« いよいよ今夕、日本の未来が決します!~Caccyo通信100914 | トップページ | 求む!内部告発! さあ、勇気を出して 2010 民主党代表選に関わる情報を! »

2010年9月16日 (木)

小沢の歴史的名演説を聴いても尚、国民への背信を行った"官"支持の国会議員たち

今回の民主党代表選の結果はご存じの通りです。
当ブログに訪問してくださり、そして小沢一郎首相誕生に向け共に闘ってくださった皆様には、厚く御礼申し上げます。

日本再生に向け、再チャレンジですね!
私たちの生活のため、子どもたち・孫たちの未来のため、そして日本の発展のために、ここで屈するわけにはいきません。

しかし、よくもまあ、これだけの不正選挙をやってくれたものだと、呆れ返っております。

完全にやられちゃいました。何がやられちゃったのか?
"官"直人陣営は、党員・サポーター票の数字を予め設定し、その実現のために不正を行った、そう考えられるのです。
メディアの捏造世論調査における"官"・小沢両氏の支持率は、テレビ出演や街頭演説などで小沢氏と"官"の「理念」と「志」と「力量」と「人間性」の差が明確になった後も、代表選告示前から最後まで殆ど変わらない同じ数字が、毎日のように繰り返し報道されました。

※捏造世論調査:数字の捏造もさることながら、世論調査自体を行わず、勝手にメディアと"官"直人陣営が求める数字を垂れ流していた、そのようなこともあったであろうと考え、「捏造」を付加してあります。

実際各メディアは、党員・サポーター票での大差が勝敗の決定的な要因である旨の論説ばかりです。
異様な程、連日報道されたメディア一律の横並び捏造世論調査の数字は、「討論会や街頭演説などで小沢一郎に対する印象が変わった」国民が、不正に操作された党員・サポーター票の数字に違和感を持たぬよう、国民の潜在意識に擦り込まれるまで、執拗に報道し続けたものと思われます。

それにしても、悔しいですが。。。やはり当初からの不安が。。。民主党の選挙管理委員会も買収されていた、ということでしょうか?
願わくは、メディア、民主党選管、開票作業員、民主党員、サポーター、地方議員、国会議員、これらの中から心ある何方かによる内部告発はないものかと、期待しています。

気弱な地上げ屋サン によると、代表選当日の"官"直人陣営の最後の総決起集会にも、220名用意した椅子に対し130名程しか集まらなかったということです。
その後、「不正開票作業」の結果を「誰か」が各議員にリークし、そして哀しいことに、勝ち馬に乗りたいという政治家の性が、今回の国会議員票の結果をもたらした、ということなのでしょう。

しかし私は、国会議員票の開票作業においても「不正開票作業」が行われていなかったか? 疑念を持っています。
選管が買収されていれば、何でもやりたい放題です。民主党だけの問題ではありません。「官」(凌雲会)政権のような欺瞞に満ちた独裁政権が続く以上、今後、日本の選挙を民主的、誠実に実施するためには、選挙管理委員を監視する仕組みをつくっておく必要があると思います。
もちろん、現政権下では不可能な話となりますが。。。

長くなりそうなので、不正選挙についてはまた改めて書きたく思います。

さて、代表選投開票日が迫った9月11日、「小沢革命へ! 総力で民主党国会議員への働きかけを!」 と呼びかけましたが、その最後に「"官"直人支持の民主党国会議員リスト」 を紹介しました。
代表選も終了した今、"官"直人にとってこのページは不要となりいずれ削除されるのではないかと思い、記録として残しておくために、以下、今回"官"直人を支持した国会議員の氏名を掲載しました。

代表選終了後の現在、"官"直人支持を表明した国会議員は143名(支持表明118名 推薦人25名)です。
ページ冒頭には、「現時点で菅直人支持を表明した国会議員を掲載しています。」「サイト管理者が把握している国会議員のみを一覧で掲載しています。特に、事務所や本人への確認はとっておりません。」と、正直にかかれています(笑)。
選挙期間中の文言から変わってますね。

実際は、この143名が精一杯の"官"直人支持の現実だったのですね。なのに国会議員票が412ポイント??

