« 山口一臣編集長からの続報 「検察の『抗議』に抗議」のウラ話 | トップページ | 連続する検索結果の不具合 犯人は nifty のようである »

2010年2月19日 (金)

今度は「みんなの党」も「渡辺善美 清和会」も、どの検索ワードも検索結果に不具合!

「父さんの日記」へのサイトアクセスはこのところ、1日あたり1,500前後でしたが、植草一秀氏のブログで取り上げていただいたお陰で、一気に最高3,691を記録しました(2月15日)。2月15~17日の3日間で9,197アクセス。これまでの2倍以上の数字です。(18日午後から何故かアクセス解析が不能となり集計は17日まで)
植草氏に取り上げていただいた記事「みんなの党」はこのたび「みんなで偽装」党へと党名変更いたしました 渡辺喜美氏(談) には3日間5.095アクセス! 「みんなの党」「みんなの党 清和会」「渡辺喜美 清和会」などでググってみると15~16日まで概ね1~3位など上位に表示されました!(植草一秀様、そして当ブログをご支援いただく皆様には心より感謝申し上げます。)

ちなみにアクセス解析を見てみると、検索エンジン(ほぼ9割がグーグル)からこの記事への訪問者は以下のようなワード・フレーズでアクセスされていました。
「みんなの党」「みんなの党 清和会」「渡辺喜美」「経済政策懇談会 資金管理団体」「渡辺善美 清和会」「経済政策懇談会 喜世会」「渡辺 森 資金管理団体」「喜世会 石川俊夫」「みんなの党 自民党 清和政策研究会」


ところが、17日以降アクセス解析が不能となった18日午後3時頃までの検索ワード・フレーズは?

あれ? 

「みんなの党」は? 
「みんなの党 清和会」は? 
「渡辺善美 清和会」は? 

なんにもない???

Googleだけではない! Yahooも! Gooも! BIGLOBEも! niftyも! なんにもない!!!  検索エンジンからのアクセスがアクセス解析に反映されていない!

Gppgleで検索結果の画面を何ページも進んでみたが、出てこない!
たまに出てきても3ページ目以降である。
こんなものなのかな?

植草一秀氏の 「みんなの党」=自民党別働隊の動かぬ証拠  と 森ビル・清和会・検察の抜き差しならぬ関係  も、アクセス数では他を圧倒しているはずだが、殆ど表示されない。たまに出てきても2~3ページ目である。
地獄への階段さんの喜美と喜朗、謎の政治団体、不思議な共通点 2 も同様であった。

「Googleさ~ん! お~い グーグルさ~~ん!」
あ、いや問うべきはGoogleではない。

「渡辺喜美さ~ん! みんなで偽装党のみなさ~ん! 何かご不満でも???」


もう一つ気がついた点は、2重に誤った情報である「渡辺喜美=経済政策懇談会(資金管理団体)」「森喜朗=喜世会(資金管理団体)」を引用したブログの表示が目立つことである。
正しい情報「渡辺喜美=喜世会(渡辺喜美支持者による政治団体)」「森喜朗=経済政策懇談会(森喜朗支持者による政治団体)」を引用した記事の方が少ない。
後々「ネットの情報は誤った認識に基づくもの」なんて釈明するための既成事実をつくりあげている。なんて書くと考えすぎと言われるだろうか?

まあ、「父さんの日記」も一人前に「操作対象」に加えられたということでしょうか?
もしかしたら名誉なことなのかも知れない。

厚生労働省の村木厚子さんのこと、原口総務大臣の裏金調査指示のこと、ネット上での世論調査のこと、久々に郵政のこと、さて次の記事をどうしようかと考えていたのだが、腑に落ちないことが続くのでこの記事を優先した次第。

どうか皆様、

植草一秀氏の 「みんなの党」=自民党別働隊の動かぬ証拠
地獄への階段さんの 喜美と喜朗、謎の政治団体、不思議な共通点 2
父さんの日記の 「みんなの党」はこのたび「みんなで偽装」党へと党名変更いたしました 渡辺喜美氏(談)

はなかなか検索に引っかからないようですので、積極的に転載してください。
どうぞよろしくお願いいたします。


私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト
鳩山内閣メールマガジン 
ハトミミ.com

以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」



【お願い】
 植草一秀氏を応援される皆様には、日本再生に向け、是非 植草氏のブログ  から 人気ブログランキング  に入り、応援のクリックをお願いいたします。 ブログランキングを圧倒的数字で維持し、歩を進めましょう。

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 山口一臣編集長からの続報 「検察の『抗議』に抗議」のウラ話 | トップページ | 連続する検索結果の不具合 犯人は nifty のようである »

「みんなで偽装」党 と渡辺喜美氏」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

名無しの投稿者 2010年2月19日 (金) 23時40分様
ポニー様

コメントいただきありがとうごさいます。

>名無しの投稿者様
植草さんは本当に国家の宝ですね。
与党が参議院選で勝ち、その後マスコミ改革まで進めることができたならば、彼らによる植草さんへの低劣な攻撃も心配がないと思いますので、その時こそ植草さんを政府のブレインに起用して欲しいと、願っております。
人間国宝の小沢一郎が国家の至宝植草一秀を政府の中軸に起用する。。。
申し訳ありません、ひとり勝手に夢を見ております。。。


ポニー様
「みんなで偽装」党代表の渡辺喜美さんは、小泉構造改革と官僚依存政治への回帰、そして郵政米営化復活を、陰でこそこそねちねち語らずに、堂々とマニュフェストに入れるべきですね。
それをしないから「みんなで偽装」党と命名されたのに、一体どこが不満なのでしょうね?

