« 小鳩政権を撃沈し"官"首相を誕生させた米国は、やはり!既に"官"直人を見限り次の総理を用意している | トップページ | 本日! 1月29日(土)です。「反権力人権と平和、生活を守ろう!」デモのお知らせ »

2011年1月28日 (金)

小沢強制起訴議決も疑問 「検察審査会は裁判所の裏金の窓口ではないのか」という仰天疑惑

※本稿で取り上げた「検察の裏金疑惑」について、@ryosenoh 様から「組織の形態から見れば各裁判所の裏金ではないのか」とのご指摘をいただきました。
@ryosenoh 様、ありがとうごさいました。その通りだと思います。検察審査会は最高裁管轄下の各裁判所にありますので、この「裏金疑惑」は「検察ではなく裁判所の裏金」についての疑惑となります。よってタイトルと本文中の私のコメントを一部修正しました。 (2011年1月29日 14:20)

民主党の真の挙党体制構築への取り組みや、何とも怪しい検察審査会の悪の実態追求に獅子奮迅の活躍をされる、民主党の森ゆうこ参議院議員
読者のみなさんにも、森ゆうこ議員に大きな声援を送り支援される方が大変多くいらっしゃることと思います。

森ゆうこ議員が最高裁を相手にしてまで真相究明される検察審査会の問題ですが、昨日の日刊ゲンダイに、私たちも声を大にして追求すべき疑惑が掲載されていました。

しばらく前に最高裁判所の裏金問題が話題に上がりましたが、どうも検察審査会も「裁判所の裏金の窓口」として使われているようなのです。
以下、そのことを取り上げた記事を引用しますが、記事中「検察の裏金」として書かれている部分は、組織形態上、検察審が検察ではなく裁判所にあるため、「裁判所の裏金」と置き換え、お読みください。


<2011年1月28日付 日刊ゲンダイ 7面から引用>


「検察審査会は検察の裏金の窓口ではないのか」という仰天疑惑

小沢強制起訴議決も疑問 
何から何まで非公開のいかがわしさ



小沢「強制起訴」でクローズアップされた検察審査会に"仰天"の疑惑が浮上している。検察審は「裏金づくりの窓口機関」ではないか、というものだ。

コトの発端は一市民運動家の告発だった。国本勝・公共問題市民調査委員会代表がこう言う。
「私は03年に地元市議を公選法違反で告発しました。不起訴になったので、千葉検察審に申し立てました。結果は不起訴相当で、検察の判断通りだったのですが、なかなか議決が出ず、事件が時効になってしまったのです。おかしいと思って、事務局に問い合わせると、すぐに議決書が送られてきた。しかし、告発した被疑事実の日時と議決書に書かれた日時が違うなどズサンなところが複数ある。そこで再度、問い合わせると、今度は質問した1、2時間後に『審査員11人に集まってもらった』結果として、『議決はおかしくない』との回答がファクスされてきたのです。翌日に違う質問をしたら、また同じ対応でした。11人の審査員が2日連続で、しかも1、2時間以内に集まれるものだろうか、議決書自体が事務局の『作文』ではないかと思いました」

「怪しい」と感じた国本代表は、本当に会議をしたのかを確認するため、千葉地裁に情報公開請求した。審査員の旅費の開示を求めたのである。黒塗りの文書には、会議が複数回開かれたことが記載され、1ヶ月平均60万円ほどが支出されていた。

「毎月、同じ程度の金額が旅費名目で支払われている。これは怪しいと思いました。それに検察審が開かれる会議室に人がいるのを見たことがない。本当に審査員は集まり、旅費を支払っているのか。検察審は『裏金の窓口』じゃないか。違うというなら、もっと情報公開すべきです」(国本勝氏)

まったくだ。何から何まで秘密のベールに包まれている検察審は、メンバーも議事録も非公開。小沢事件でも、東京第五検察審の審査員の年齢が1回目、2回目ともピタリ同じだったり、審査補助員の弁護士が専任されていなかった時期に会議が開かれていたり、と怪しいところが数多くある。本当にきちんとメンバーが集まり、審議し、議決したのか。「架空議決」の疑惑すら取り沙汰されている。

法務・検察当局が検察審の「裏金窓口」疑惑に反論するなら、ひとりでもいいから審査員をオモテに出すべきである。


<引用ここまで>


今回の話は千葉検察審の問題でしたが、もちろん東京始め検察審査会全体に対し「裁判所の裏金の窓口」ではないかとの疑惑になっていきます。
今後、要注目です。
そしてこの「検察審査会が裁判所の裏金の窓口」であるという疑惑は、みんなで一気に拡散させていきましょう。



【小沢一郎氏の支持拡大ツールです】

下記データを印刷あるいはメール送信などにて、友人・知人・ご家族などにお渡しいただき、小沢一郎氏の支持拡大にご利用ください。

「1.10 国民の生活が第一!デモ」のビラ(表)

110110
このビラをPDFファイルで ⇒
 http://bit.ly/giqfwj
※表の面にあるメッセージの拡散にご協力ください。

小沢一郎氏の決意表明「私には夢がある」 全文(PDF) ⇒ http://bit.ly/e8fVSx 
※昨年9月14日民主党代表選挙当日のものです。これを知らない国民が多いのです。
※印刷は両面印刷でどうぞ。

 

【小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ】

一人一回、1,000円を
小沢一郎氏に献金しませんか?

