« 11月21日全国に燎原の火は燃え上がるか!?いざ栄に出陣せん!~Caccyo通信101111 | トップページ | 【重要!訂正です】請願書の送付先⇒「法務大臣宛」を「国会」に変更! "目標は100万人!憲法違反!東京第5検察審査会の秘匿情報の公開を求める請願署名" »

2010年11月15日 (月)

目標は100万人!私たちの怒りを込めて「憲法違反!東京第5検察審査会の秘匿情報の公開を求める請願署名」

※申し訳ありません。誤字・誤記が数カ所ありましたので、修正しました。(11月15日22:30)

【重要】
請願書の送付先が「法務大臣宛」から「衆議院議長宛」「参議院議長宛」に変更されました。理由は、法務大臣宛では大臣の一存で無視される可能性があり、国会の場で確実に議論されるために「衆議院と参議院」に送付するものです。 

本稿にリンクしたPDFファイルは修正済みです。

詳細は ⇒ 
11月16日 お詫びと訂正:請願書提出先の変更(法務大臣宛を国会宛に変更!)




「一市民が斬る!!」さん
が、「小沢一郎議員強制起訴議決」を行った"東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願署名活動"を始められました。「小沢一郎議員を支援する会」さんも協力を表明されました。

本年1月、不当に逮捕拘留された石川知裕衆議院議員は、検察が小沢一郎を不起訴とする直前の2月1日に「(小沢一郎は)仮にここで不起訴になっても、今後、検審(検察審査会)で2回"起訴相当"の方針が出る。今度は弁護士と国民によって小沢一郎は断罪される」 と、当時の吉田正喜副部長から伝えられています。

このことを知った瞬間から、私は「小沢一郎の強制起訴は必ずある」と確信していました。そして強制起訴が現実のものとなった10月4日以降、私は強制起訴された小沢一郎は「有罪にされる可能性も高い」とも考えています。

有識者の方々は「起訴されても無罪が確定的」との主旨の論説を展開されていましたが、私はそれに対しては懐疑的です。日本は法治国家ではありません。「法恥国家」です。
そして仙谷は小沢一郎抹殺のためならば、何でもやります。


検察審査会は、制度上の問題は別として、実質最高裁判所が統括する組織です。
現最高裁長官は竹崎博允(たけさき・ひろのぶ)氏。竹崎氏は旧政権に指名され、2008年11月に最高裁長官に就任しました。前職は東京高裁長官であり、最高裁判事未経験者の最高裁長官への抜擢でした。裁判員制度導入の立役者であったことが抜擢の理由です。

第二小法廷には竹内行夫(たけうち・ゆきお)という裁判官がいます。司法試験未受験(無資格)の元外務事務次官です。外務事務次官時代にイラク戦争を支持し、自衛隊のイラク派兵を先導しました。そしてイラク戦争に反対した天木直人レバノン大使(当時)をクビにし、鈴木宗男氏と佐藤優氏の国策捜査では二人の有罪へと荷担した張本人です。

下級裁判所は最高裁判所の意に添う判決を下すものです。司法のヒエラルキと裁判官の評価制度に問題があるのですが、それが改善される余地は、現状ありません。
また当然、被告側が最高裁に上告しても、棄却もしくは有罪判決とされるでしょう。

彼らが、小沢一郎の起訴だけでよしとするか、それとも有罪まで視野にいれているか? 私は後者ではないかと危惧しています。


検察審査会は、彼らの管轄下にあることを理解しておかねばなりません。
実態のない東京第五検察審査会と最高裁を糾弾しましょう!