顔写真は"官"直人のHP を見ていただくとして、国民に対する背信の結果として、次回の選挙で落選すべき143名の氏名を下記の通り掲載しました。

尚、"官"直人氏の応援議員(民主党所属の市区町村議会議員および都道府県議会議員)一覧もありますので、こちらも落選させるべき候補者リストとして、地方選でお使い下さい。(http://bit.ly/alXkrc


::::2010年民主党代表選挙において"官"直人を支持した売国者リスト::::

仙谷由人   長島昭久   田嶋要   山井和則   阪口直人
玉木雄一郎  三村和也   藤本ゆうじ 村越ひろたみ 松浦大悟
広田一    前川清成   寺田学   藤末健三   馬淵澄夫
枝野幸男   安住淳    加藤公一  手塚仁雄   阿久津幸彦
本多平直   福山哲郎   古川元久  直島正行   古本伸一郎
細川律夫   小川勝也   高井美穂  湯原俊二   後藤祐一
藤田憲彦   斉木武志   柴橋正直  橋本博明   稲富修二
稲見哲男   田村謙治   すとう信彦 小宮山洋子  逢坂誠二
泉健太    生方幸夫   大串博志  大西健介   岡田康裕
小川淳也   小原舞    柿沼正明  神山洋介   城井崇
黒岩宇洋   三谷光男   池田元久  近藤洋介   斉藤進
笹木竜三   篠原孝    末松義規  高井崇志   高邑勉
竹田光明   武正公一   津川祥吾  仁木博文   西村智奈美
花咲宏基   平山泰朗   松本大輔  森岡洋一郎  谷田川元
山田良司   柚木道義   津村啓介  横光克彦   荒井聰
渡辺周    近藤昭一   平岡秀夫  石毛えい子  田島一成
森本哲生   中川治    宮崎岳志  阿知波吉信  小山展弘
高橋昭一   吉川政重   工藤仁美  中島政希   桑原功
玉木朝子   斎藤勁    藤田大助  小室寿明   高橋千秋
谷博之    榛葉賀津也  辻泰弘   増子輝彦   芝博一
金子恵美   加賀谷健   長浜博行  徳永久志   今野東
難波奨二   石橋通宏   田中慶秋  横粂勝仁   松野信夫
松野信夫   柳沢光美   網屋信介  打越明司   三日月大造
山根隆治   大野元裕   ツルネン・マルティ

推薦人
井戸正枝   岡田克也   岡本充功  金森正    菊田真紀子
玄葉光一郎  土肥隆一   中川正春  長妻昭    野田佳彦
鉢呂吉雄   藤田一枝   藤村修   前原誠司   牧野聖修
山尾志桜里  渡部恒三   石井一   江田五月   大河原雅子
岡崎トミ子  北澤俊美   白眞勲   林久美子   蓮舫蓮舫

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

最後に、「私には夢があります」と、世界に紹介されるべき歴史的名演説をされた小沢一郎氏の決意表明を掲載します。
「小沢主義」 に書かれた信念と魂が込められた「私には夢があります」以下の言葉は、私の価値観と強く共鳴しました。

この演説を聴いても尚"官"直人に投票した国会議員は、価値判断基準において国民のそれとは乖離した、亡国推進議員です。


2010年民主党代表選挙当日 小沢一郎氏の決意表明

 お集まりの皆様、そして国民の皆様、小沢一郎でございます。皆様には今回の代表選の期間中、菅(直人)総理と私の主張をお聞きいただき、また、激励していただきました。ここに、まずもって心からお礼を申しあげます。

 また、昨年来、私自身にかかわることで、同志の皆様を始め、国民の皆様に大変、ご心配とご迷惑をおかけしたことを、この機会に心からおわび申しあげます。

 さて、今回の立候補にあたっては、今日の危機的な政治経済事情の中で、果たして自分にその資質があるだろうか、政治の最高責任者として国民の生活を守るというその責任を果たすことができるだろうか、と本当に悩み、自問自答いたしました。それにもかかわらず立候補を決意をしたのは、今、政治を変えなければもう間に合わないという、私の切実な思いを正々堂々、世に問いかけたかったからであります。