小沢一郎氏が主張されてきた通り「企業献金を廃止し、政治家への献金は個人から」を国民の行動で示しましょう!
政治家小沢一郎を支援することは、私たちが本来あるべき生活を取り戻し、子どもたちの未来への責任を果たす行為です。

小沢一郎氏への献金は陸山会を通して行い、その方法は2つあります。

1. 楽天の 「 LOVE JAPAN 」 経由での献金
2. 直接「陸山会」に献金

直接「陸山会」に献金する場合は、小沢一郎ウェブサイトの「政治献金のご案内」  から「陸山会 入会申込書 送付依頼フォーム」に必要事項を記入し(もちろん、献金する金額も!)、送信ボタンをクリックしてください。

陸山会への寄附は、原則として月額1,000円=年額12,000円以上から(月払い、半年払い、年払いのいずれか)とされていますが、一回限りの寄付( カンパ )も随時可能です。
もちろん一回1,000円で統一するつもりはなく、1,000円以上であれば、あなたの意思でいくらでもかまいませんし、回数も、一回限りでも毎月の献金でも、或いは年払いでも、ご都合で判断してください。

※現在陸山会には多数の入会申し込みが殺到しているそうで、事務処理も遅延しており、そのために入会申し込み後、陸山会から振込先口座の案内が届くまでには大変時間がかかっている様子です。



■必読! 民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」

2010年(平成22年)2月9日の衆議院予算委員会での質疑から全文掲載

■必見!必読! 緊縮財政・増税論に騙されるな!消費税増税の必要はない!

   (平 成22年2月24 日 衆議院予算委 員会公聴会から)

▽二宮厚美・神戸大大学院教授
「今 こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽菊池英博・日本金融財政研究所所長
「経済のイ ロハを知っていれば考えられない旧政権によるデフレ下の緊縮財政」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽下地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑]
「旧政権では国民から徴収する消費税が、財 界のための法人税減税の財源に使われていた」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト


【お願い】

植草一秀氏のブログ人気ブログランキング 応援のクリックをお願いします。 

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 小鳩政権を撃沈し"官"首相を誕生させた米国は、やはり!既に"官"直人を見限り次の総理を用意している | トップページ | 本日! 1月29日(土)です。「反権力人権と平和、生活を守ろう!」デモのお知らせ »

司法・検察」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まるこ様

非常に興味深い情報をいただき、感謝いたします。
いただいた情報を次稿にて紹介させていただきます。

ありがとうございました。

投稿: 利他不動 | 2011年1月30日 (日) 12時11分

法曹界の不正関連情報です。ご一読下さい。

●全国165ヶ所の検察審査会は、免罪&裏金作成の装置に過ぎない。

*千葉県地方裁判所:検察審査員一人一日分の交通費平均が毎度毎度の7000円超え、しかも毎月毎月70万円をきれいに支出
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/461.html
*千葉県地方裁判所:審査会事務局の経緯(H20年)2回で8件の審査?!33件の架空議決疑惑に事務局の回答は無言、無言、また無言、、、、
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/616.html

●「検察審査会」の不透明性が指摘されていますが、不正を行っているのは「検察審査会」だけではありません。

裁判所をはじめとする法曹界の不正手口には、調書などの『証拠資料の改ざん』はもちろん、
弁護士、書記官(=裁判所職員)など、権限の無い者が作成した、
裁判の『判決文の偽造』、上告に対して架空審査を行っての『棄却文の偽造』、
裁判官などの印を、印と署名の上下を逆にして模造した『押印公文書の偽造』、
裁判官に成りすまして、裁判そのものを偽造する『偽装裁判』など、
もはや、正気の沙汰ではありません。

これら偽造書類は、発覚した場合に備えて、郵便法違反の『特殊な方法』で配送されます。
しかし、偽造詐欺に気付かない一般国民は、長年に渡って騙され続けてきたわけです。

●ビックリ写真集:裁判所の不正に郵政が加担~法曹界の詐欺手口を、証拠写真とともに解説するブログ~

*はあっ?平成21年(行ウ)593号がない…?
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/729.html
2010年1月5日、東京地裁事件係(14F)に、平成21年(行ウ)593号事件を問い合わせると、検索してもまったくヒットしない(事件が存在しない)という。
やはりこの事件は、東京地裁が受け付けたフリをして、握り潰していた。

ブログ主が雇った弁護士と裁判所は、結託して、裁判が行われたかのように装った。
そして、弁護士が偽造した判決文を、東京地裁が作成したように装って、郵便法違反の『特殊な経路』で送達してきていた。
違法送達を行うのは、詐欺が発覚したときに、外部の犯行と言い逃れるためである。

