持・賛同を受けることができますよう、なにとぞ皆様のご配慮をお願い申し上
げます。上記お願い事項をご了承いただけない方は、参加ご遠慮ください。


国民の生活が第一! 鎌倉の会  塚原勝美 鎌倉NPO団体
  神奈川県鎌倉市植木170-3 吉田ハイツ102
TEL=0467-46-2892  Eメールkatumi@mrj.biglobe.ne.jp  


以上


【小沢一郎氏の支持拡大ツールです】

下記データを印刷あるいはメール送信などにて、友人・知人・ご家族などにお渡しいただき、小沢一郎氏の支持拡大にご利用ください。

「1.10 国民の生活が第一!デモ」のビラ(表)

110110
このビラをPDFファイルで ⇒
 http://bit.ly/giqfwj
※表の面にあるメッセージの拡散にご協力ください。

小沢一郎氏の決意表明「私には夢がある」 全文(PDF) ⇒ http://bit.ly/e8fVSx 
※昨年9月14日民主党代表選挙当日のものです。これを知らない国民が多いのです。
※印刷は両面印刷でどうぞ。

 

【小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ】

一人一回、1,000円を
小沢一郎氏に献金しませんか?

小沢一郎氏が主張されてきた通り「企業献金を廃止し、政治家への献金は個人から」を国民の行動で示しましょう!
政治家小沢一郎を支援することは、私たちが本来あるべき生活を取り戻し、子どもたちの未来への責任を果たす行為です。

小沢一郎氏への献金は陸山会を通して行い、その方法は2つあります。

1. 楽天の 「 LOVE JAPAN 」 経由での献金
2. 直接「陸山会」に献金

直接「陸山会」に献金する場合は、小沢一郎ウェブサイトの「政治献金のご案内」  から「陸山会 入会申込書 送付依頼フォーム」に必要事項を記入し(もちろん、献金する金額も!)、送信ボタンをクリックしてください。

陸山会への寄附は、原則として月額1,000円=年額12,000円以上から(月払い、半年払い、年払いのいずれか)とされていますが、一回限りの寄付( カンパ )も随時可能です。
もちろん一回1,000円で統一するつもりはなく、1,000円以上であれば、あなたの意思でいくらでもかまいませんし、回数も、一回限りでも毎月の献金でも、或いは年払いでも、ご都合で判断してください。

※入会申し込みが多数殺到した場合、事務処理が遅延し、申し込み後に陸山会から振込先口座の案内が届くまで、時間を要する場合があります。



■必読! 民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」

2010年(平成22年)2月9日の衆議院予算委員会での質疑から全文掲載

■必見!必読! 緊縮財政・増税論に騙されるな!消費税増税の必要はない!

   (平 成22年2月24 日 衆議院予算委 員会公聴会から)

▽二宮厚美・神戸大大学院教授
「今 こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽菊池英博・日本金融財政研究所所長
「経済のイ ロハを知っていれば考えられない旧政権によるデフレ下の緊縮財政」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽下地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑]
「旧政権では国民から徴収する消費税が、財 界のための法人税減税の財源に使われていた」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト


【お願い】

植草一秀氏のブログ人気ブログランキング 応援のクリックをお願いします。 

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 国民に覚醒を促す良書を複数購入し、友人知人に手渡しましょう! 「誰が小沢一郎を殺すのか?」カレル・ヴァン・ウォルフレン氏も新著発刊 | トップページ | 北大の山口二郎教授、「官」(凌雲会)クーデター政権発足後、9ヶ月もの政治空白が日本にとって致命的なんですよ。わっかるかなぁ~? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自主独立と国民主権確立への市民運動」カテゴリの記事

コメント

ゆきぼー様

いつも応援ありがとうございます。

>この攻撃を許せば、必ず普通の市民にはねかえると断言できます。

本当に。明日は我が身ですね。このことを国会議員も認識せねばならないのですが、レベル低い人が多くって。。。

高江ヘリパットの問題では、逮捕者まででているのですか。例によってマスコミは高江のことは全く報じませんから、ネットだけが頼りですね。
この問題も拡散していかねば。。。