 思い起こせば、私は27歳で衆議院議員に初めて立候補した際、選挙公報にこうつづりました。「このままでは日本の行く末は暗澹(あんたん)たるものになる。こうした弊害をなくすため、まず官僚政治を打破し、政策決定を政治家の手に取り戻さなければならない」と。意志なき政治の行き着く先には国の滅亡しかありません。日本は敗戦を経て本質は変わっていないのではないか。若かりしころの、感じたその思いは初当選以来、いまなお変わっておりません。

 今日、わが国はデフレによる経済の収縮、少子高齢化の既存の社会制度のギャップによる不安など、経済も社会も危機的な状況に陥っております。

 世界で最も層が厚かった中間所得層が解体され、ごく少数の富裕層と数多くの低所得層への分化が急速に進んでおります。日本が誇った社会保障制度も崩れつつある中、2年後には団塊の世代が年金受給者となる日を迎えます。

 今、日本は、最も大事にされなければならないお年寄りがいなくなっても誰も気づかず、また、就職できない多くの若者が絶望感にさいなまされ、若い親が育児を放棄しわが子を虐待する。もはや高度成長がいろいろな問題を覆い隠してくれた時期はとうに過ぎ去って、社会の仕組みそのものが壊れています。そしてまた、日本人の精神風土も興廃し始めていると思います。

 今、ここで政治を見直し、行政を見直し、国のあり方を見直さなければ、もう日本を立て直すことができないのではないかと思います。多くの国民の皆さんも同じように感じていたのだと思います。昨年、われわれ民主党に一(いち)縷(る)の思いを託し、政権交代を実現させていただきました。しかしもう1年が過ぎ、残された任期はあと3年であります。

 私たちは今、直ちにこの3年間を国の集中治療期間と位置づけ、徹底した改革を断行し、実行していかなければなりません。しかしその改革は明治維新以来140年続く官僚主導の政治を、根っこから国民主導、政治主導に変えなければとても成し遂げられるものではありません。私の頭の中を占めているのはその思いなのであります。

 しかし、私は官僚無用論を言っているわけではありません。日本の官僚機構は世界に冠たる人材の集まっているところであると考えております。問題は政治家がその官僚をスタッフとして使いこなし、政治家が自分の責任で政策の決定と執行の責任を負えるかどうかということであります。

 私は40(歳)代でたまたま国務大臣、自民党幹事長に就任するという機会があり、国家はどう運営されているのか、その実態を権力の中枢でつぶさに見続けて参りました。そこで見た官僚主導の、例えば予算作りでは、各省のシェアが十年一日のごとくほとんど変わることがありませんでした。官僚組織というのはそういうものであります。

 その中で私は、自民党の中にいながらこの改革は無理であることを骨身に染みて分かりました。だからこそ、政権与党である自民党を飛び出して、真にしがらみのない政党を作り、政権を変えるしかないという決意をもってこの17年間、政治活動を続けて参りました。

 改めて申しあげます。昨年、政権交代が実現したのは、こんな日本を何とか変えてくれ、という国民の悲痛なまでの叫びからだったはずであります。この声に応えようと、菅総理大臣始め閣僚の皆さんが一生懸命に取り組んでおられることを否定をするものではありません。

 しかし、政治と行政の無駄を徹底的に省き、そこから絞り出した財源を国民の生活に返すという、去年の衆院選挙マニフェストの理念はだんだん隅においやられつつあるのではないでしょうか。実際に来年度の予算編成は、概算要求で一律10%カット。これではこれまでの自民党中心の政権と変わりません。財政規律を重視するという、そういうことは大事なことではありますけれども、要は官僚の抵抗で無駄を削減できず、結局マニフェストを転換して国民に負担をお願いするだけではないでしょうか。これでは本当の意味で国民の生活は変わりません。

 私には夢があります。役所が企画した、まるで金太郎あめのような町ではなく、地域の特色にあった町作りの中で、お年寄りも小さな子供たちも近所の人も、お互いがきずなで結ばれて助け合う社会。青空や広い海、野山に囲まれた田園と大勢の人たちが集う都市が調和を保ち、どこでも一家だんらんの姿が見られる日本。その一方で個人個人が自らの意見を持ち、諸外国とも堂々と渡り合う自立した国家日本。そのような日本に作り直したいというのが、私の夢であります。

