« 本日11月20から「大阪、東京、名古屋、新潟、福岡、全国一斉デモ」 日時と集合場所です | トップページ | 「明るい未来」とは~K君とのやりとりより~Caccyo通信101228 »

2010年12月30日 (木)

小沢一郎で日本を変えよう! 小沢一郎と日本を変えよう! 1月10日 国民の生活が第一!デモを開催します。

6週間もの間ブログの更新をサボってしまい、大変申し訳ありませんでした。m(_ _)m
本年、私は異動で新たな職務に就いたのですが、その年末は「大変」多忙であると耳にはしておりました。そして実際のところ、それは想像を超えた過酷なものでした(笑)。

長時間労働と睡眠不足で疲労困憊となり、免疫力も低下、体中のあちこちに不具合が生じ、自宅に戻ってもゆっくりとネット接続する余裕すらなく、たまにブログ更新をしようとすれば何故か?私の頭は脳死状態!!
休日に頑張れるかというと、予定された外出か家族の相手で一日が潰れ、もしも時間があれば、それはもう、寝るだけです。

そんな状況から、年の瀬になってやっと!解放されました! ホッ! (^o^)v


さて、ブログ再開にあたり、まずは大事な情報をお知らせします。

『1月10日 国民の生活が第一!デモ』  が開催されます!

これは小沢一郎支援デモです。

【小沢一郎議員の民主党議員としての地位保全を求める署名】 をされている岡本啓一さんが企画されました。私もこのデモを成功させるべく、複数の有志と共に運営準備から岡本さんをサポートします。
・・・なんて、実は時間が取れず、これまで殆どなにもできておりませんが (^^;)

このデモは、
「小沢一郎に日本を託したい!」
「小沢一郎で日本を変えたい!小沢一郎と日本を変えたい!」

このような思いを共有する市民が参集し、小沢一郎支持拡大のために協働するデモです。


▼まずは、デモの概要から。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「1・10 国民の生活が第一のデモ!」

日時:    
   2011年1月10日(成人の日) 
   12:45集合 13:00デモ開始 (所要時間は1時間弱の予定)

集合場所:

   都立青山公園 南地区 (約700㎡  トイレ有)
    東京都港区六本木七丁目23

交通:    
   地下鉄千代田線「乃木坂」駅(C05)
    ※5番出口から外に出たら、左に向かってください。
    ※右は青山霊園、青山葬儀所方面ですのでご注意ください。

地図:
  

※注意:公園内では、金網のフェンスで囲まれた「多目的広場」には入らないでください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


▼次に岡本さんが開設された『1月10日 国民の生活が第一!デモ』 サイトから、デモ参加の呼びかけを以下の通り転載します。


2011・1・10 「1・10 国民の生活が第一! デモ 」
http://bit.ly/gxfyPN


以下を、街頭にて主張します。プラカード・幟等の自作を歓迎します。


小沢一郎を応援します。 小沢一郎を支持します。

【 国民の生活が第一 】    
官僚支配を終わりにせよ。特殊法人を廃止せよ。特別会計を廃止せよ。官僚は政治にかかわるな。官僚は政治に口を出すな。官僚は政治に手を出すな。官僚は職分に専念せよ。政治主導の日本にしよう。

【 国民の生活が第一 】    
働く人の暮らしを守ろう。中小企業の支援をしよう。景気対策で雇用を増やせ。セーフティネットで暮らしを守ろう。派遣労働を規制せよ。働く若者の未来を守ろう。生きがいのある日本にしよう。

【 国民の生活が第一 】   
子供手当を達成せよ。政府は国民との約束を守れ。高齢者負担を軽くしよう。年金受給を保証せよ。弱者・高齢者を見捨てるな。医療負担を軽減しよう。医療・介護を保証せよ。安心して生きられる日本にしよう。

【 国民の生活が第一 】    
零細農家の暮らしを守ろう。強い農業を育てよう。農業・漁業を安定させよう。食料自給を達成しよう。本当に豊かな日本にしよう。

【 国民の生活が第一 】    
地方分権を実行せよ。地域主権を実施せよ。地域産業を育てよう。日本国中を豊かにしよう。地域の社会と文化を守ろう。分権国家の日本にしよう。