*(裁判所から送られた書類)あれもこれもみんな印が下!
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/735.html
裁判所の有印公文書は、必ず「朱肉」で、「署名の上に押印」されなければならない。
しかし、偽造の場合、押印は「インク」で、しかも、「印の上に署名」がされている。

*(裁判所からの)特別送達の封筒、捨てずに持っているとでもいうのか!?
http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/12/post-bf7d.html
書記官「郵便法違反だと言うけど、証拠となる封筒持っているとでもいうのか…!」
書記官「封筒なんて普通、すぐ捨てるだろう…」
書記官「封筒までずっと持ってる人は、まずいないだろう…」
ブログ主「私は持っていますけど…証拠として」
書記官「……!」

*(裁判所の詐欺隠蔽のための)偽装追跡表示は交番で作成されている?(2)
http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/post-0c7f.html
ブログ主「まさか、追跡システムを交番で作成しているってこと?」
警 官「お答えできません…」
(「追跡システム」と、言っただけで理解するとは早すぎる。ふつう、「何の件ですか?」と聞いてくるはず…)
警 官「詳しいことは本部で聞いてください…」
ブログ主「はっ?本部?本部ってどこ…?」
警 官「お堀の…東館の…県警本部です…そこの県警本部に…」
(その後、やり取りがつづき、キメ台詞は、)
警 官「ブログに余計なこと記載すると、組織が動くよ」

●14. 2011年1月29日 22:02:16: WUU6zxTJHq
>警 官「ブログに余計なこと記載すると、組織が動くよ」
集団ストーカーね。
たとえばICレコーダーに記録された大阪の恫喝取り調べ。

「トイレの水を何回流したか調べたるぞ!」

普通は意味が分からないでポカンだろう。
脅迫としても意味をなしていない
しかし、それを実際にやっているからこそ、この言葉に意味がある。

被害者がトイレの水を流すたびに上の階から流してくる。
または流しているような偽装の音を装う。

トイレに入るたびに外からクラクションを鳴らす行為を数十年間続けたりもする。
あいつらは仕事もせずに嫌がらせばかりやっている税金泥棒にして、キチガイ集団。

●裁判所の詐欺の見分け方
→偽造公文書には、『特殊な書留番号』が振られ、『特殊なルート』で配送される
→架空裁判・架空審査で、弁護士・裁判所に支払った費用は騙し取られる
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/473.html

●既に、日本は、凄まじいまでの管理社会になっている
~ 通信網を駆使した、法曹会による詐欺の手口と、脅しの実例リンク集 ~
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/680.html

●行政による戸籍の改ざん、裁判所による隠蔽幇助、近親者は殺害、或いは、暴力で障害者にさせられた。
~元柏市議会議員・小川達郎氏の訴え~
http://www.asyura2.com/11/senkyo104/msg/874.html
インタビューにはありませんが、問題の追求を止めなかった小川氏は、銀行、行政の嫌がらせで橋下生活をも余儀なくされたそうです。

●[緊急拡散] いまだに行われている口封じ逮捕。日本の権力機構はトコトン腐っているのがよくわかる大高正二氏事件!
http://www.asyura2.com/10/senkyo100/msg/593.html
「裁判所前の男」大高さんは裁判所の犯罪に詳しく、十年以上にわたる街頭活動で、司法による被害者を結びつけてきた。
昨年8月10日、大高さんは、東京高裁の警務員十数名によって、携帯電話所持を理由に、傍聴席から暴力的に追い出された。
11月2日も、裁判所前で「小川氏の戸籍改ざん事件」を訴えていたところ、突然、8月の件で逮捕され、いまだ勾留中です。
大高さんは、以前にも、無実を証言する目撃者を無視され、デッチアゲ逮捕された。

投稿: まるこ | 2011年1月29日 (土) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/50709824

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢強制起訴議決も疑問 「検察審査会は裁判所の裏金の窓口ではないのか」という仰天疑惑:

» ★小沢一郎元代表会見1月27日岩上安身USTREAM [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★小沢一郎民主党元代表インターネット会見で政治家としての信念を語る。米国にも中国 [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 22時47分

» 三井財閥 [三井財閥]
サイト内情報の収取や更新のため、定期的に情報の収集をしています。サイト記事を確認させて頂いたため、トラックバックをさせて頂きました。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 23時22分

» 菅政権で日本滅亡は完全カウントダウン! 総辞職せよ! [大辛カレーのブログ]
極寒日本。東北大雪で死者多数。新燃岳噴火。鳥インフルエンザ。菅直人の売国政権を、 [続きを読む]

受信: 2011年1月29日 (土) 03時27分

« 小鳩政権を撃沈し"官"首相を誕生させた米国は、やはり!既に"官"直人を見限り次の総理を用意している | トップページ | 本日! 1月29日(土)です。「反権力人権と平和、生活を守ろう!」デモのお知らせ »