 日本人は千年以上前から共生の知恵として、和の文化を築きました。われわれには共生の理念と政策を世界に発信できる能力と資格が十分にあります。誰にもチャンスとぬくもりがある、豊かな日本を作るために、自立した国民から選ばれた自立した政治家が自らの見識と自らの責任で政策を決定し実行に移さなければなりません。

 そして、霞ヶ関で集中している権限と財源を地方に解き放ち、国民の手に取り戻さなければなりません。そのため、国のひも付き補助金を順次すべて地方への一括交付金に改めます。これにより、地方では自主的な町作りやインフラ整備が可能になります。国、地方を通じた大きな節約効果と、そして地域経済の活性化が期待できます。また、地域での雇用が生み出され、若者がふるさとに帰り、仕事に就くこともできるようになります。

 また私は、国民健康保険、介護、生活保護などに対する補助金、15兆円を社会保障関係費として、一括地方に交付します。これにより各地方の実情に合わせて、また地方の知恵を生かして、より効率的な福祉行政が行える仕組みに改めます。われわれに期待されているのは、いびつになってしまったこの国の形と日本人の生活をもう一度蘇らせる大改革なのであります。

 国民の皆さんにご負担をお願いするのは、ここにいる皆さんがありとあらゆる知恵を絞って、できることすべてに取り組んでからでいいはずであります。そしてそれが、昨年の総選挙で民主党と国民との約束でなかったでしょうか。

 政府・与党の政策の一元化のもと、改革を実行するのが民主党です。政府が作成した法案に、後から与党議員が意見をいう、自民党と同じような事前審査の仕組みではありません。私は政府と与党の議員、誰もが対等に話し合って、政策を一から作り上げる、全員野球の態勢を積極的に進めたいと考えております。

 また外交政策においては、日米関係は、わが国にとり最も重要な二国間関係と考えております。日中、日韓関係は、日米関係に次いで重要な二国間関係であり、長い歴史を踏まえ、今後、政治、経済、文化とあらゆる分野で協力関係を深めていかなければなりません。

 特に拉致問題については、みずから対策本部長として全力で取り組みます。国際関係はまず市民の心の交流こそが必要であるとの認識のもと、実際私は長年にわたり、草の根交流を続けております。さらには日中韓3カ国の協力のもとで、環太平洋諸国も含む東アジア共同体を推進したいと考えております。

 また農業、漁業の戸別所得補償制度の充実を前提として、EPA(経済連携協定)、FTA(自由貿易協定)を始め、広域的な経済連携も積極的に推進いたします。

 景気対策とデフレ克服にも最優先で取り組まなければなりません。日銀法改正などの制度改革や、インフレターゲット政策も視野に入れるなど、金融政策と財政政策の両面からあらゆる手段を講じます。

 また、人と人との新たなきずな作りにも取り組みます。民主党として新しい公共の考えを積極的に届け出、NGO(非政府組織)やNPO(民間非営利団体)をはじめ、ボランティアや企業の社会貢献活動を積極支援するとともに、政府の持つ情報もできる限り開示いたします。

 衆議院の解散総選挙はこうした改革に与えられた任期を費やして、その結果を出してからのことであります。官僚支配の140年のうち、40年間、私は衆院議員として戦い抜いてきました。そしてようやく官僚機構と対立できる政権の誕生にかかわることができました。われわれは国民の生活が第一の政治の幕開けにやっとこぎつけたのであります。

 官僚依存の政治に逆戻りさせるわけにはいきません。それはとりもなおさず、政治の歴史を20世紀に後戻りさせることになるからであります。私は代表になってもできないことはできないと正直に言うつもりであります。しかし、約束したことは必ず守ります。

 こう断言できるのは官僚の壁を突破して、国民の生活が第一の政治を実行するのは、最後は政治家の志であり、改革のきずなで結ばれている皆さんとなら、長い時代の壁を突破できると信じるからであります。そして私自身は、民主党の代表すなわち国の最終責任者として、すべての責任を取る覚悟があります。

