« 鳩ポッポ応援団~メディアの嘘を暴け!!(下)~Caccyo通信100417 | トップページ | 小沢一郎が「起訴相当」? これはもう私たち主権者国民と検察・マスコミとの闘いである。 »

2010年4月26日 (月)

徳之島に続き沖縄でもNO! 駐留米軍問題は鳩山・小沢コンビの思惑通り国民運動へと展開されているようだ

体力的・時間的に過激な日々が続いており、気がつけばブログ更新を1週間サボってしまった!
ということで、久しぶりに更新させていただくが、手短に、簡潔に、まとめたい。

4月18日の徳之島での米軍基地反対集会に続き、昨日(4月25日)沖縄県民大会に9万人が集まり、普天間基地の県外・国外移設を要求した。普天間基地移設を中心とした駐留米軍反対運動については、徳之島や沖縄だけでなく、国内各地で小規模な集会やイベントも開催されてきていたが、徳之島と沖縄での計10万人に及ぶ反対集会のインパクトは大きい。
これはもはや国民運動と捉えられる。これで「駐留米軍は不要」との国民の意思表示を示すことができた。

この問題では、鳩山首相がまだ何も具体的な発言をしていないにもかかわらず、マスコミが反鳩山政権を煽ってくれたお陰で、この件での怒りを政府に向ける地元の方もいるようであるが、怒りの矛先は米国と旧政権に向けるべきものなのである。しかしそのような地元住民の皆さんも、今暫く待てば、歓喜で迎えられる決定を知ることができるのではないか。

今回の国民運動による県内・国内への移設反対の意思表示は、小沢幹事長と鳩山首相が練った戦略が上手く機能していることを示していると思う。二人が狙った通りの結果が出ているのではないか。
県内・国内反対(というよりも駐留米軍を拒否)の意思表示を日本政府としてでなく、国民の意思として表明することができたことが最大の成果であり、小沢・鳩山両氏の落としどころであったと、そのように思えてならない。

普天間基地と駐留米軍に関する米国からの対日圧力は、オバマ大統領を包囲し、実際大統領の足かせともなっている米国の軍産複合体によるものである。かれら「過激派」からの恫喝に対し日本政府の意思だけで対抗するには力不足であり、国民運動による反米・反米軍運動が必要である。そのように私は思ってきた。
そして今回、小沢・鳩山ラインは反政府のマスコミを利用して国民感情を高め、その結果国民による意思表示がなされた。

今後、日本政府と米国との交渉案件は、普天間基地海外移設の費用負担の問題に移るだろうと思う。
当初はグアム移転のはずであったが、ここにきて米国自治領北マリアナ諸島のテニアン島が移設先に立候補したこともあり、どこに移設するかで米軍が要求する移設費用が変わってくる。
もともと米国は、駐留米軍の維持も普天間移設も、日本からの資金援助を前提に動いている。グアム移転であれば「旧政権が約束した通りの額を支払う」ことになるのではないか。

今回はここまで。


■必見! 日本は財政危機ではない! 消費税を上げる必要もない!

二 宮厚美・神戸大大学院教授 
菊 池英博・日本金融財政研究所所長 
下 地幹郎(国民新党) [消費税に関する質疑] 

■私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト
鳩山内閣 メールマガジン 
ハトミミ.com

■以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主 権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒 否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏 の 「知 られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売 国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」


【お 願い】
 植 草一秀氏を応援される皆様には、日本再生に向け、是非 植草氏のブログ  から 人気ブログランキング  に入り、応援のクリックをお願いいたします。 ブログランキングを圧倒的数字で維持し、歩を進めましょう。

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 鳩ポッポ応援団~メディアの嘘を暴け!!(下)~Caccyo通信100417 | トップページ | 小沢一郎が「起訴相当」? これはもう私たち主権者国民と検察・マスコミとの闘いである。 »

米軍基地 沖縄」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

麻衣プリン様
リニモ1号様
ろくぶんぎ様

コメントありがとうございました。

>麻衣プリン様
指摘されたことが、一般には全く伝わらないのですね。こまったものです。
抑止力の件も、中国については現在もこれからも米国に対する最大の債権国ですし、米国は中国との連携強化を政治的な最重要課題として進めていますから、日米同盟下での中国の脅威はないですよね。
それよりも米中協力しての対日圧力が今後仕組まれていくような、そんな不安があります。

前原君は、近い将来小沢主導の政界再編で追い出されると思っています。それまでの我慢ですね。

>リニモ1号様
>ろくぶんぎ様
似非右翼は論理破綻してますね。
でも、恐ろしく恐い団体さんらしいです。

米軍基地の機能はあくまで日本の復活阻止との話、同意します。
日本の戦後は、日米同盟と地位協定の見直し、そして検察・警察・法務・財務・外務の各省庁の改革、そこまでやって、やっと終わるのでしょう。
ちなみに、他の省庁はやる気になればいつでも改革できますからね。