【 国民の生活が第一 】    
アジア諸国と提携しよう。日中関係を改善しよう。日韓関係を改善しよう。日露関係を改善しよう。平和を守る日本にしよう。

【 国民の生活が第一 】    
記者クラブを廃止せよ。クロスオーナーシップ廃止!報道を自由・公平にせよ。世論調査は世論操作だ。国民はもう騙されないぞ。偏向報道を許さないぞ。官房機密費を廃止せよ。政府はマスコミの買収をやめろ。

【 国民の生活が第一 】    
国民主権の日本にしよう。官僚主権を終わりにしよう。利権政治を終わりにしよう。国民政治を実現しよう。国民が主役の日本にしよう。みんなで共に生きてゆこう。


民主党は政権交代の原点に帰れ。民主党は小沢一郎でやり直せ。

小沢一郎で日本を変えよう。小沢一郎と日本を変えよう。


これらの主張に賛同し、共に声をあげていただける方は、お集まり下さい。
力を合わせて世に訴えましょう。


「1・10  国民の生活が第一! デモ 」実行委員会

代表 岡本 啓一


▼デモのビラです。

@panda_pengin さんが作ってくださったビラのjpgファイルと、岡本さんのデモ概要・注意事項を1枚にまとめ、PDFにしました。
プリントアウトは両面印刷でどうぞ。
デモ参加の呼びかけだけでなく、小沢一郎支持拡大にもご活用ください。

20110110_6 20110110_7

デモのビラをPDFファイルで ⇒「20110110.pdf」をダウンロード


▼日本の再建と自主独立を望むなら、小沢一郎を支援し小沢一郎の支持拡大を。

私は考えます。
小沢一郎支援の市民運動は、市民が自主的に立ち上げる市民による国家再建運動です。日本再建と米国からの自主独立を目指す市民運動、その根源は小沢一郎支援、つまり小沢一郎支持の拡大にあるのです。
そしてまた小沢一郎支援とは、日本再建と自主独立に向け日本を支配する権力(米国・官僚・マスコミ)と対峙する、亀井静香氏、鈴木宗男氏、田中康夫氏ら、小沢一郎氏と共闘する国士を応援することでもあります。

私たち市民がどれだけ検察や財務省など官僚とマスコミ、そして「官」(凌雲会)クーデター政権を糾弾しようとも、現在の日本が変わることはありません。それは糾弾する側のマスターベーションでしかありません。
彼らは国民の声を無視します。彼らに都合の悪い事柄はメディアから発信されません。
官僚支配の日本を変えるには、日本を米国から独立させるには、日本を再建するには、小沢一郎に日本を託す以外に道はありません。

小沢一郎氏は自由党時代、「日本一新大綱」日本一新十一基本法案 を発表しました。(具体的な内容・詳細はこちらから⇒http://bit.ly/fZ6GTA
小沢一郎氏はもともと「国民の自立と国家の自立」を主張してきましたが、新進党時代からは「共生」も理念に入れ、その後は一貫して「自立と共生」を訴え続けています。

民主党が昨年発表し政権交代をもたらしたマニフェストの出発点は、「日本一新大綱」日本一新十一基本法案にありますが、小沢一郎氏が提唱する政策も法案も、全ては「自立と共生」という理念を基盤としています。

2006年9月の民主党代表選での小沢一郎氏の政見から、一部抜粋し引用します。

「私たちは、『共生』を新しい国づくりの理念として、あらゆる面で筋の通った『公正な国・日本』をつくる。そのために、国民一人ひとりが自立し、国家としても自立することを目指す」
「人間と人間、国家と国家、人間と自然の『共生』を国是とする

共生を国是とするのです。
この政見の延長線上に、民主党のマニフェストがあったのです。
しかし「官」(凌雲会)クーデター政権は、米国と霞ヶ関官僚の思惑通り、その悉くを無視し、売国対米隷属主義の「米官業支配政治」に邁進しています。

そのゴールへの過程で、民主党を壊滅させ自民党政権を復活させるシナリオが進んでいるようです。
米国は、尖閣諸島の問題やTPPなど外交と内政の課題を投げ、属国政権としての「適性試験」を施しましたが、「官」(凌雲会)クーデター政権はあまりにも不甲斐なく、不合格の烙印を押されたのだと思います。
このままでは、どう考えても民主党は壊滅し自民復活となりそうに思えます。

