« おぉ!?抗議デモは10月24日に決行するそうです。ならば、喜んで参加させていただきます! | トップページ | 10.24抗議デモで、国家権力とマスコミの欺瞞・横暴を糾弾し小沢一郎支援の拡大を目指します »

2010年10月21日 (木)

10月24日 小沢さん支援の『検察・検審を糾弾するデモ』の概要と現時点での注意事項など

 

10月24日に実施される小沢さん支援のための『検察・検審を糾弾するデモ』(主催:権力とマスコミの横暴に抵抗する市民の会)について、正式に日時と集合場所が発表されましたので、関連情報も含め、ご案内します。


■『検察・検審を糾弾するデモ』の概要と現時点での注意事項などについて、以下まとめました。


小沢一郎に日本を託す会ブログさん から転載します。



来る、10月24日(日)12:30から、銀座周辺におきまして、『検察・検審を糾弾するデモ』を行います。

「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」が、本日、デモの申請をしてまいりました。
取り急ぎ、集合場所と時間のお知らせをいたします。

※その他、デモに参加されるにあたり、ご協力いただきたい点や、ご注意いただきたい点等は、確認が取れ次第、順次掲載いたします。

また、主催者側のサイトを立ち上げる準備をしておりますので、そちらも開始され次第、お知らせいたします。

***************************************************

『10/24 検察・検審を糾弾するデモ』 集合案内

日時: 10月24日(日) 12:15 集合
              12:30 デモ行進開始

場所: 水谷橋公園

    東京都中央区銀座1丁目12 (ホテル西洋銀座裏)

***************************************************

今回のデモに、多くの人の思いが結集するように、皆さまのご協力をお願いいたします。

※筆者注 1:↑ブログ、ツィッター、メール、電話、ファックス、あらゆる媒体を使って声を掛け、拡散しましょう。
※筆者注 2:水谷橋公園へは地下鉄が便利です。有楽町線「銀座一丁目駅」・銀座線「京橋駅」・都営浅草線「宝町駅」・銀座線/日比谷線「銀座駅」・日比谷線/都営浅草線「東銀座駅」



soilyanoさん からの情報発信を一部転載します。


▽拡声器ある方は持参願います。プラカードなどは特定の団体や個人を誹謗中傷は厳禁で、検察、権力の横暴に抗議、反抗の趣旨に合った内容で各自、用意可能な方はお願いします。詳しくは都度発信します。(以下略)
10月18日

▽東京で実行した後で各地での同じ様な運動が立ち上がるのは必然と思います。連携して行きたい。RT @karuizawa_2525 お疲れ様です。大阪や札幌では、声は上がっていませんか?@soilyano デモは24日午後13か14時から有楽町スタート予定。
10月18日

▽24日デモ後の展開は色々と考えられます。すでに地方から深夜バス予約した方もいます。参加者から様々な声が出る事を期待し、実行委員会でも話し合います。@butubutugrumble @uesugitakashi
10月19日

▽当日はデモ隊以外の人とは会話は行進中は慎んだ方が揉めるもとだから良いでしょう。RT @hayatebreath @soilyano 当日は排外主義右翼団体に妨害されないよう、一応警戒した方がよさそうですね。
10月20日

▽了解ですRT @kazumania 日刊ゲンダイに取材依頼をされたらいかがですか?wRT @soilyano NHKさんも本当の国民の声の一つとして報道されれば、如何か。検察、検審を糾弾するデモが24日東京で予定。主催は権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会
10月20日

▽この後発表します。デモ申請完了、許可は金曜午後の予定。RT @mita_hana @hanekiyo @futaminobuaki @ozawa_jimusho @soilyano @keiichi_参加したいが、どこでやるのですか発表してください_
10月20日

▽検察、検審査の横暴を糾弾するデモ は24日12:15中央区水谷橋公園集合、12:30スタートが決まりました。外堀通り経由で日比谷公園まで行進。許可は22日午後に下りる予定。まずは申請が受理されまたので、告知します。
10月20日

