« 南京大虐殺はなかった? | トップページ | 鈴木宗男氏、鳩山首相、小沢幹事長のビデオを観て、腹を据え、決意新たに! »

2010年1月12日 (火)

これはもう非常事態宣言の危機ではないか?

本日1月12日、小沢一郎氏にちょっとした小さな事件が起きた。
”小沢一郎幹事長:若い男が駆け寄り「辞職しろ」 群馬”  毎日新聞 2010年1月12日 12時50分(最終更新 1月12日 13時03分)

本日、参議院選立候補予定者の応援のため高崎市に入った小沢氏。
その小沢氏がJR高崎駅改札近くで、若い男に駆け寄られ「辞職しろ」などと叫ばれた。幸いにも警備の警察官に取り押さえられ、小沢氏も無事であったようだ。本人の意思なのか、雇われたものなのかは不明である。

平時であれば、これはニュースにもならない事件かもしれない。
しかし、今は異常な事態、いや鳩山首相が非常事態宣言を発令すべき国家の危機が迫っているような気がする。
官僚、自民党、米国(CIAと共和党系軍事覇権集団)、それに彼らと利害を共にする大手マスコミ、この売国集団(米国隷属推進同盟)は、7月の参議院選までになんとしても鳩山政権を、民主党を、そして小沢一郎を破滅させようと企んでいる。
毎日のように、幾度となく繰り返される情報操作で極悪政治家とされてしまいそうな小沢一郎氏。そんな彼に本日一人の男が近寄り小沢氏をを罵倒した。
これがニュースにされてしまう。すると、次に「俺も!」という輩が現れる。彼らの思うつぼである。

こんなことは杞憂であって欲しい。

小沢一郎氏と関係者には、くれぐれも日々の安全に留意していただきたい。
小沢一郎に万が一のことがあれば、もう日本の将来は完全なる米国の植民地である。民主党も分裂するであろう。
国民の労働の成果は富むものと米国に吸い上げられ、医療も保険も介護も郵貯も全て破壊され、高齢者の預金も外資と米国政府にむしり取られる。戦争に使う米国債のため、従来以上に国債の発行額も増えるだろう。

政府は、現在日本に無い非常事態宣言の規定を今国会で法制化してはどうか。
そしてただちに非常事態宣言を発令してもらいたい。
マスコミ、検察、警察、裁判所、財務官僚、外務官僚、かれらへの粛清を願いたい。
外国人参政権なんぞ、議論を後回しにしてこのことを最優先していただきたい。

私たち国民も、小沢一郎と新政権を守るため、彼らとともに日本を再生するために、ひとりでも多くの人に真実を伝え、民意を高めなければならない。


私が勉強させていただくブログのひとつに 新ベンチャー革命さん  がある。
有名なブログなのでご存知とは思うが、もしもまだアクセスしたことのない方は、是非こちらで情報収集と新ベンチャー革命さんの仮説を一緒に考えてみてはいかがだろうか。
友人知人に現在日本で起きていることを語る際に有益な情報が満載である。

以前の新ベンチャー革命さんに、「経世会」と「清和会」による自民党内の対立関係が、政権交代なった現在は、

鳩山政権+民主党=「経世会」
CIA+官僚+自民+マスコミ=「清和会」

となっている旨の記事が書かれていた。

その「経世会」と「清和会」に関する問題をいずれ取り上げようと思っていたのだが、JANJANに寄せられた山崎康彦氏の記事(1月6日) が、山崎氏の思いも強く伝わり、わかりやすいので、前文引用させていただく。

※小沢一郎、鳩山由紀夫 ともに自民党時代は経世会であった。


<以下、JANJANから引用>

【オムニバス】「経世会」と「清和会」

私は大手マスコミが絶対報道しないような隠された情報を知るために投稿記事掲示板「阿修羅」をよく見ます。

 特に「拍手ランキング」http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php のページは、「拍手」が多い順に記事がランキングされていますので大変見やすくなっています。