全国各地でのデモ開催時にも是非署名のご協力をお願いいたします。



【請願書のダウンロード】

請願署名のお願い.pdf (修正済み) ⇒ http://bit.ly/9ECK0g 
請願書(署名用紙).pdf (宛先修正済み) ⇒ http://bit.ly/aGMeRs

【注意事項】 
署名は自筆でお願いします。
署名者の年齢は問いません。
コピー、鉛筆書きは無効となりますので、ご注意願います。



【転載1】
請願署名のお願い  「小沢一郎議員を支援する会」さんより


私たち「支援する会」は伊東代表世話人を先頭に25名で10月25日抗議文と質問書を提出すべく「東京第五検察審査会」事務局に直接出向きました。

この時の長瀬事務局長と手嶋総務課長の対応のひどさは当ブログ
 
http://minshushugi.net/activity/index.cgi?date=20101025

や参加された方々のブログで詳細が報告されています。

本来であれば昨年9月に日本の首相となっていた小沢一郎議員を二度にわたり「起訴相当」の議決を出して強制起訴に導いた「東京第五検察審査会」は一切の情報を公開していません。

審査申し立て人、審査委員の選定方法、審査補助員弁護士の選任方法、議事録・会議録、審査日程、議決日など一切の情報は秘匿されたままです。

「国民の知る権利」を著しく犯しているこの秘密機関が東京地裁の一機関であり最高裁判所が最終統括をしている司法組織であれば、「裁判の公開」を定めた憲法第82条に明確に違反しています。

ある有志の方が提起された【「小沢一郎議員強制起訴議決」を行った「東京第五検察審査会」が秘匿する情報の公開を求める請願】の署名活動に「小沢一郎議員を支援する会」は協力したいと思います。

『請願のお願い』と『請願署名用紙』を添付しますのでダウンロードしていただき印刷してご利用ください。

請願運動を提起された有志の方はこの請願署名運動を100万署名を目標に一大国民運動として拡大し柳田法務大臣に突きつけ「東京第五検察審査会」の秘匿情報を公開させることを目的にしています。

皆様のご協力をお願いします。



【転載2】
"東京第五検察審査会が秘匿する情報"の公開を求める請願署名活動始まる!― 署名にご協力お願いします! ― 
「一市民が斬る!!」さんより


「小沢一郎議員を支援する会」の方々が、検察審査会事務局に乗り込まれたのに同行させて頂き、多くのことを知りえた。

質問のたびに、検察審査会の対応は「わかりません」「回答できません」ばかりで、唖然とした。
これまでのところ、審査申し立て人、審査員の選出方法、審査補助員の選任方法、議事録・会議録、審査日程、議決日など一切の情報は秘匿されたままだ。
実体のない審査員と審査会だから、そのような対応しかできないのだろう。

しかし、この問題は「わかりません」「回答できません」で済ませる問題ではない。
不透明な方法で、罪のない人を裁判にかけるまでに至っているのだ。

日本では、裁判で被告になるというと、半ば犯罪者扱いされてしまう。
裁判を受けるとなると、物心両面での負担も甚大だ。
小沢議員の場合は、個人的な負担に加え政治家としても大きな制約を受ける。
多くの有権者・支持者から担った責任も果たせなくなってしまう。

今回のケースがまかり通るとなると、どんな人でも、不透明な検察審査会で強制起訴される可能性もある。恐ろしいと思う。
このように、透明性のないプロセスに権限を持たせるのは民主主義の根幹を壊すものだ。

これは法治国家の体をなさない危険な状況だ。
このままにしておけない。

「不透明な方法で、罪のない人間を裁判に引きずり出そうとしている」ことを全国民に知らせたい。
そして、それを知った国民が「まずは、審査員選出と審査内容を明らかにすべし」と叫んでほしい。
やっと、その声が大きくなった。

その声に押され「"東京第五検察審査会の秘匿情報の公開を求める法務大臣宛請願」の署名活動がスタートした。


この署名活動に対し、前述の「小沢一郎議員を支援する会」が協力を表明された。
http://minshushugi.net/activity/index.cgi?date=20101113


