« 10月24日小沢さん支援の抗議デモに向けての準備 その後の経過です | トップページ | 【緊急】10月24日小沢さん支援の抗議デモは延期。組織化して準備万端で臨みます。再度日程調整です。  »

2010年10月17日 (日)

小沢一郎の「政治とカネ」、「実はよくわからないよ」という方の疑問解消へのQ&A 動画と解説



【最初にお知らせです】


<小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ>

前稿のコメント欄に、元株やさんが小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ を投稿されました。私は元株やさんの呼びかけに賛同し、一人でも多くの方が小沢一郎氏への個人献金をされるよう、以下ご案内します。


11月1日に、
みんなで一緒に、
一人一口、1,000円を
小沢一郎氏に献金しようというものです。

小沢一郎氏への献金は陸山会を通して行い、その方法は2つあります。

1. 楽天の 「 LOVE JAPAN 」 経由での献金
2. 直接「陸山会」に献金

直接「陸山会」に献金する場合は、小沢一郎ウェブサイトの「政治献金のご案内」  から「陸山会 入会申込書 送付依頼フォーム」に必要事項を記入し(もちろん、献金する金額も!)、送信ボタンをクリックしてください。

陸山会への寄附は、原則として月額1,000円=年額12,000円以上から(月払い、半年払い、年払いのいずれか)とされていますが、一回限りの寄付( カンパ )も随時可能です。
今回はその一回限りの寄付(カンパ)の呼びかけとなります。


これを機に、小沢一郎氏が主張される「企業献金を廃止し、政治家への献金は個人から」を国民の行動で示しませんか?
政治家小沢一郎氏を支援することは、

・私たちの生活と日本の経済・財政の立て直し
・主権国家としての日本の独立
・世界の中での日本のリーダーシップ醸成

そして、

・日本の歴史文化の保護
・日本人の誇りと美徳を復活させる意識改革
・私たちの子ども、孫世代の明るい未来

を、私たち主権者の手で実現させることになるのです。


【重要】小沢一郎氏の「政治とカネ」の素朴な疑問解消へのQ&A 動画と解説


東京第五検察審査会による「小沢一郎強制起訴」への議決文公表以降、当ブログではこのところ、小沢一郎氏と陸山会の土地取引を巡る「政治とカネ」問題を取り上げることが続いています。

その内容は一貫して「小沢一郎氏が、微罪もあり得ない全くの真っ白、潔白である」ことと、「"政治とカネ"は検察の捏造とメディアの情報操作によるもの」というものです。

そして今後は、小沢一郎氏の真っ白を勝ち取ることに加え、検察の犯罪と欺瞞、マスコミの情報操作、税金を食いつくす腐敗官僚の実態などの真実の情報を、ネット上のみならず大多数の大衆に向け発信し拡散していくことを目的として、デモ・集会・署名運動・チラシ配布など市民運動への展開にも協力していきたいと思います。

今回は、小沢一郎氏の「政治とカネ」について「実は何がどうなっているのか、なぜ小沢一郎が悪いのか、よくわからないよ」という方の疑問を解消するため、Q&Aの動画が制作されましたので、紹介します。
既に紹介した動画 と同様、檀公善氏のML(メーリングリスト)に参加される有志お二人が協力し制作されたもので、お一人は米国西海岸在住、時差の関係から睡眠時間を犠牲にしてまで、連絡を取りながら完成まで尽力してくださいました。

これは、インタビューされた一般社会人50人から出た素朴な疑問に対し、Q&A形式で回答したものです。


小沢氏と陸山会の、土地取引をめぐるQ&A
http://bit.ly/c1C23q



この動画で展開されているポイントは以下の通りです。


Q1.
この土地は陸山会が使用するのに、何故、この取引に個人小澤一郎が登場するのか?

A1.
政治団体は「法人格」を持たないために不動産取引をすることができない。このため、個人小澤一郎が売主である不動産会社から土地を購入し、陸山会に使用権を与えるという手続きを取る必要があった。これは不動産業界ではよく知られた事実で、他の政治家の政治団体も同様である。


Q2.

平成16年に売買が成立しているのに、何故、陸山会は平成17年に支出としたのか?

A2.