▽デモスタート前に警察からの安全、警備上の注意並びに主催団体からの禁止事項やお願いは、申し述べますがデモ隊列の内外を問わず、他人に対し暴力的行動や危害を加える人物は、即デモ参加者とはみなさず、隊列から排除、悪質な場合は警察に引き渡します。くれぐれも民主的な意思表明行動を逸脱しない。
10月21日

▽デモ行進中は歩道や車道から挑発的な野次や罵倒があっても、決して挑発に乗らない、隊列から出ない。友好的声援に、笑顔で手を振る位にしてください。守れない場合にはすぐに隊列から、排除し警察に引き渡しますので。当該本人が罪に問われる場合があります。そんな人はいないでしょうが一応お願いです
10月21日

▽24日の「検察、検審を糾弾するデモ」のご案内、主催団体のウェブサイトもアップされたらお知らせいたします。只今、準備中。まずはこちらをご覧あれ http://bit.ly/a8Flk6
10月21日

『検察・検審を糾弾するデモ』関連情報はここまで。




【小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ】

元株やさんが小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ をされました。私も元株やさんの呼びかけに賛同し、一人でも多くの方が小沢一郎氏への個人献金をされるよう、以下ご案内します。

11月1日に、
みんなで一緒に、
一人一口、1,000円を
小沢一郎氏に献金しよう
というものです。

小沢一郎氏への献金は陸山会を通して行い、その方法は2つあります。

1. 楽天の 「 LOVE JAPAN 」 経由での献金
2. 直接「陸山会」に献金

直接「陸山会」に献金する場合は、小沢一郎ウェブサイトの「政治献金のご案内」  から「陸山会 入会申込書 送付依頼フォーム」に必要事項を記入し(もちろん、献金する金額も!)、送信ボタンをクリックしてください。

陸山会への寄附は、原則として月額1,000円=年額12,000円以上から(月払い、半年払い、年払いのいずれか)とされていますが、一回限りの寄付( カンパ )も随時可能です。
今回はその一回限りの寄付(カンパ)の呼びかけとなります。

これを機に、小沢一郎氏が主張される「企業献金を廃止し、政治家への献金は個人から」を国民の行動で示しませんか?
政治家小沢一郎氏を支援することは、私たちが本来あるべき生活を取り戻し、子どもたちの未来への責任を果たす行動なのです。



■必読! 民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」

2010年(平成22年)2月9日の衆議院予算委員会での質疑から全文掲載

■必見!必読! 緊縮財政・増税論に騙されるな!消費税増税の必要はない!

   (平 成22年2月24 日 衆議院予算委 員会公聴会から)

▽二宮厚美・神戸大大学院教授
「今 こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽菊池英博・日本金融財政研究所所長
「経済のイ ロハを知っていれば考えられない旧政権によるデフレ下の緊縮財政」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽下地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑]
「旧政権では国民から徴収する消費税が、財 界のための法人税減税の財源に使われていた」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト

■以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏 の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」

【お願い】

植草一秀氏のブログ人気ブログランキング 応援のクリックをお願いします。 

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« おぉ!?抗議デモは10月24日に決行するそうです。ならば、喜んで参加させていただきます! | トップページ | 10.24抗議デモで、国家権力とマスコミの欺瞞・横暴を糾弾し小沢一郎支援の拡大を目指します »

小沢一郎は真っ白、潔白です 断固闘います」カテゴリの記事

自主独立と国民主権確立への市民運動」カテゴリの記事

コメント

ゆきぼー(ゆきひろ)様

いつもトラックバックすみません、ありがとうございます。
デモは、大成功でしたよ!
気が付けば約1000人、隊列の長さは300mを超えていたと思います。
大変な熱気と礼儀正しさを感じる、大人のデモでした。

投稿: 利他不動 | 2010年10月25日 (月) 07時04分

ろくぶんぎ 様

いつもトラックバックと引用をしていただき、ありがとうございます。
感謝いたします。

カード会社への変更手続も終えられたようで、なによりです。
1人1口1000円献金、ありがとうございました。

投稿: 利他不動 | 2010年10月25日 (月) 07時02分

2010年10月21日 (木) 12時55分 さま

コメントいただきありがとうございます。
元大阪高検公安部長の三井環さんが村木厚子さん冤罪事件の件で、関与した検察官10名の罷免審査を申し立てしていますから、期待したいです。。