請願内容と請願署名要領を説明させて頂く。

<請願の内容と署名要領について>

以下の資料に、請願の内容、要旨、請願署名要領、署名欄を記載したので、それに沿って、多くの署名を頂ければ幸いです。

請願署名のお願い.pdf  (修正済み) ⇒ http://bit.ly/9ECK0g
請願書(署名用紙).pdf  (宛先修正済み) ⇒ http://bit.ly/aGMeRs


<署名活動にご協力頂ける方へ>


請願署名は、筆数が多いほどその効果を発揮します。
請願を大きな力にするため、100万人署名を目指しましょう。

メディアが一切報道しないこともあり、検察審査会の実態については、ネット以外では殆んど知られていません。
まずは、「請願署名のお願い」を出来るだけ多くの方に読んで頂き、検察審査会の実態を知って頂きたいと思います。

署名を沢山集めるにはコツがあります。
周りの、顔の広い友人や知人にお願いをして下さい。
署名集めのある例ですが、一人で2,000筆の署名を集めた凄い方もいます。


<ご自分のホームページやブログをお持ちの方へ>


ご自身のホームページやブログに「請願署名のお願い」と「請願書(署名用紙)」を貼り付け、多くの方に知らせましょう。
遠方の方にお願いできるので便利です。

紹介議員を通して、多くの署名付の請願書を法務大臣に提出し、検察審査会の秘匿情報を公開させることができるよう、ご協力の程お願い申し上げます。

<転載 ここまで>



【小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ】

一人一回、1,000円を
小沢一郎氏に献金しませんか?

小沢一郎氏が主張されてきた通り「企業献金を廃止し、政治家への献金は個人から」を国民の行動で示しましょう!
政治家小沢一郎を支援することは、私たちが本来あるべき生活を取り戻し、子どもたちの未来への責任を果たす行為です。

小沢一郎氏への献金は陸山会を通して行い、その方法は2つあります。

1. 楽天の 「 LOVE JAPAN 」 経由での献金
2. 直接「陸山会」に献金

直接「陸山会」に献金する場合は、小沢一郎ウェブサイトの「政治献金のご案内」  から「陸山会 入会申込書 送付依頼フォーム」に必要事項を記入し(もちろん、献金する金額も!)、送信ボタンをクリックしてください。

陸山会への寄附は、原則として月額1,000円=年額12,000円以上から(月払い、半年払い、年払いのいずれか)とされていますが、一回限りの寄付( カンパ )も随時可能です。
もちろん一回1,000円で統一するつもりはなく、1,000円以上であれば、あなたの意思でいくらでもかまいませんし、回数も、一回限りでも毎月の献金でも、或いは年払いでも、ご都合で判断してください。

※現在陸山会には多数の入会申し込みが殺到しているそうで、事務処理も遅延しており、そのために入会申し込み後、陸山会から振込先口座の案内が届くまでには大変時間がかかっている様子です。


【新党大地「取調べ全面可視化」を求める署名へのご協力を!】

新党大地で「取調べ全面可視化」を求める署名http://bit.ly/b7pjZ3  )を集めています。目標50万人の達成にご協力をお願い致します。

警察や検察の取調べで、虚偽自白の強要、押し付けや誘導、強圧的な取調べ、違法な長時間の取調べ、ムリに調書にサインさせられ泣き寝入りしたなど、このような取調べを密室で受けることで、冤罪が生まれています。
冤罪の最大の問題は「密室」での取調べにあります。冤罪を無くすためには、取調べの全面可視化が必要です。
このような強引で暴力的な取り調べを防ぎ、これ以上の冤罪被害者を出さないために、署名のご協力をお願いいたします。

請願書署名用紙ダウンロード ⇒ http://bit.ly/9yYLrS

この用紙をプリントアウトして署名をし、新党大地宛て、平成22年12月末日までに郵送してください。

※ご署名は自筆にてお願いいたします。

〈郵送先・連絡先〉
 〒060-0061
 北海道札幌市中央区南1条西5丁目 プレジデント松井ビル1205号 新党大地
 電話011-251-5351

※全面可視化法案署名・中間報告をこちらで確認できます。⇒ http://bit.ly/b51SjN




■必読! 民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」

2010年(平成22年)2月9日の衆議院予算委員会での質疑から全文掲載

■必見!必読! 緊縮財政・増税論に騙されるな!消費税増税の必要はない!