重要なポイントは、陸山会は平成16年の取引に登場していないということ。登場したのは売り主である不動産会社と個人小澤一郎である。そして陸山会が平成17年1月7日に支出したのは、当該土地の売主に対してではなく、個人小澤一郎に対してである。

また、当該土地は平成16年当時においては「宅地」ではなく「農地」(地目:畑)であったため、農地法第5条の規定により、農地の売買や相続に農業委員会の許可が必要であったこと。(農業関係者であれば誰もが知る事実)
 
従って、登記簿の通り、平成16年10月5日の段階では、個人小澤一郎は「売買予約による所有権移転請求権の仮登記」までしか行うことができなかった。所有権の移転は行われていない。ここで本登記をすることは違法行為。勿論、この段階で個人小澤一郎が陸山会に「使用権」を与えることも違法行為。

なお、当該の土地は市街化区域(生産緑地を除く)に存在するため、手続きに約40種類もの書類の作成・提出が必要であり、書類の審査や説明が必要となる。しかも農業委員会は不定期開催で、手続きには一定の時間を要する。平成16年から平成17年の越年は、このことに起因する。

この手続きは、売買契約書によれば、売主である不動産会社の責任で行うこととなっており、その受領書が個人小澤一郎に届けられたのが平成17年1月7日であった。
これをもって、個人小澤一郎が当該土地の「所有権移転登記」を終えたことになる。 


Photo



なお、これまで紹介した情報に檀公善氏の阿修羅投稿記事も加え、改めて以下にまとめましたので、ご参照ください。



▼小沢一郎氏が、微罪もあり得ない全くの真っ白、潔白であるとの根拠がわかる動画

『犯罪捏造集団=検察の企み「小沢起訴」を打ち破る』


▼小沢一郎氏が、微罪もあり得ない全くの真っ白、潔白であることを書いたチラシ

檀公善氏作成の「小沢真っ白」チラシ 表

檀公善氏作成の「小沢真っ白」チラシ 裏

「小沢真っ白」チラシのダウンロード(PDF)


▼小沢一郎氏が、微罪もあり得ない全くの真っ白、潔白であるとの情報を紹介した記事

小沢一郎は真っ白!無罪!事件は検察とマスコミの捏造 #1

マイノリティだって行動を起こせば日本を変える力があると信じます

サルでも分かる「小沢一郎の政治とカネ」=「検察の捏造」


▼檀公善氏の阿修羅への投稿記事

「小沢真っ白」8千枚、札幌演説会で配布。付:小沢候補演説全文

「小沢真っ白」第1期総括報告。権力+マスメディアとネットとの壮絶な闘い

続:第五検察審査会の審査は着々と進んでいる。捏造犯罪集団=検察の小沢起訴のたくらみを打ち破らなくてはならない。

「小沢殺すに刃物は要らない」が、ついに現実となった。「殺小沢」を許してしまった。日本の司法と民主主義は死んだ。




■必読! 民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」

2010年(平成22年)2月9日の衆議院予算委員会での質疑から全文掲載

■必見!必読! 緊縮財政・増税論に騙されるな!消費税増税の必要はない!

   (平 成22年2月24 日 衆議院予算委 員会公聴会から)

▽二宮厚美・神戸大大学院教授
「今 こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽菊池英博・日本金融財政研究所所長
「経済のイ ロハを知っていれば考えられない旧政権によるデフレ下の緊縮財政」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽下地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑]
「旧政権では国民から徴収する消費税が、財 界のための法人税減税の財源に使われていた」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト

■以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏 の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」

【お願い】

植草一秀氏のブログ人気ブログランキング 応援のクリックをお願いします。 

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 10月24日小沢さん支援の抗議デモに向けての準備 その後の経過です | トップページ | 【緊急】10月24日小沢さん支援の抗議デモは延期。組織化して準備万端で臨みます。再度日程調整です。  »

小沢一郎は真っ白、潔白です 断固闘います」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/49772333

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎の「政治とカネ」、「実はよくわからないよ」という方の疑問解消へのQ&A 動画と解説:

« 10月24日小沢さん支援の抗議デモに向けての準備 その後の経過です | トップページ | 【緊急】10月24日小沢さん支援の抗議デモは延期。組織化して準備万端で臨みます。再度日程調整です。  »