罷免審査対象者からひとり、大阪地検の林谷浩二検事が抜けていることには異議もありますが、こうして形骸化した検察官適格審査会を実動させる行動に感謝してます。

特に三井氏が作成されたような審査申立書は、なかなか素人にできるものではありません。私たちは三井氏の申立書に申立人として追加してもらうことで、彼ら10名の罷免審査申立が可能です。

私も申立人として記名します。
今後注目しましょう。

ありがとうごさいました。

投稿: 利他不動 | 2010年10月25日 (月) 00時07分

トウキョウでのデモ成功を祈ります。
裁判所までおかしくなってきています。
ぜひ成功させてください。

次回は大阪でも。
NETでの本当の力を見せてあげましょう

投稿: ゆきぼー | 2010年10月22日 (金) 16時56分

1人1口1000円献金、私もやろうと、手続きをしましたが、カード会社に登録した住所が旧住所のままだったようで、手続き取り消しとなってしまいましたTmT

ということで、住所変更手続き完了次第、再度リトライします!

投稿: ろくぶんぎ | 2010年10月22日 (金) 07時31分

今朝の朝日に【検察官適格審査会】のメンバー交代の一報が入った。戦後実質機能していなかったが、この適格審は検察官の罷免を決める権限をもつ。このメンバーに民主から辻・川内・森ゆうこ議員が入った。朝日の記事では小沢系議員が増えたことにより法務省は無言の圧力を感じ始めていると書かれていた。法務・検察による【政治弾圧】に対して【無言の圧力】程度で大丈夫なのか?(笑)と言いたいところだが、戦後GHQ時代に出来上がった検察審や検適審の問題点や改正検察審査会法の違憲問題も鳥沙汰されている今日、霞ヶ関とマスコミによる政治弾圧に負けずにおおいに頑張りましょう。

投稿: | 2010年10月21日 (木) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/49802320

この記事へのトラックバック一覧です: 10月24日 小沢さん支援の『検察・検審を糾弾するデモ』の概要と現時点での注意事項など:

» 辛坊治郎の「暴言」の理解の仕方 [逆説、そして徒然と…]
当ブログ2010年10月19日付記事「辛坊治郎の「最低暴言」に対する、郷原信郎さんの反応」に、こんなコメントが寄せられました。まずは読んでみてください。 <コメント転載開始> kirara 2010-10-21 09:31:28 IP:122.50.52.22 ■無題 辛坊の言うとおり、小沢を擁護して... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 19時05分

» 10月27日から「事業仕分け」第3弾が。外為特会には切り込まないのか? [逆説、そして徒然と…]
「事業仕分け」…一番切り込まなきゃならんところはスルーしているんじゃねぇか?と思ってしまう。 まず外為特会という「対米貢納会計」について切り込んでいない、あるいは切り込むつもりがないのか?ということ。 外為特会こそが一番の無駄であり、不当に国内資本を国外流出さ... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 19時07分

» 不起訴処分対象外の「罪」まで付け加えられたら、全てが罪びと・・検察審査会 [ゆきひろ・社会科日記]
2010.10.22 14:35 (産経電子版)(転載開始) 起訴議決の執行停止を求めた民主・小沢元代表の即時抗告も棄却  東京高裁 地裁に続き… [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 16時54分

» 企業再生、といえば聞こえはいいけれど、その裏で「逃げ得」を図ろうとしている連中がいる? [逆説、そして徒然と…]
ブログ「Like a rolling bean (new) 出来事録 」さま(ブログ主:rolling_beanさま )は、東京築地場外市場移転問題について鋭く切り込まれ、また似非右翼老人知事・石原慎太郎にも果敢に立ち向かっておられます。 そして築地場外市場については、土壌汚染の東京ガス跡地(豊洲... [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 22時02分

« おぉ!?抗議デモは10月24日に決行するそうです。ならば、喜んで参加させていただきます! | トップページ | 10.24抗議デモで、国家権力とマスコミの欺瞞・横暴を糾弾し小沢一郎支援の拡大を目指します »