   (平 成22年2月24 日 衆議院予算委 員会公聴会から)

▽二宮厚美・神戸大大学院教授
「今 こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽菊池英博・日本金融財政研究所所長
「経済のイ ロハを知っていれば考えられない旧政権によるデフレ下の緊縮財政」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽下地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑]
「旧政権では国民から徴収する消費税が、財 界のための法人税減税の財源に使われていた」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト

■以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏 の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」 

【お願い】

植草一秀氏のブログ人気ブログランキング 応援のクリックをお願いします。 

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 11月21日全国に燎原の火は燃え上がるか!?いざ栄に出陣せん!~Caccyo通信101111 | トップページ | 【重要!訂正です】請願書の送付先⇒「法務大臣宛」を「国会」に変更! "目標は100万人!憲法違反!東京第5検察審査会の秘匿情報の公開を求める請願署名" »

司法・検察」カテゴリの記事

自主独立と国民主権確立への市民運動」カテゴリの記事

コメント

>山本 様
>Caccyo 様
>ろくぶんぎ 様

デモに対する妨害工作の件、それぞれにご意見を頂き、感謝いたします。

もともと第1回目のデモの話が動き始めた頃から、このような懸念はありましたし、そこを更に踏み込んでのろくぶんぎ様からの注意喚起だったのですよね?

私も、デモ主催者のみなさんに注意を促す意見の投稿など、リスクを極力排除して安全なデモ運営がなされるよう、微力ながら側面からの協力をさせていただきました。
運良く? 1~2回目は無事に何事もなく終えることができましたが、3回目以降、まして大阪、新潟、福岡、名古屋、そして札幌と、規模が小さいながらも全国に運動の輪が拡大していく流れの中で、今後も無事にデモが運営されるとの保証はどこにもありません。

政権交代して発足した鳩山内閣は、仙谷、前原、枝野ら陵雲会幹部を組閣で入れたために、内部から崩壊させられました。

日本の将来を憂う個々の市民が参集し立ち上げた市民運動。これは今、全国規模に急拡大しいずれ市民革命にまで発展するかもしれませんが、では権力側は何を考えるでしょか?

当然、このような反体制勢力は勢いがつくまえに潰そうというのが妥当な判断です。
私たちには、それを認識した上で十分な危機管理を施しての活動が求められています。
鳩山内閣のように内部から潰されるリスクへの用心も必須です。

各地でのデモ開催日が直前に迫りました。
しばらく様子を見ていましたが、このようなリスク管理がどこまで徹底されるかが見えず不安ですので、リスク管理への注意喚起を、各地のデモ情報を発信しつつ行いたいと考えています。

注目度も高くなった3回目は、要注意だと思っています。
何か問題が起きたとき、非難の矛先は小沢一郎氏へと向けられるでしょう。

それも十分に認識して安全なデモ行進を実施していただきたいと思っています。

投稿: 利他不動 | 2010年11月16日 (火) 22時50分

町衆です。【一市民】さんが請願書の提出先を法務大臣宛てから国会(衆参議長)宛てに変更された件、私も先程確認をしました。あちこちに拡散してましたので、おお慌てで訂正しています(^_^;)
念の為に拡散先には【一市民】さんと【小沢一郎議員を支援する会】のブログ先を載せてましたので、これからあちこちに訂正がてら拡散する予定です。

投稿: 町衆 | 2010年11月16日 (火) 22時14分

町衆 さま

2010年11月14日 (日) 13時00分
2010年11月15日 (月) 19時41分
2010年11月16日 (火) 11時34分
2010年11月16日 (火) 11時54分
での投稿、情報提供とご意見を賜り、感謝申し上げます。