 今回の選挙の結果は私にはわかりません。皆さんにこうして訴えるのも、私にとっては最後の機会になるかもしれません。従って最後にもう一つだけ付け加えさせてください。

 明治維新の偉業を達成するまでに多くの志を持った人たちの命が失われました。また、わが民主党においても、昨年の政権交代をみることなく、志半ばで亡くなった同志もおります。このことに思いをはせるとき、私は自らの政治生命の総決算として最後のご奉公をする決意であります。そして同志の皆さんとともに、日本を官僚の国から国民の国へ立て直し、次の世代にたいまつを引き継ぎたいと思います。

 そのために私は政治生命はおろか、自らの一命をかけて全力で頑張る決意であります。皆さんのご指示、ご理解をお願いいたしまして、私のごあいさつといたします。ありがとうございました。



■必読! 民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」

2010年(平成22年)2月9日の衆議院予算委員会での質疑から全文掲載

■必見!必読! 緊縮財政・増税論に騙されるな!消費税増税の必要はない!

   (平 成22年2月24 日 衆議院予算委 員会公聴会から)

▽二宮厚美・神戸大大学院教授
「今 こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽菊池英博・日本金融財政研究所所長
「経済のイ ロハを知っていれば考えられない旧政権によるデフレ下の緊縮財政」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽下地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑]
「旧政権では国民から徴収する消費税が、財 界のための法人税減税の財源に使われていた」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト

■以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏 の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」

【お願い】

植草一秀氏のブログ人気ブログランキング 応援のクリックをお願いします。 

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« いよいよ今夕、日本の未来が決します!~Caccyo通信100914 | トップページ | 求む!内部告発! さあ、勇気を出して 2010 民主党代表選に関わる情報を! »

民主党代表選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小沢大先生バンザイ!
小沢先生を支持しない日本国民は売国奴だね!
民主党議員の大半も国賊だ!

投稿: | 2010年9月24日 (金) 13時44分

Caccyoさん

いつもありがとうございます。
どうなることやら。。。 ですね。
仙谷は今後も間違いなく、小沢さんの政治生命を絶つつもりで仕掛けてきます。
直近では検察審査会での「起訴相当」議決ですね。

投稿: 利他不動 | 2010年9月23日 (木) 07時39分

なんでもカンとセンゴクらが組閣した新閣僚のうち、22名が代表選カン支持派で、
小沢さんに投票したのは海江田さんともう一人だけ…計2名なんだとか!!!???

すんごい挙党内閣が出来たものです!
それにしても岡田幹事長で挙党体制を作ろうという
カンのスッカラカンのアタマにはあきれ果ててしまいます!!!!(@_@;)!!!!

さあ、小沢さんの次の出番はいつになるのか???(^_^;)

投稿: Caccyo | 2010年9月17日 (金) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/49463851

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢の歴史的名演説を聴いても尚、国民への背信を行った"官"支持の国会議員たち:

» 小沢の歴史的名演説を聴いても尚、国民への背信を行った"官"支持の国会議員たち [ブログ拾い読み]
父さんの日記http://rightaction.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-d7b2.html今回の民主党代表選の結果はご存じの通りです。当ブログに訪問し... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 12時52分

» 「小沢一郎拒否症候群」についての考察 [逆説、そして徒然と…]
ようやく出張から帰還しました。 9月14日の民主党代表選では、党員・サポーター票について、重大かつ致命的な疑問点がいくつもあります。9月15日付当ブログ記事「ひとたび敗北はしたものの諦めてはいけない!!」 に寄せられた読者からのコメントにもありますとおり、①無効... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 20時12分

» 酷過ぎる菅直人改造内閣人事と、菅一派による不正選挙疑惑付き纏う9・14民主党代表選 [逆説、そして徒然と…]
1.菅直人改造内閣・菅民主党改造執行部について (1)改造内閣名簿 内閣総理大臣:菅直人 総務大臣・内閣府特命担当大臣(地域主権推進・地域活性化担当):片山善博(元鳥取県知事。慶応大学教授) 法務大臣・拉致問題担当大臣:柳田稔 外務大臣:前原誠司 財務大臣:野... [続きを読む]

受信: 2010年9月17日 (金) 19時02分

« いよいよ今夕、日本の未来が決します!~Caccyo通信100914 | トップページ | 求む!内部告発! さあ、勇気を出して 2010 民主党代表選に関わる情報を! »