« 「日米規制改革委員会」廃止を実現させた鳩山由紀夫氏の引退撤回を歓迎します | トップページ | 終戦の月に、沖縄の思いを知る2本の動画を見ました »

2010年7月30日 (金)

みんなで偽装党躍進と国民新党敗北の裏に「郵政金融資産略奪」を狙うハゲタカの策謀があったようです

ブログ「ジャーナリズム」さんが、今回の参議院選における「みんなで偽装」党の躍進と国民新党の敗北は「郵政金融資産略奪」を狙うハゲタカが絡んでいたという情報 を、7月18日付記事に書かれています。
「ジャーナリズム」さんは米国金融機関の月例会に出席されたのですが、そこでは以下転載する通りの会話があったようです。

外国人である米国金融機関がメディアを使い、自分たちへの利益誘導のために日本の選挙を操作していたという話です。これは、米国金融機関側にいる日本人からの内部告発といえるでしょう。「ジャーナリズム」さんは告発することに恐怖も抱かれたでしょう、しかし勇気を振り絞り、こうしてハゲタカ達の策謀を活字にして公開してくださったことに、心から感謝いたします。

まずは、「ジャーナリズム」さんの当該記事を全文転載します。


<転載開始>

■ハゲタカの戦略であった みんなの党の躍進 マスコミ買収
http://bit.ly/cAETPU


アメリカ側の金融機関の定例会(毎月)のに出席してきました

前にアメリカ在住の日本人が書いたもの日記に書きましたが

「マスコミは真実を伝えない 買収されたマスコミ報道」

どうやらあれは、事実です

まず、私が行ったら、

「亀井をつぶした、、ということで、祝杯。」 でした

その後は、郵政に資金が今、いくらあるか、というような話で

それから、やはり、マスコミ対策はかなりやって、成功させた

「みんなの党を躍進させた、国民新党をつぶした。もう、邪魔物の亀
井はいなくなった。」 と話してました

みんなの党は、郵政民営化をどんどん進める党だから、

彼らにはいいです 
あと、自民党の小泉進二郎もいます

「みんなの党が、10議席 今回とった。みんなの党は、郵政民営化推進派だから、党首は渡辺という。」

「よかった。」

「しかし、国民新党があと2議席残っている。」

「国民新党は、次回の選挙で消える。」

「みんなの党が今回10議席とったので、うまくいく。」

と今日は、大変、うれしそうで、意気盛んでした

郵政の資金を凍結した、「亀井」の名前は、憎たらしいと、
最後まで何度も、聞かされました。

「亀井を選挙でつぶした。」 「民主国民連立を解体した。」
ので、今日は、祝杯でした

早く、郵貯の資金を彼らに流してもらおうと、戦略、練っています

「これで、うまくいくだろう、もし、ことがまた、頓挫したら、

上のレベル、アメリカ政府のトップレベルから、日本政府に圧力かけてもらおう」

とういうことになりました

もう、アメリカ、イギリスの金融機関と会計事務所が、郵貯、簡保の資金を狙って、待ち構えております

今、コマーシャルでも、非常にアメリカの保険のコマーシャルが増えていると思います 

何か、マスコミに資金を流したか、圧力かけたようです 

日本のマスコミは、アメリカ側から、多額の金をもらっています

それに、私は、初めて様子を見てこようと、参加したので、これまでのことはわかりませんが、

「郵貯、簡保の資金が彼らに流れて、3重のメリットが、ある」ようです

そのようなことを話して、うれしそうにして、会議は終わりました

なにが3重なのか、これまで参加していないので、よくわかりませんが、

綿密に、戦略をたてています

「みんなの党の渡辺」は「第二の小泉」になるかもしれませんね

日本の国民は、亡国
まったく国民の利益を考えないで、アメリカ、イギリス、金融機関に
郵貯、簡保の資産を、おそらく、ただ同然で、流すでしょう

そうするための戦略は、綿密に練られています

郵政の中にアルバイトを忍ばせて、システムエラーを起こさせる
トラブルを起こさせる
JALと同じく、トラブルを頻発させるか、
どんどん郵政を悪くする。
郵政が大変な赤字会社とマスコミを通じて宣伝する

郵貯、簡保の株式を
こんな赤字会社は、ただでも、買ってくれるところがあればいいと

ただ同然で、彼らに流れるか

あるいは、上場させて、空売りをして、どんどん値下がりさせて、利益を得るか、
何か、たくらんでいますね

3重のメリットといっていましたから。

日本の国民ははっきりいって、馬鹿です
マスコミも、政治家も売国奴ばかりです

彼らと、たったひとりでからだを張って戦っていた亀井さんが、
気の毒でした

私は、その会議に出席をしていて、会長の目をまともに、見られなかった

彼らにとっては、亀井は憎憎しいやつ、彼らの利益と計画を阻止する奴

しかし、私にとっては、日本人にとっては、大変、国の利益を考えてくれる尊敬している人物

まったく、利益が逆になるので、

複雑で、、今、気持ちはとても、暗い 

しかし、計画が頓挫すれば、アメリカ政府の上のレベルから、もっと圧力がかかるでしょう

日本は、亡国、国というもの、日本の政府というのが、ないですね

亀井さんひとり戦っていた。もう、つぶされてます。

ひとりでは、無理でしょう

日本には、国も、政府もないですね

亀井さんは、頭のいい人ですから、おそらく、この結果を選挙前からわかっていたのでしょう だから、国会を延長して、なんとか、郵政改革法案を通してほしい、と民主党に依頼したのですね