私も13日にこの署名運動のことを知りました。いち早くコメント覧にて情報を提供してくださり、ありがとうございました。
主催者が「小沢一郎を支援する会」さんから「一市民が斬る!!」さんに訂正されたこと、ブログのコメント覧でも確認いたしました。

この後、記事に訂正を入れねばなりませんが、請願書の送付先が 法務大臣 から 衆議院議長 と 参議院議長 に変更されたようです。
法務大臣宛では大臣が握りつぶせば終わってしまうとの懸念からのようです。
平野貞夫氏や川内議員側からのアドバイスがあった模様です。

投稿: 利他不動 | 2010年11月16日 (火) 22時06分

2010年11月15日 (月) 16時10分 様

コメント有り難うございます。
仰るとおりですね。

ご参考:

【世話人情報】 自民党「経世会」「清和会」と「東京地検特捜部」
http://bit.ly/9nRoPF

↓同様の内容を、本年1月に当ブログで引用した記事です。

これはもう非常事態宣言の危機ではないか?
http://bit.ly/a08vfb


投稿: 利他不動 | 2010年11月16日 (火) 21時52分

ゆきぼー 様

千葉惠子氏の件、同意します。

検察のあり方検討会議では座長に座りましたが、ただのお飾りです。ご本人は特捜の存在意義に疑問を投げかけていらっしゃるようですが、改革派は郷原さんや江川さんなど、ほんの一部で、元検事総長をはじめ検察擁護派が多数を占めます。

検察官適格審査会も、民主党4議員を中心に積極運用派はいますが、こちらも少数派です。

要するに、検察のあり方検討会議も検察官適格審査会も、検察の改革に動き出すふりをした、ただのガス抜きです。
国民は、完全になめられています。

投稿: 利他不動 | 2010年11月16日 (火) 21時43分

もう一点だけ。

>山本さま

「ろくぶんぎさんのブログで市民運動はCIAに潰されるので、それぞれがバラバラに活動していくのが良いと書かれていました」

とありますが、当方のブログ記事(http://ameblo.jp/gyakusetu-turedure/entry-10707312172.html)における趣旨は、
「今までの市民運動はCIAに懐柔されたり潰されたりして“きた”。CIAやその手下の手口に注意をしておかなければ、これらと同じ轍を踏んでしまう危険性があるので、注意・用心をした方がいい。その注意・用心があれば懐柔されたり潰されたりという危険は減殺されるでしょう」というものであり、「市民運動はCIAに潰され“る”」が記事の趣旨ではありません。

また「このままでは……」という気持ちは当方も同じです。Caccyoさまが仰っておられるように、方法論が異なる、ということです。

投稿: ろくぶんぎ | 2010年11月16日 (火) 20時27分

>山本さま
>Caccyoさま

みなさんのお気持ちは正当なものですし、これに基づく行動は素晴らしいものです。また、拡散の方法論(私は「「顔を見せずに情報拡散をする」これが遠回りに見えて、一番効果的な方法であると考えます。」と自分のブログに書きました)への異論も当然だと思います。
Caccyoさんは「その思いは我々デモ推進派も、ろくぶんぎさんも同じだと思います。ただ、その手法についての考え方が違うということ」と仰ってくださいましたが、その通りです。
補足させていただきますと、「顔を見せずに」というのは、悪徳オクタゴンに本人特定されることなく、という意味です。悪徳オクタゴンを「どこからタマがとんでくるかわからない」状態におけば、下手なことをやりにくくなる、ということが目的です。「情報拡散」というのは、悪徳オクタゴンが一番嫌がる情報を拡散する、ということです。