 今ランキングが高い記事の多くは、東京地検特捜部による小沢民主党幹事長に対する異常とも言える「国策捜査」への批判記事です。

 その中で特に注目したのは、1月3日の投稿記事「東京地犬特捜部」http://asyura.com/10/senkyo76/msg/1128.html のコメント欄に書き込まれた【「経世会(旧田中派)」VS「清和会」】の記述でした。

 東京地検特捜部がこれまで摘発し失脚させた主な自民党政治家の名前を列挙したリストですが、すべて田中角栄元首相の流れを汲む「経世会」の政治家たちなのです。

 対照的に岸信介元首相の流れを汲む「清和会」の政治家たちは誰一人として摘発されず全員が「安泰」なのです。

 以下のリストをご覧ください(* の項目は私が原文に追加したものです)。

▲「経世会(旧田中派)」VS「清和会」

(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件(←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件(←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信失脚逮捕 佐川急便献金・脱税(←東京地検特捜部&国税) 
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件(←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

(清和会)岸信介    安泰
(清和会) 佐藤栄作   安泰 *
(清和会)福田赳夫   安泰
(中曽根派)中曽根康弘 安泰 *
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰 *
(民間) 竹中平蔵   安泰 *
(清和会)尾身幸次   安泰
(清和会) 安部晋太郎  安泰 *
(清和会) 福田康夫   安泰 *
(麻生派) 麻生太郎 安泰 *
(清和会) 中川秀直 安泰 *
(清和会) 町村 信孝 安泰 *

▲なぜこれほどまでに露骨に色分けされているのでしょうか?

 それは「清和会」をつくった岸信介元首相と「経世会」をつくったの田中角栄元首相がとった「米国との関係」の違いに根本原因があると思われます。

 「清和会」の岸信介元首相と米国との関係は、対等や従属どころの話ではなく彼はCIAに金で雇われた米国の利益代理人=エージェントだったのです。

 このことは日本の大手マスコミは一切報道しませんが、岸信介元首相がCIAに雇われたエージェントであったことは情報公開された米国務省資料や米公文書館資料ですでに証明されていることです。

 ピューリッツア賞受賞のティム・ワイナー・ニューヨークタイムズ記者が書いた『CIA秘録上』(文藝春秋社)の第12章「自民党への秘密献金」に詳しく書かれていますのでぜひお読みください。

 他方「経世会」をつくった田中角栄元首相は、1972年夏電撃的に中国を訪問して「日中国交正常化」を実現しました。また米石油メジャーの独占支配に抗し、日本独自のエネルギーや資源の確保に向けて積極的に「日の丸外交」を展開したのです。

 同じ時期「米中国交正常化」を秘密裏に計画していたニクソン米大統領の特別補佐官キッシンジャーは田中角栄に先を越されたことに烈火のごとく怒り、「ジャップは最悪の裏切り者」と口汚くののしったと、解禁された米公文書に書かれています。

■「ジャップは最悪の裏切り者」 72年にキッシンジャー氏 共同通信 2006/5/26
http://www.asyura2.com/0601/senkyo22/msg/475.html  阿修羅掲示板より) 
▲結論

 戦後の日本は見かけは独立国ですが実体は米国の植民地そのものであり続けてきました。

 日本人が営々として築いてきた富は米国と日本人エージェントに収奪され続けてきたのです。日本人の生活は破壊され人権は侵害され続けてきたのです。

 米国は米国の利益を第一に考える「清和会」系の政治家を代々日本の首相に据えてきました。

 田中角栄氏などのように、米国の意向にそわない「経世会」系の政治家が国民の広範な支持で首相となり反米的な独自政策を実行し始めたとたん、米国はCIAや公安警察が集めた個人秘密情報を基にして東京地検特捜部に「国策捜査」を指示するのです。