投稿: 利他不動 | 2011年3月 2日 (水) 00時33分

了さま

コメントありがとうございます。

人の心、意識が変わるという事は素晴らしいことですね。
島さんのように、獄中にあっても生まれ変わる人は少ないでしょうが、変わることの出来た人には、貢献の人生を生きるチャンスと義務をもって、戻ってきてほしいと思います。

投稿: 利他不動 | 2011年3月 2日 (水) 00時27分

Caccyoさま

人はみな、ある面では輪廻し、また別の面では転生出離しているものだと思います。
常に向上心と問題意識を持ち、心や考えが変わることが出来れば転生。それが行動として備わり不動のものとなれば転生出離。

Caccyoさんは、既に転生出離されてますよ!


投稿: 利他不動 | 2011年3月 2日 (水) 00時19分

ご無沙汰しております。
島さんですか・・そんなに誹謗が行われていた事は知りませんでした。

誹謗中傷する人はそれを実行できない僻みでしょう。
正当にその論理を批判し分析できないのですね。
かわいそうです。
そのような行為言動がどれだけ
権力者に利用されてきたか考えないと・・。

何度も私は言っていますが、
「小沢一郎」全てではありません。
しかし、一連の攻撃は尋常な民主社会の行為では無いと考えます。

この攻撃を許せば、必ず普通の市民にはねかえると断言できます。

現に高江ヘリパットの平和的抗議行動で警察権力は普通の人を逮捕しました。
70年代の平和デモでは考えられないことが行われているのです。

誹謗中傷にめげず「おとうさん」がんばってください。

投稿: ゆきぼー | 2011年3月 1日 (火) 11時40分

記事の要旨に直接関係のない事で申し訳ないのですが、島秋人さんの生涯を知り、死刑制度の廃止を改めて強く訴える者です。
もちろん、獄中で島さんの様に、全ての罪を犯した人が変われるとは限りません。しかし、もし島さんが絞首刑の執行を受けなければ、その才能の開花をもって、その後も大いに社会貢献が出来た筈です。
人間の心、意識が変わるという事は素晴らしいと思います。

投稿: 了 | 2011年2月27日 (日) 13時43分

>”過去は過去でしかない”

利他不動さまならではの言葉に感銘しきりです!!


いまだ“輪廻”し続けるだけの自分に、“転生出離”できる日が果たして訪れるかどうか!?わかりませんが、そうありたいと願っています。

現在の自分は、メディアで語られない世の中の真相に触れるたびに怒りを感じ、世の中の不条理に憤り、
「このままでは駄目だ!」
「隠された真実をより拡散しなくちゃ!!」
「みんな気付いてくれよ!!!」
と、日々学びつつ、もがきつつある途上です。。。

今後ともご指導のほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m

投稿: Caccyo | 2011年2月27日 (日) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/50980096

この記事へのトラックバック一覧です: 人の過去を晒し攻撃したりせず、今現在その人がどういう人物か、そこを見るべきです。応援します、2/27鎌倉デモ。:

» 政治の液状化を進めるカン政権・政治は「イシン」に求めよと洗脳するマスコミ意図は。 [ゆきひろ社会科日記]
ふたたび、「第2次小泉劇場」が再開されつつあるとは保坂展人氏のブログの一説 [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 14時29分

« 国民に覚醒を促す良書を複数購入し、友人知人に手渡しましょう! 「誰が小沢一郎を殺すのか?」カレル・ヴァン・ウォルフレン氏も新著発刊 | トップページ | 北大の山口二郎教授、「官」(凌雲会)クーデター政権発足後、9ヶ月もの政治空白が日本にとって致命的なんですよ。わっかるかなぁ~? »