それに、私には、他人に対してデモや市民運動に参加するな、という権利は当然ありません。ただ、やるなら注意しておくべきことがあると考えています、ということを言いたかっただけです。万が一の事態が起こらないように。
ですから、他意はありません。
不穏なことや動きが起こることなく、デモや市民運動が成功しますように、当初の目的が達成されるように、と心から願っています。

投稿: ろくぶんぎ | 2010年11月16日 (火) 20時20分

因みに、ハンドルネームがありませんでしたね(^_^;)
下記の署名運動に関する書き込みは全て、私『町衆』が書いたものです。【100万人の大署名運動】となれば、昔から憲法問題やイデオロギーを越えた所で活動されている方々の人数ではとてもではありませんが、届きません。Yahooを始めとする各政治・社会の議論コーナーや2ちゃんねる等への拡散も必要となるでしょう。また、小沢一郎さんにシンパシーを感じていない方や小沢一郎さんを排除すれば再び政権への再浮上もありうると考える勢力を背景に乗せられてしまっている人々への説得・協力への要請も必要になると考えます。起きている事態に対する認識には根っこの所では共通の認識がありうるんだと私は考えています。寧ろ新聞テレビが小沢一郎さんは悪人だと言っているからという、ナントナク派の方々への説得もキーになるのかなと考えています。

投稿: 町衆 | 2010年11月16日 (火) 11時54分

訂正です。昨日にこの署名運動の主催を【小沢一郎議員を支援する会】と書きましたが、支援する会事務局様より訂正が入りました。この大署名運動は【一市民】さんというブロガーが、多くの良心的な声におされて呼び掛け・主催をされるそうです。そして、小沢一郎議員を支援する会も協力を申し出たということのようです。詳しくは下記を参照してください。
http://minshushugi.net/activity/index.cgi?no=45
私も無力ではありますが、支持支援を表明し、この請願書運動を成功させる為にネット上や各ブロガーに拡散してゆきたいと思います。各自が責任者となり、頑張ることが大切だと私は考えています。

投稿: | 2010年11月16日 (火) 11時34分

>山本さま

ろくぶんぎさんの今回のご指摘は、今週末から「全国縦断デモ」が始まろうという時だけに、また自分も名古屋デモの実行委員として関わっているだけに考えさせられました。

ボクが関わりを持っていこうと思ったのは、代表になられた檀渓の靖さんが70歳を越えるお年ながら、義憤に駆られ立ち上がり、5人でも6人でも名古屋デモ決行する!との決意=覚悟をお聞きしたからです。

ここで立たずば男がすたる!近藤さんを見殺しにできない!…そんな気持ちでした。

一方、デモで盛り上がろうとしている熱狂を俯瞰できる立場で冷静に見ておられるろくぶんぎさんの懸念は、なるほど頷けるものでもあります。
デモに向けて浮き足立ち気味の自分に、ちょっと落ち着け!と言われているようにも感じました。
先日、利他不動さんとお話したときにも、そんな危険性~工作員の潜入・攪乱工作の可能性~についてお聞かせいただきました。

たしかに素人集団が義憤に熱くなって立ち上がろうとしている今回の熱狂ですが、そんな危険性があるかも?ということは頭の片隅に入れておかなければいけませんね!!
しかし、だからといってネット空間から出ることなく匿名で正論を拡散することがベストであるとまでは言い切れません。ネット言論の影響力がだんだん大きくなってきているとは思いますが、残念ながらまだまだ圧倒的にマイノリティであることは否めません。
メディアによって多くの国民が洗脳状態にあることは悲しい現実であり、その洗脳から覚醒した者が行動を起こして、大衆の覚醒に向けた活動をすることは重要であると思います。その思いは我々デモ推進派も、ろくぶんぎさんも同じだと思います。ただ、その手法についての考え方が違うということなんでしょうね!!?

いわば、このまま座して死を待つか?全滅覚悟で立ち上がるか?の困難な二者択一なのかもしれません!!!?
21日を前にして考えさせられた「ありがたい警告」と、受け取らせていただきました。
とりあえずボクは21日名古屋デモ成功に向けて、あと数日頑張ります!!!