<転載終了>


彼等ハゲタカはマスコミを使って「亀井静香を潰し」、その祝杯を挙げたようです。小泉竹中売国政権当時、外資系ファンドの集まりで「ウエクサはガリレオだ。ガリレオを火あぶりにしろ!」と、彼等は植草一秀氏のことを口々に非難(売国者たちの末路  94~97頁)、そして植草氏は捏造された事件の犯人へと陥れられました。今回の亀井静香氏と国民新党は、植草氏のような事件ではなく選挙で、抹殺されました。
彼等ハゲタカ外資は、自らの目標達成の障害となる人物・組織を、マスコミや政治力を使い貶めます。彼等ハゲタカの達成目標は「日本の金融資産完全略奪」です。

2001~2003年当時の小泉竹中売国政権は、緊縮財政、貸し渋り・貸し剥がし、不況時の時価会計・減損会計導入などの亡国政策を行い、人為的に不況を生み出し日本を陥れました。政権発足当時14,000円だった日経平均株価を2003年4月には7,600円まで暴落させたのです。一方では、2002年から2004年にかけて、史上希に見る為替介入を行いました。2003年1月から2004年3月までの15ヶ月間で35兆円ものドル買い介入を行い、米国債を引き受けています。

米国債を引き受けるということは、米国に資金供給することです。この「日本からの仕送り」のお陰で、米国は、低金利・好景気・空前の株高となり、そこで出た余剰資金が日本に還流をし、大暴落した日本の株式を底値で外国人が買い漁りました。こうして日本企業でありながら「外資」となってしまった企業が続出しました。

※参照:民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」


植草一秀氏は、このことと「りそな銀行のインサイダー疑惑」も含め 一連の小泉竹中売国政治を批判している最中、売国対米隷属主義者たちが捏造した事件に巻き込まれたのです。


日本の宗主国である米国は「日本郵政の米営化」を絶対に諦めません。米国が国家破綻状態ともいえる現在、「郵政米営化」への意思は小泉竹中売国政権時代にも増して強く、恐ろしいほどの執念を感じます。
参議院選の前日に書いた通り 、米国は自国の延命のためにも、郵政の金融資産が必要なのです。そのための日本の国富略奪計画は陰険且つ巧妙に仕掛けられていました。

小泉竹中売国政権が行ったような、「意図的に不況を生み出す」「特定企業の株価を操作し外資に安値で買い占めさせる」などの手段は、金融覇権を狙う人間達の常套手段です。
最近起こった郵政のシステムトラブルに限らず、郵政の信用や実績を落とすために事故や不祥事などの工作を行うことは容易に想像できます。株式公開された郵政の株価が暴落するときを、ハゲタカと外資企業、外資が大株主となった日本企業が待ち受けています。

米国政府とハゲタカ、外資企業たちにとって日本郵政を乗っ取ることは、「300兆円以上の金融資産を手に入れる」ことです。「3兆円近い不動産を手に入れること」です。「日本国債の最大の引受先を押さえること」です。


郵便局勤務の私の知人の手記 には、参議院選前であるが故、公開を差し控えた部分が多くありました。本稿の最後に、その中から、国民新党の支持率に関する報道に触れられた部分を引用します。

民放はもとより、公共放送として公平・公正を装っているNHKも私は信用していない。(否、公平・公正と思わせている分、むしろ民放よりもタチが悪いとも言える。)
6月末の政党支持率の調査結果では、なんと国民新党は無視されているのである。いくら少数政党とはいえ、これまでの0%に近い国民新党の支持率には疑問を持っているし、亀井元大臣が民主党との約束を反故にされながらも、4時間悩んだ末の苦渋の決断によって、今でも連立与党を維持しているにもかかわらず、である。明らかに国民新党の存在を国民の目から逸らさせようとする恣意性、投票しても死に票になるぞ、という悪意が感じられるのである

本稿はここまでとし、改めて続きを書きたく思います。



■必読! 民主党・小泉俊明議員による「小泉竹中売国政治の総括」

2010年(平成22年)2月9日の衆議院予算委員会での質疑から全文掲載

■必見!必読! 日本は財政危機ではない! 消費税を上げる必要もない!