小沢一郎氏は27歳で衆議院議員に立候補した際に「このままでは日本の行く末は暗澹(あんたん)たるものになる。こうした弊害をなくすため、まず官僚政治を打破し、政策決定を政治家の手に取り戻さなければならない」と、意志なき政治の行き着く先には国の滅亡しかないことを訴え、初当選しています。
以来40年、小沢一郎氏の信念成就目前でしたが、官・業そしてマスコミによるクーデターにより、官僚支配国家から政治主導の国民主権国家への希望も、米国からの独立という夢も粉砕され、また振り出しに戻りそうな危機にあります。

国民生活の向上と国家の発展を目指し、そのために官僚を意のままに操縦し、米国・中国とも対等な外交を進められるのは、小沢一郎氏です。その小沢一郎氏を支援し支持拡大を図ることなくして、小沢一郎氏が日本丸の舵を握ることなくして、日本を変えることは不可能です。


検察の問題を考えてみましょう。
村木さんの冤罪事件で、どれだけ大阪地検特捜が非難され、検察官たちが検察官適格審査会の罷免審査にかけられようとも、司法省と検察によるトカゲの尻尾切りでしかありません。
村木さんの事件も、他の冤罪事件も、全ては個別の問題として処理されるのであり、検察・特捜の「悪の実態解明」にまでおよぶわけがありません。まして、証拠改ざんした大阪地検の前田検事が小沢一郎の「政治とカネ」捜査に絡んでいたことなど、マスコミが拡散させるはずもありません。

真実の情報、或いはそれを匂わせる情報が発信されたとしても、それは単発で終わります。マスコミは、小沢一郎氏を貶めるための情報は捏造・脚色してまで一気に拡散し継続させますが、小沢氏有利となる情報は、発信されてもせいぜい単発なのです。

何故か? それは検察・財務省をはじめとする官僚とマスコミの2大権力にとって、国民と国家のために彼らの悪徳利権を排除しようとする小沢一郎氏が不都合な存在だからです。そして最大の権力者である米国にとっても、日本の自主独立を図る小沢一郎は、やはり不都合なのです。

米国の下部(しもべ)であり官僚ともたれ合うマスコミがこのような姿勢であるところに、市民が検察・マスコミを糾弾したり人権を訴えたところで、市民運動の目的である検察・マスコミの自省や改革を勝ち取ることはありません。まして小沢一郎支持に繋がることなど、あり得ません。

検察と財務省をはじめとする官僚およびマスコミを糾弾し人権を訴え、改革を勝ち取りたいならば、小沢一郎支援を前面に打ち出すことです。小沢一郎氏と、収監された鈴木宗男氏、そして亀井静香氏、田中康夫氏ら国士を、応援することです。

過日参加した、ネット上で知り合った有志数名による会合では、日本再建のために小沢一郎支援を一貫して通し、小沢一郎支援の市民運動に積極的に関わろうと、全員の意見が一致しました。
私は、今後もネット上での情報発信のみならず、署名活動やデモ、集会、ビラ配布など、現実社会での活動にも力点を置き、可能な時間を割いていきます。


▼2010年9月14日 民主党代表選挙集会での小沢一郎氏の決意表明 全文と映像

9月14日の民主党代表選挙の後、「小沢の歴史的名演説を聴いても尚、国民への背信を行った"官"支持の国会議員たち」 とのタイトルで記事を上げましたが、その最後に小沢一郎氏が当日行った決意表明を全文転載しました。
この小沢氏の演説は、テレビでの実況放送もなく、新聞にも全文掲載された形跡はありませんでした。恐らく、多くの国民はこの歴史的名演説を視聴することも、読むこともなく、垂れ流される反小沢キャンペーン報道に洗脳されるばかりだと思います。

この小沢一郎氏の演説を表裏2面でPDFにまとめましたので、是非ダウンロード、プリントアウトし、小沢一郎支持拡大にご活用ください。
また民主党代表選挙集会のUSTREAM映像も組み込みましたので、映像でもどうぞ。


●民主党代表選挙集会での小沢一郎氏の決意表明 

全文(PDF) ⇒ 「100914.pdf」をダウンロード

USTREAM映像 http://bit.ly/ejzzdi  (9分40秒~25分20秒)



【小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ】

一人一回、1,000円を
小沢一郎氏に献金しませんか?