 日本の大手マスコミはCIAの支配下にありますので、東京地検特捜部の「国策捜査」に全面協力し「世論誘導」して「何も知らない国民」をだますのです。

 現在進行中の東京地検特捜部による小沢民主党幹事長に対する異常とも言える「国策捜査」の背景には、米国と日本人エージェントの「小沢つぶし」と「民主党政権転覆」によって「新たな日本の支配体制」を確立する明確な意思があると思われます。

 私たちが今なすべきことは、米国と日本人エージェントたちが死に物狂いで仕掛けている「小沢つぶし」→「民主党政権転覆」→「新たな日本支配体制確立」の意図を見抜き、大手マスコミの「世論誘導」にだまされずに東京地検特捜部の「国策捜査」を批判してつぶすことです。

 私たちが今なすべきことは、せっかく政権交代を実現したのですから、民主党政権を米国と日本人エージェントたちの「謀略」から守り、「戦争」と「謀略」と「人権侵害」の国=米国から一刻も早く日本が「独立」するようにすべきです。

 私たちが今なすべきことは、「日米安保条約」を即時に破棄して日本の国土から米軍基地を全面撤去させることです。

 私たちが今なすべきことは、日本の国益ではなく、米国と自己の利益を第一に考え「謀略」に加担する日本人エージェントを特定して「彼ら」の責任を徹底的に追及することです。

<引用ここまで>




私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト
鳩山内閣メールマガジン 

以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」



【お願い】
 植草一秀氏を応援される皆様には、日本再生に向け、是非 植草氏のブログ  から 人気ブログランキング  に入り、応援のクリックをお願いいたします。 ブログランキングを圧倒的数字で維持し、歩を進めましょう。

by SOBA@「雑談日記」

|

« 南京大虐殺はなかった? | トップページ | 鈴木宗男氏、鳩山首相、小沢幹事長のビデオを観て、腹を据え、決意新たに! »

2010年 1.15事変と官僚のクーデター」カテゴリの記事

米国の太鼓持ち「日経」 と マスコミ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ろくぶんぎ様
かっちょ様
リニモ1号様

コメントいただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 利他不動 | 2010年1月28日 (木) 13時02分

>>ろくぶんぎさま

コメントありがとうございましたm(_ _)m

>「情報弱者」へ「本当の真実」を理解させることは賽の河原の石積みであり、あるいは刀で空を切るようなもの

「賽の河原の石積み」はうなずけました!!

>それでも石積みを続けなければ、空を切り続けなければならぬ

力強く励ましていただけた気がしました!(^o^)!
切っても切っても手応えがなくて、無力感に支配されてしまいそうで、泣き言を言ってしまいましたが、結果を求めすぎていたようではずかしいです(^^ゞ
自分のメール通信は当初、自分の考えを文章にして整理することを目標として始めたもので、友人達にも分ってもらえたら!?ということは二次的な目的でした。

原点に立ち返って、剣の上達のために素振りを繰り返すがごとく、自己鍛錬のためという意識で今後とも頑張っていこう!と思いを新たにさせていただきました(^o^)丿

1年前を振り返ってみれば、政権交代が今日のように謀略もなく成し遂げられたこと!植草さんが無事復活されたこと!などなど大丈夫だろうか!?と心配していた事が成就していますよね!!
簡単に結果は得られないかも!?ですが、これからも精進を続けていきたいと思います(^o^)丿

みなさま今後ともよろしくご指導願いますm(_ _)m

投稿: かっちょ | 2010年1月15日 (金) 21時18分

かっちょさま>
「情報弱者」へ「本当の真実」を理解させることは賽の河原の石積みであり、あるいは刀で空を切るようなものでもあるのだ、と小生は考えています。が、それでも石積みを続けなければ、空を切り続けなければならぬとも思っています。
続けることで、「情報弱者」の中でコペルニクス的転回が起こる可能性は極めて低いですが、ゼロではないので。