投稿: 利他不動 | 2010年5月 6日 (木) 14時46分

明日来日するキャンベル国務次官補とのトップ会談が、今後の方向性を占う試金石になると思います。
利他不動さまの言われるように、資金面では自公政権との合意を尊重するとして実を取らせながら、
普天間基地の国外移設を勝ち取れば、双方ともにwinwinな結果となります。

沖縄は大喜び!支持率は反転上昇へ!参院選は万全!
鳩山政権は磐石の態勢へ!民主党内構造改革派排除へ!
税制体系の抜本的改革!~垂直的所得分配見直しへ
財政出動によって需給ギャップを補完し景気回復へ!
医療充実、教育負担軽減、福祉充実、生活保障、
安心できる社会を築いて、国民を絶望から救う!
そんな明るい日本の未来に向けた第一歩としたいものです!!!

投稿: かっちょ | 2010年4月27日 (火) 00時30分

リニモ1号さま>
罪涜会とか腫犬貝伏を求める会とかは右翼でも似非ですから。
大体、奴らが愛してやまない(と思う)日章旗で中国人を殴ったりしますからね、こいつら。
奴らの狙いは民族対立。
そうなればアメリカは腹を抱えて高笑い。
そんなことも分からないウルトラの馬鹿が罪涜会・腫犬貝伏を求める会です。

麻衣ぷりんさま>
>本来ならメディアは抑止力等日本の米軍基地機能を検証してその中で普天間の海兵隊がどおなるかを報じるべきです。なにも調べず(言わず)辺野古はダメ県外・国外と騒ぐのは異常です。

米軍基地の機能はあくまで日本の復活阻止です。
だからこそ首都圏にも多くの米軍駐留施設があるのです。反米政権が立てられればすぐに「クーデター」で鎮圧するために。89年のパナマみたいなもんですよ。
それと基地移設ですが、すこ~し調べればアメリカの星条旗新聞(アメリカ軍の新聞です。star and stripeでググってみてください)に、テニアン議会上院が普天間基地受け入れを決議した旨報じられています(27日に同下院でも々決議がなされる見込みです)。
日本のマスコミは見事にオール無視を決め込んでますが。

投稿: ろくぶんぎ | 2010年4月26日 (月) 20時11分

私は米軍の勝手気ままな振る舞いの背後には、人種差別もあるかと思います。「たかがイエローモンキーごときに」とか「ジャップなどどうにでもなれ」と考えているのでしょう。

話は飛びますが、やはりと言うべきか、在特会とか主権回復を目指す会は全く抗議しませんでしたね。在日特権をこれでもか、とばかりに振りかざすのみならず自分らも差別の対象にすらなっているのに、全く抗議しないことに連中の正体を垣間見た気がします。

投稿: リニモ1号 | 2010年4月26日 (月) 15時08分

3月末予算成立=腹案
5月末(6/16かも)民主党重要法案成立=具体案
去年から分かりきってた行動ですよね、野党(小池のおばさんはなんなんだ)もメディアも煽るだけ煽って異常です。本来ならメディアは抑止力等日本の米軍基地機能を検証してその中で普天間の海兵隊がどおなるかを報じるべきです。なにも調べず(言わず)辺野古はダメ県外・国外と騒ぐのは異常です。
軍事評論家の田岡俊次氏によると日本に残る海兵隊およそ800人の主な役割は中国等で暴投等が起きた時そこに住む(約12万人)アメリカ人を助けるのがメインです。助ける順番は①アメリカ人②グリーンカード保持者③アングロサクソン④その他の国の人となります。ちなみに日本は④その他です。過去に中近東かな暴動が遭った時日本人は断られドイツのヘリコプターに助けられた事例もあります。その事は当然条約に入ってますから政府は知ってます。アメリカのQDR等を見れば分かる事をメディアは伝えません。
長くなりました、そんなことより前原の馬鹿を何とかしてください。その昔偽装メールに始まりヤン場ダム・JALときてまたこれです。政治家のセンス零です。

投稿: 麻衣ぷりん | 2010年4月26日 (月) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/48185926

この記事へのトラックバック一覧です: 徳之島に続き沖縄でもNO! 駐留米軍問題は鳩山・小沢コンビの思惑通り国民運動へと展開されているようだ:

« 鳩ポッポ応援団~メディアの嘘を暴け!!(下)~Caccyo通信100417 | トップページ | 小沢一郎が「起訴相当」? これはもう私たち主権者国民と検察・マスコミとの闘いである。 »