小沢一郎氏が主張されてきた通り「企業献金を廃止し、政治家への献金は個人から」を国民の行動で示しましょう!
政治家小沢一郎を支援することは、私たちが本来あるべき生活を取り戻し、子どもたちの未来への責任を果たす行為です。

小沢一郎氏への献金は陸山会を通して行い、その方法は2つあります。

1. 楽天の 「 LOVE JAPAN 」 経由での献金
2. 直接「陸山会」に献金

直接「陸山会」に献金する場合は、小沢一郎ウェブサイトの「政治献金のご案内」  から「陸山会 入会申込書 送付依頼フォーム」に必要事項を記入し(もちろん、献金する金額も!)、送信ボタンをクリックしてください。

陸山会への寄附は、原則として月額1,000円=年額12,000円以上から(月払い、半年払い、年払いのいずれか)とされていますが、一回限りの寄付( カンパ )も随時可能です。
もちろん一回1,000円で統一するつもりはなく、1,000円以上であれば、あなたの意思でいくらでもかまいませんし、回数も、一回限りでも毎月の献金でも、或いは年払いでも、ご都合で判断してください。

※現在陸山会には多数の入会申し込みが殺到しているそうで、事務処理も遅延しており、そのために入会申し込み後、陸山会から振込先口座の案内が届くまでには大変時間がかかっている様子です。




■必読! 民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」

2010年(平成22年)2月9日の衆議院予算委員会での質疑から全文掲載

■必見!必読! 緊縮財政・増税論に騙されるな!消費税増税の必要はない!

   (平 成22年2月24 日 衆議院予算委 員会公聴会から)

▽二宮厚美・神戸大大学院教授
「今 こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽菊池英博・日本金融財政研究所所長
「経済のイ ロハを知っていれば考えられない旧政権によるデフレ下の緊縮財政」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽下地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑]
「旧政権では国民から徴収する消費税が、財 界のための法人税減税の財源に使われていた」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト


【お願い】

植草一秀氏のブログ人気ブログランキング 応援のクリックをお願いします。 

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 本日11月20から「大阪、東京、名古屋、新潟、福岡、全国一斉デモ」 日時と集合場所です | トップページ | 「明るい未来」とは~K君とのやりとりより~Caccyo通信101228 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自主独立と国民主権確立への市民運動」カテゴリの記事

コメント

金の亡者の支援お疲れ様

投稿: | 2012年3月17日 (土) 09時09分

悲壮漢さま

コメントいただきありがとうございます。
今回のデモを企画された岡本さん以下実行委員会のメンバーは、今後も小沢一郎支援と支持拡大のための活動を継続します。
デモ、署名活動、ビラ配布、集会など、我々にできることを行動として起こしていきたく思います。
ネット上での言論にとどまらず、行動を起こし実動させていくことが重要ですね。

国民の生活が第一の政治実現と、米国からの自主独立に向け、ご協力を宜しくお願いいたします。

投稿: 利他不動 | 2011年1月15日 (土) 15時39分

デモのことを全く知りませんでした。
テレビ・ラジオ・新聞全く取り上げる気がない。
これから積極的に参加します。
批判より先ず行動。

投稿: 悲壮漢 | 2011年1月12日 (水) 13時19分

新党大地党員さま

おめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

私たちの声を、市民の皆さんに、与野党の国会議員と民主党地方議員に、そして小沢さんに届けたく思います。

いつも応援ありがとうごさいます。

投稿: 利他不動 | 2011年1月 7日 (金) 23時57分

イタニ様

ご賛同いただき、ありがとうごさいます。
1月10日以降の小沢一郎支援デモについては、計画が上がりましたら、改めてこのブログでご案内いたします。

また新潟や名古屋など地方都市でも、1~2月にデモが予定されています。
こちらも随時ご案内します。

投稿: 利他不動 | 2011年1月 7日 (金) 23時53分

 明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

 1月10日のデモの主旨に大賛成であり、私も参加したいですが日時予定財政共かみあわず参加できません。

 当日は北海道の大雪山の山並みを仰ぎながらこのデモの成功と小沢氏に皆さんの思いが届くことを心から祈っています。

 北海道の雪原より同志の皆さんに尊敬と連帯の念を込めて!!