投稿: Caccyo | 2010年11月16日 (火) 08時42分

こんにちわ

活動ご苦労様です。利他不動様もご存知かと思います
が、こちらによくトラバされているろくぶんぎさんの
ブログで市民運動はCIAに潰されるので、それぞれが
バラバラに活動していくのが良いと書かれていました
が、今のままでは何も変わらないじゃないかと言う
思いとのれんに腕押しでもネットで情報を拡散して
行くのが良いのではと気持ちが揺れています。でも
考えてみたら、今度の情報流出の件でも権力側が潰そう
と思えばIPを調べて潰しにかかるような気もしますし
何もしないで座して死を待つのも悔しい気がします。

利他不動様のご意見を聞かせて下さい。

投稿: 山本 | 2010年11月16日 (火) 06時30分

確認をとりましたが、【小沢一郎議員を支援する会】が主催されるそうです。私もこの【100万人の大署名運動】を支持支援致します。先ずはネット上や各ブロガーの方に拡散しようと、一つ前のテーマのコメント欄に【一市民】さんと【小沢一郎議員を支援する会】のブログを張り付けた次第です。政権交代を前後して日本ではおかしなことばかり起きていますが、これらの根本は実は今に始まったことではなく、日本の社会構造はもともとこれらの出来事を内在しており、政権交代をキッカケに、権力構造の向こう側が透けて見えているのだと考えています。確に信じがたい弾圧が起きていますが、逆に考えれば明治以降の日本のあり方を見直す良い機会であり、私達の国がこれから未来に向かって生きてゆくためのひとつの試練なのかもしれません。だとするならば、私達はこの試練に負けずに克服してゆかなくてはなりません。

投稿: | 2010年11月15日 (月) 19時41分

田中角栄さんを有罪にした時、アメリカ人が日本で最も愛国的な政治家を日本人が有罪にするなんて、と笑っていたそうです。
小沢一郎つぶしも同じ流れだと思います。

投稿: | 2010年11月15日 (月) 16時10分

保坂さんのブログ見てください
元法務大臣の千葉。
やっぱりどうにもならないオバハンでした。
この千葉に象徴される今の民主党。

投稿: ゆきぼー | 2010年11月15日 (月) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/50034823

この記事へのトラックバック一覧です: 目標は100万人!私たちの怒りを込めて「憲法違反!東京第5検察審査会の秘匿情報の公開を求める請願署名」 :

» 小沢一郎さん裁判書面公開して [街の弁護士日記 SINCE1992]
マチベンである。宮崎学氏の子分を僭称する親分は不在だ。 昨日の朝日新聞が小沢氏の第1回口頭弁論の期日指定がされたと報じている。 朝日の記事は行政法的に間違いだらけである。ロースクール生がこんな答案を書いたら、一発再試である。 朝日は ・起訴議決は無効だとして、議決の取り消しを求めた行政訴訟… と書いているが、起訴議決の無効を主張するなら、取り消しではなく、無効確認を求める行政訴訟となるし、取り消し... [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 13時05分

» 米国に媚をうり権力にしがみつき沖縄を見捨てるカン。負けられない沖縄知事選イハ洋一候補の勝利を。 [ゆきひろ社会科日記]
沖縄を見捨てるな。イハ洋一候補の勝利を。 [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 14時28分

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/16 08:40) [ケノーベル エージェント]
札幌市中央区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年11月16日 (火) 08時43分

« 11月21日全国に燎原の火は燃え上がるか!?いざ栄に出陣せん!~Caccyo通信101111 | トップページ | 【重要!訂正です】請願書の送付先⇒「法務大臣宛」を「国会」に変更! "目標は100万人!憲法違反!東京第5検察審査会の秘匿情報の公開を求める請願署名" »