しかし「情報弱者」は所詮根なし草ですので、そのときの衝動・気分でどうにでも転ぶ、「大衆」です。Mass Manなのです。
Mass Manの特徴の一つは「疑う」ことを知らないことです。無知の知すらないのです。
彼らが一度でも自分の前提条件を疑ってくれれば…コペルニクス的転回の芽はあるのですが。

投稿: ろくぶんぎ | 2010年1月15日 (金) 14時19分

小沢幹事長宅前で火炎瓶を投げだ男を現行犯逮捕…結局マスコミ、もといマスゴミが煽るからこんなことになるんですよね。

投稿: リニモ1号 | 2010年1月15日 (金) 14時03分

かっちょさまの「情報弱者」のタイプ分けは仰る通りで、性質が悪いのはタイプ2のほうだと思っています。
というよりハッキリ言ってしまえば、タイプ2のほうが「頭が悪い」「地頭がない」。

とくに、
>曰く「無実ならもっとはっきり説明すべき!でなけりゃ辞めるべき!」
という部分が、彼らの頭の悪さを象徴しているように見受けられます。
挙証責任という言葉・概念が全く欠落していますね、この言葉には。
他人を犯罪者と指弾する場合には、指弾する人間に犯罪を立証する責任があります。指弾された側の人間が「無実」を証明する必要はないですし、そもそも「やっていないこと」の証明なんてできっこない。
「やってないこと」の証明をしなければならないのならば、白に少しだけ黒が混じった段階で即犯罪者として確定してしまいます。

こんな近代司法の常識が、大衆だけでなく、警察・検察・裁判官にも欠落しているのが怖いです。

投稿: ろくぶんぎ | 2010年1月15日 (金) 10時23分

利他不動さん、山崎康彦さん、ろくぶんぎさんの論説まったく仰る通りですが、マスゴミの情報操作に踊らされる『情報弱者』の方々に、しっかり理解してもらい、正しい世論を形成することは本当に可能でしょうか?
昨夜からの陸山会事務所家宅捜索に始まる小沢バッシングは、相当に強烈で、これを乗り越えて彼らに真実を伝える事は非常に難しいことでは!?と感じます!!

『情報弱者』にも2通りのタイプがあります。
type1)政治経済についての関心が薄く、テレビニュースでさえ積極的には見ようとはしない大衆的無関心な『情報弱者』~選挙にも行ったり行かなかったり!?テレビはバラエティ中心~
type2)地域社会への参加意識もあり、政治経済への関心も高くて、新聞も丹念に読みテレビでのニュース解説をチェックすることで洗脳的報道をしっかり理解して、グローバリズムへの適応を模索しようとする『情報弱者』~選挙には必ず行く、比較的高学歴高収入、テレビはニュース系~

昨日から始まった小沢バッシング報道に対して、
type1)の『情報弱者』は、内容をじっくり考えることもないまま、洪水のような報道にへきえきして、「やっぱり政治家なんて…」と、無関心ながら政治に対し批判的態度を取る。
type2)の『情報弱者』は、報道に驚き内容に釈然としないながらも「特捜部が家宅捜索に踏み切ったくらいだから、相当に暗い闇があるに違いない!」と、次の段階を先回りして洗脳報道を理解し、小沢の悪いイメージを自ら膨らます。
どちらにしても、警察検察司法などの政権の権威の前には思考停止状態となり、【国策捜査】など国家機関の恣意的な行動について、疑うことをしない。
曰く「無実ならもっとはっきり説明すべき!でなけりゃ辞めるべき!」