投稿: 新党大地党員 | 2011年1月 4日 (火) 14時14分

小沢支持のデモに参加したい。今後スケジュールを
送ってほしい

投稿: イタニ | 2011年1月 2日 (日) 21時31分

ゆきぼー様

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
1月13日の党大会に向け、年明け早々から"官"と仙谷のアガキがありそうですが、我々市民も黙っていられません。
党大会直前のデモで国民の声を轟かせます。
沿道の市民に共感を持ち応援していただけるデモにしたく思います。

しかし、年賀状を使っての党本部への抗議とは、さすが、行動力のゆきぼー様ですね。

どうもありがとうございました。

投稿: 利他不動 | 2010年12月31日 (金) 23時43分

Caccyoさま

どうも、長らくお待たせしてしまいました。
そうなんですよ。
年明け早々、13日の民主党大会直前にぶつけるんです。
panda-penginさん作のビラ、素晴らしいですよね!
是非、使ってください。
岡本さんと、運営サポートに入る我々一同、小沢一郎支援を表明する運動や、小沢一郎支持者のみなさんによる諸々の活動には、積極的にご利用いただきたいと思っています。

名古屋でも是非、小沢支援を大前提とした運動を展開していただき、小沢一郎支持の拡大をお願いいたします。

今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: 利他不動 | 2010年12月31日 (金) 23時33分

こんにちは、
多忙なん中登場しました父さん。

来年早々のデモ成功を祈ります。
1月13日民主党の大会と聞いていますが
これが大きな山場と思います。

菅の肝の小ささ、
総理と言う前に人間としての節理がない男と解った以上
必ず辞めさせなければなりません。

年賀代わりに
民主党本部に
「うそつき・権力亡者・菅辞めろ」と50円使って
出します。
賛同される皆さんも、菅のために使う50円は痛いが
よろしく。

お元気でよいお年を。

投稿: ゆきぼ | 2010年12月31日 (金) 10時17分

利他不動さま

久々の記事エントリーお待ちしていました!
しかも新年早々小沢支持デモとは、わくわくしてきました。
いよいよ殺小沢の暴虐の嵐が本格化しそうな臭いがぷんぷんしているこの時期だけに、国民が小沢支持を打ち出すことには大きな意味があると思います。

panda-penginさんのチラシ~小沢氏の笑顔がいいですね!!
シュプレヒコールに最適な文句は、みなさんが練られたんでしょうか?言葉も長すぎず、端的な表現でとても分かり易くてGOODです!
次回名古屋デモでも使わせていただきたく思いました。

3人の子の子育て真っ只中なので、なかなか東京までは行けませんが、応援しています。

名古屋でも第2回目デモの計画をこれから具体化しようとするところですが、110東京デモのように「小沢支持」一本に絞って目的を単純化したほうが、わかりやすくて良いのかも!!?と思いました。

真っ青事件以来、市民デモもいくつかに分断されてしまったかのような印象で、名古屋でもどのグループと連携すべきか?議論をしているところです。
ボク自身は小沢さんにリーダーになっていただきたく思っているので、この「小沢支持」路線でいきたいな!って思いました。
名古屋実行委員会でもこの方向で意見してみようと思います。

投稿: Caccyo | 2010年12月31日 (金) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/50440591

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎で日本を変えよう! 小沢一郎と日本を変えよう! 1月10日 国民の生活が第一!デモを開催します。:

» 小沢氏の政倫審出席は不要なもの。だがその先を考える。 [大辛カレーのブログ]
小沢氏が政倫審出席を表明した。不要なものだが出るなら出るで出ればいいだけの話であ [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木) 18時11分

» 成人の日 [未来に向かって]
【送料無料】日頃の感謝を焼酎ラベルに込めてプレゼント♪【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽..... 【送料無料】九州もんのオリジナル商品を【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木) 22時25分

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/12/31 08:44) [ケノーベル エージェント]
港区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 08時46分

» 菅の現実路線とは日本憲法を無視し、米国への植民地化推進すること。 [ゆきひろ社会科日記]
いよいよ軍事面での米国全面下請けがが始まった。 自衛隊の海外派遣恒久化法案を成立させ 米国へのお土産に、いや貢物にこの日本をするらしい。 [続きを読む]

受信: 2011年1月 4日 (火) 14時10分

» たけしの家庭の医学 | 体質改善3時間スペシャル [幼稚園アラサ―先生、華せんせいの奮闘教育日記]
この間の「たけしの家庭の医学」で一番気になったのは やっぱり  花粉症体質です。 [続きを読む]

受信: 2011年1月 5日 (水) 17時33分

« 本日11月20から「大阪、東京、名古屋、新潟、福岡、全国一斉デモ」 日時と集合場所です | トップページ | 「明るい未来」とは~K君とのやりとりより~Caccyo通信101228 »