   (平 成22年2月24 日 衆議院予算委 員会公聴会から)

▽二宮厚美・神戸大大学院教授
「今 こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽菊池英博・日本金融財政研究所所長
「経済のイ ロハを知っていれば考えられない旧政権によるデフレ下の緊縮財政」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

▽下地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑]
「旧政権では国民から徴収する消費税が、財 界のための法人税減税の財源に使われていた」
 ⇒衆議院テレビで映像を観る   ⇒質疑の会議録を活字で読む

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト

■以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏 の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」

【お 願い】

植草一秀氏のブログ人気ブログランキング 応援のクリックをお願いいたします。 

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 「日米規制改革委員会」廃止を実現させた鳩山由紀夫氏の引退撤回を歓迎します | トップページ | 終戦の月に、沖縄の思いを知る2本の動画を見ました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

郵政問題 年次改革要望書」カテゴリの記事

コメント

ナゴヤン様

コメントありがとうございました。
亀井さんのこと、みんなで応援しましょう!
ネトウヨって、ブンブンうるさいハエのようなものですが、何よく効く殺虫剤でもあるといいですね(笑)。

投稿: 利他不動 | 2010年8月17日 (火) 07時50分

亀井さんが私利私欲のために郵政民営化を主張しているわけではないのはよくわかります。レッテル張りをするつもりは全くありませんが、国民新党も亀井さんも国益を考えた真の右派だと思います。でもその亀井さんや国民新党を叩くネトウヨって何様のつもりでしょう。単なる反日売国奴であり、親米嫌韓厨だと思います。

※ネトウヨ対策でHNを変えました。

投稿: ナゴヤン | 2010年8月 7日 (土) 18時27分

abさま

コメント感謝いたします。

abさまの現在の心情は、多くの方が共有されているものと思います。
まさに「国民のレベル以上の政治家は生まれない」という現実を見せつけられていますね。
いま起きている全ては戦後のGHQ支配下での「日本弱体化計画」の成果だと思います。

投稿: 利他不動 | 2010年8月 6日 (金) 23時51分

ろくぶんぎ様

こちらこそ、ご無沙汰してしまいました。
私の方は、疲労と時間が取れないことで、なかなかブログもツィッターも更新できずにおります。

ジャーナルさんの件、情報拡散にご協力いただき、感謝いたします。
「逆説、そして徒然と…」は、専門的な事柄を分かりやすく詳細かつ丁寧に、加えて過激に(笑)書かれているので、誰もが楽しみながら情報収集し覚醒できる、素晴らしいブログですね。
ブログ、ツィッターともに、今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: 利他不動 | 2010年8月 6日 (金) 23時46分

そのブログにも書かれてるでしょ。国民が馬鹿なのが一番の致命傷なんですよ。馬鹿というか、自分の事しか考えなくなったって事でしょ。この5年で民主党+国新+社民らが勝ったから、悟ったと思っていたら、そうではなかった。民主党にもおかしなのがゴロゴロいたのが政権交代後にハッキリした。

国民がアホなのが、一番の致命傷なんですよ。そして、国民をアホにする様々な手が打たれてきたでしょう。アホな人間ばかりの中、自分は茫然自失ですよ。亀井さんは強いので頑張っていますが、どーにもならない

投稿: ab | 2010年8月 6日 (金) 17時33分

管理人様>

ご無沙汰しまくっておりまして、申し訳ございません。
学匪どもを晒す企画を弊ブログで進めていたら、ツイッター上で財務省云々で論争?を持ちかけられ、ブログ上でその対応に追われていましたw

当記事については弊ブログで全文転載させていただきました。これはぜひみんなで共有すべき情報であり、共有することで「ジャーナリズム」さまの身を守ることができると思ったからです。

投稿: ろくぶんぎ | 2010年8月 4日 (水) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/49009839

この記事へのトラックバック一覧です: みんなで偽装党躍進と国民新党敗北の裏に「郵政金融資産略奪」を狙うハゲタカの策謀があったようです:

» 政権交代のおかげで「日本」の支配者の姿が見える。 [ゆきひろ・社会科日記]
7月29日民主党の両院議員総会が開かれ 6月に政権に就いたカン政権の国民裏切り政策に 多くの批判がされたと報道されている。 しかし実際のマスコミ報道は 批判5に対し擁護4ぐらいであるとの 報道姿勢です。... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 16時39分

» 主権国家の気概が問われる普天間問題! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
画像はクリックで拡大します。主権国家の気概が問われる普天間基地問題!官僚頼みで統 [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 00時36分

» アジェンダ嘘吐き党の蠢動はハゲタカ外資がお膳立て [逆説、そして徒然と…]
ブログ「父さんの日記」さまが、2010年7月30日(金)付のブログ記事で、タイトルの件について触れておられる。 URLは、http://rightaction.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-be3f.html  。 重要情報であり、アジェンダ嘘吐き党のこれ以上の蠢動は食い止めねばならないと... [続きを読む]

受信: 2010年8月 4日 (水) 18時17分

» ハゲタカの戦略であった みんなの党の躍進 マスコミ買収 [ジャーナリズム]
アメリカ側の金融機関の定例会(毎月)のに出席してきました 前にアメリカ在住の日本 [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 03時05分

« 「日米規制改革委員会」廃止を実現させた鳩山由紀夫氏の引退撤回を歓迎します | トップページ | 終戦の月に、沖縄の思いを知る2本の動画を見ました »