森ビルの石川さんは、私も同一人物であろうと思います。経済政策懇談会の代表者と森ビル(株)六本木ヒルズ運営本部タウンマネジメント室の課長さんが同姓同名であるとの情報を目にし、私が真っ先に思い浮かべたのが植草さんの「知られざる真実」に書かれていた、森ビルオーナーの森稔氏と小泉氏の緊密な関係のことでした。
「清和会」「小泉純一郎」「森ビル社長の森稔」このキーワードで、もう私の頭の中のパズルは完成しました。

小林議員の件は、ニュースになった時点で町村氏と検察のタッグであると直感しました。
今後、参議院選まではまだ他にも出てくる可能性ありますね。
実は、昨年の総選挙後、年内にこのような問題が浮上し、政権を揺さぶられることを懸念しておりましたが、なるほど、年が明け参議院選を意識するこれからの時期だったのですね。

投稿: 利他不動 | 2010年2月26日 (金) 01時19分

この問題は、是非国会でも追及していただきたいですね!みんなの党は最初から信頼してなどいませんでしたが、渡辺善美には「自分たちの党の問題を正してから、小沢幹事長を批判しろ!」と声を大にして言いたいです!!植草さまは、謝罪されていましたが、私は絶対に同一人物であると思っております。

民主党の小林議員の献金問題も、「反戦な家づくり」さまのブログを見たところでは、随分ときな臭い感じがします。選挙区自体が、自民の町村のおひざ元ですし、小沢幹事長のときと同じ、恣意的な捜査の臭いがしますね。こちらの「父さんの日記」さまでも追及していただけると嬉しいですhappy02

投稿: ポニー | 2010年2月20日 (土) 12時58分

植草一秀さんはテレビに出演されている時に、非常に感銘を受けて竹中とは比較できない優秀な経済学者と活躍を期待していました。事件(でっち上げ)が起きた時その時の報道を信用してしまい、がっかりしたのを思い出します。知人から飯山一郎のブログを教えてもらい、そこから植草さんのブログを読むようになり、その論理的なことから真実が見えてきたように思います。これからも世の中の正義を正しく見ることができるように、応援していきたいと思います。

投稿: | 2010年2月19日 (金) 23時40分

かっちょさん

私も植草さんの記事最後の謝罪文拝読しました。

まあ、同姓同名の他人と言われれば、「そうでしたか、それはすみません」になってしまいますね。

でも小沢さんに対してこれだけ「やってないことを説明しろ」と「説明責任」をマスコミと野党が言うなら、私としては石川さんへ「同姓同名というなら、人違いであるという事実を証明してください」となっちゃいますね。

自分が経済政策懇談会の代表ではないと、どうやって説明するのでしょうね?

ただ、森ビルの石川さんは公人ではないので、そのような話にはなりませんが。。。

私のところには抗議も何も来てませんので、削除せずに、このままにします。
しかし抗議の変わりにネット検索対象から排除されましたが(笑)

投稿: 利他不動 | 2010年2月19日 (金) 22時58分

その後、植草さんブログを覗いたら、

おおっ(@_@)

>森ビル株式会社より同社の石川俊夫氏が「経済政策懇談
>会」代表者でなく、「経済政策懇談会」代表者とは別人
>であるとの連絡をいただいた

うぅぅ~ん(ー_ー)!!

このことを理由に「事実ではない!」
旨の抗議がなされたんでしょうね!!?
当事者による事実誤認との厳重抗議に
いったんは引かざるを得なかったんでしょうが、
グーグルとかの対応もその関連なんでしょうか!?
どなたか真実を検証できる方はいるのでしょうか?

仮に石川氏が別人であったとしても、
「渡辺善美=喜世会」
「森喜朗=経済政策懇談会」
の両政治資金団体が、所在地責任者ともに同一であった!
その事実には変わりはないですよね!!!?

投稿: かっちょ | 2010年2月19日 (金) 10時50分

グーグルやらネット上のシステムも
一体どこまで信頼できるのか?
検証できないだけに、悪意が入り込むと、
何とでもなってしまいますね!!?(~_~)

しかし、少しずつ数字を操作するのではなく、
ごっそり削除してしまうとは、
渡辺サイドからの圧力の強さが
並大抵ではなかったことの裏返しなんでしょうね!!?

カイカク勢力として清新さを強調したい
「みんなの党」渡辺サイドには手痛い失策でしたね!
というよか!?脇が甘すぎじゃないですか!!?
民主党に対し、小沢氏鳩山氏に対して、
「政治と金問題」で政治倫理を追求しているんだから、
せめて自分の政治資金報告書くらいは、
簡単に尻尾を捕まれないようにしておかなきゃ!!!

でもこの問題は、当然メディアはスルーでしょうし、
清和会が何たるか?をしっかり理解した方でないと、
「何が問題なのか?」判らないと思うので、
夏の参院選までずっと追及していかなければいけない!!
と、思います。

揚げ足取りしかできない自民には、政権を奪取できるほどの勢いも戦略もなさそうなので、
外資勢力は「みんなの党」を核とした新従米勢力を、
新たな第三極として育て、
民主に向かった民意の風を取り戻す算段でいたのでは!?
その矢先の重大機密の発覚だったので大慌て\(◎o◎)/
ってところでしょうか!!??

投稿: かっちょ | 2010年2月19日 (金) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/47606037

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は「みんなの党」も「渡辺善美 清和会」も、どの検索ワードも検索結果に不具合!:

« 山口一臣編集長からの続報 「検察の『抗議』に抗議」のウラ話 | トップページ | 連続する検索結果の不具合 犯人は nifty のようである »