私も自分の友人らに、メール通信という形で、メディアに乗らない「知られざる真実」を、勝手に送りつけているんですが、反応ははかばかしくありません!!!
とっかかりは、「郵政民営化はなぜいけないのか?」というテーマでした。その後「新型インフル」「クライメートゲート」「財政赤字問題」などなどについてメールしていますが、特に今回のように警察検察司法などの国家権力が歪められているという話は、なかなか理解してもらえません!!
ボクの友人はどちらかと言えばtype2)が多く、世の中のことが判っているとの自負があるくせに、ネットで調べてみようともせず頑固で困ります。
かといって私があまり強く主張すると、変人扱いされてしまいそうです!!?
またtype1)type2)に関わらず、新自由主義に痛い目に遭わされた人は、比較的理解してくれる割合が高いことは言うまでもありません。

しかしながら、自由な言論の存在するネットの世界で自ら真実を求めようとしない『情報弱者』に、個人ががんばって「真実」を届けようとしても、誤った常識をかたち作る売国的政治システムの構成員達の権威と、それを補完する既存メディアの存在・影響力は侮れないものだと実感しています!!
経世会=田中派=金権派閥との固定観念はずっしり重い!!?

投稿: かっちょ | 2010年1月14日 (木) 21時45分

経世会と清和会との差をみれば、東京地検特捜部がCIAの手先であり、アメリカン・ゲシュタポの日本支部であることは一目瞭然なのに、マスゴミの情報操作に踊らされている方々は、経世会が悪いんだから当然だろう、の一言で済ませてしまう、この思考停止状態が怖いですね。

日米安全保障条約の即刻破棄はもちろん、場合によってはアメリカとの国交永久断絶もありです。
アメリカ人は欲張りでルールをすぐにこっそり破るダブルスタンダード野郎で、なおかつ救い難い馬鹿の集団だ、ということを一刻も早く日本国民の常識にしなければなりません。
昭和20年8月まではそうだったのですが…。

非常事態宣言によるマスゴミ・売国官僚に対応する、これも必要でしょう。管理人様のご意見に賛同いたします。
言論の自由に売国あるいは国民棄民・国民奴隷化は含まれない。そんなことが分からないやつらは即刻筆を折れ!
清和会が創立当初から、「占領地における占領者への協力的被占領者」という近代国家においてもっとも唾棄すべき存在であり、彼らになしうることは国士にあるいは歴史に誅罰されるか、(やつらに良心がかけらでも残っているならば)自らを罰するか、の2者択一しかない。

投稿: ろくぶんぎ | 2010年1月14日 (木) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/47276534

この記事へのトラックバック一覧です: これはもう非常事態宣言の危機ではないか?:

» もうこれは 非常事態の 危機だろう マスコミ(検察)あおり 小沢へ暴漢//テロあおる サイトも出たで リーク(メディア)責 [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 16時50分

» 4871 阿修羅など お勧めブログ 記事川柳 (01/14)/ブーイング したくなるよな 強引さ [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2010年1月14日 (木) 00時56分

» 【昔、陸軍】日本社会の「革命的変革」を望む国民はファッショを許してはならない【今、犬察】 [ステイメンの雑記帖 ]
 主権国家である以上、如何なる悪政苛政を布かれていようとも、その 政府を倒す権利と義務を有するのはあくまで国民のみ である。ましてや議会制民主主義国家ならばなおさらである。  それを、政府に反対する軍や官僚どもが為そうとするのは、どんな大義名分を立てようが不正義であり、ファッショ政治への道を歩むものと言えよう。  さて昨年来、 民主党を標的とした東京痴犬特捜部の恣意的捜査 は、「法の下の平等」に反するばかりか、「関係者の話」として垂れ流され続けるリーク情報は国家公務員法第100条に定められた「守秘義... [続きを読む]

受信: 2010年1月14日 (木) 22時17分

» 官僚体制維持に走る検察の暴挙を国民は許すのか…? [なんでんかんでん]
自民党とメディアと検察が民主党追い落としに総力を挙げて動いている…国民の意志を無 [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 20時19分

« 南京大虐殺はなかった? | トップページ | 鈴木宗男氏、鳩山首相、小沢幹事長のビデオを観て、腹を据え、決意新たに! »