« 鈴木宗男氏、鳩山首相、小沢幹事長のビデオを観て、腹を据え、決意新たに! | トップページ | 小沢一郎を守るため「検察官適格審査会」に特捜部長の罷免要求の声を! »

2010年1月20日 (水)

『一.一五事変』~負けるな小沢一郎!~Caccyo通信100116

読者のかっちょさんが、友人知人の方々へメール通信を配信されている。現在の日本が抱える政治や社会の問題点を取り上げ、マスメディアで報道されない「知られざる真実」を伝えることを目的とされている。
1月17日、今回初めてそのメール通信を送っていただいた。かっちょさんの純粋さ、誠実さ、正義感溢れる姿勢、そして真実を伝えようとする信念が感じられる。
植草一秀氏の「主権者国民レジスタンス戦線」を、こうして友人知人へのメール配信という手段で実践されている方がいらっしゃる。そのことをお伝えしたく、以下そのメール通信を転載させていただく。
読者の皆様も、ご自分の文章でなくとも、気に入ったブログ記事をメールで伝えるなどして情報発信されてみてはいかがだろうか。(もちろん記事の使用にはブログ主催者の承諾が必要かとは思うが)



『一.一五事変』~負けるな小沢一郎!~Caccyo通信100116


おはようございます(^o^)丿
ここ数日の検察による反小沢攻撃は熾烈を極めていますね。
国会議員をあんな容疑で簡単に逮捕してしまうんですね(・・;)驚きました!!!
日曜の討論番組で大騒ぎできるように、週末に検察が動くのも暗黙の了解なんでしょうかね!?3月で退任の田原氏もさぞや頑張られることでしょう!
先ほどチラッと見れば、黒岩某も全力でバッシングしてました。民主からも渡部爺が小沢退任論をぶっていたりで困ったものです(~_~;)

秘書逮捕の報に「やっぱり!」と、思われたみなさん!!
「ボクが何だかんだ言っても、秘書逮捕に至ったんだから、もう外堀を埋められたも同然!小沢辞任もいよいよ迫ってきた!!」
「4億円もの大金を右から左にやりとりするなんて所詮金権政治家さ!」
なんてお考えではないでしょうね!?(・o・)

ひと言に「逮捕」と言っても一様ではありません
1)現行犯逮捕
2)自白等、罪を認めた逮捕
3)容疑事実を否認したままの逮捕
今回の石川議員・大久保秘書の逮捕が3)であることはご承知の通りです!!
ただ単に否認しているどころか、いわゆる「別件逮捕」であり、特捜検察はもっと隠された「大きな闇」があるとして、今後さらにきびしく追及していくつもりなんでしょうか?

ただ現時点で言えるのは、政治資金報告書の記載ミスという微罪容疑だけで、
「大きな闇」については罪名さえ明らかになっていないのです!!!
当の小沢氏も「法律に違反するようなことは行なった覚えがない!」ときっぱり!!
にも関わらず、検察のリーク情報をよりどころとしたメディア総動員の反小沢の大バッシングは異常だと思いませんか!?

たまたま隣人の財布を覗いたら、想像よりも大金が入っているのが見えた。
万札がぎっしりとあった!分不相応な大金!これは不審だ!
彼は市議会議員だ!?もしや賄賂かもしれない!??
議員の金庫番と言われる男に聞いても、詳しくは分らない!!本人に聞いても、何もやましい事はしていないとつれない!!?(実は競馬で大きく当てたのかも!?)
でも怪しいと警察に通報した。

過去のトラブルから快く思っていなかった警察も
「怪しい!」と、その知り合いに事情を聞いても、そっけない返事
あまりのふてぶてしさにに立腹した警察は別件でその知り合いを逮捕してしまった。

さてこれからあの金の出所を調べてやるぞ!
何か後ろ暗いことがあるに違いない!!!

っていうのが、今現在の状況だと思うのです!!
今はまだ、何も具体的な容疑はないのです。
あるのは、メディアによる憶測に基く印象操作のみ!
「小沢は田中派直系の金権政治家で後ろ暗い政治家だ!」
その印象操作の意図通りに操作されてやいませんか?

あなたは大丈夫ですか?
『情報弱者』になっていませんか?

「東京地検特捜部が動いてるんだから、何かあるに違いない!」
「あれだけ新聞テレビが声をそろえて取り上げているんだから!
何もない訳がないだろうに!」

このような考え方を、ボクはこう名付けます!!
『権威にひれ伏す思考停止状態』である!と。

そんな人はこう言われるかもしれません。
「逮捕を検察の暴走とか国策捜査だというのならば、その根拠を添えて言うべき」
「もし自信があるなら、小沢氏本人が証人喚問に応じ、堂々と自論を展開すべき」
「国会議員として与党幹事長として、公人なんだから説明責任がある」

一瞬なるほどと思ってしまいます!?
しかしながら、『推定無罪』という刑事訴訟における大原則があり、何の罪も犯していない人に対し、「自らの無実を説明しろ!」と問い詰めることは言いがかりに過ぎず、罪を訴追する側が有罪であることを明らかにすべきなんです。
もし、あなたが何ら身に覚えのない罪を着せられ、しかし絶対に無実の自信があったらどうしますか?ボクだったら「何もやってないわい!やったというなら証拠出してみろ!!」って逆切れするでしょうね!!!
しかしながら公人である政治家小沢一郎は、あの記者会見の仏頂面が精一杯の検察に対する不満表明だったのです!!一般的に政治家は、仮定の質問や憶測に対してはまともに話さないものですよね!?政治家の言葉は発せられた瞬間からどんどん一人歩きしていってしまいますから!!!?

「でも4億円もの大金をどうやって???」と怒りが収まらない皆さまには、ボクが調べたネット情報から、小沢氏に成り代わって説明させていただきます。

「1/12発売の週刊朝日」によると、疑惑の4億円の出所は小沢氏の和子夫人だったということです!!土地は夫人名義の4億円の預金を担保に銀行から借り入れて購入予定であったが、借り入れに手間取り、担保に予定していた預金を一旦解約し現金で支払って土地を購入した後、融資後に預金に戻したとのこと。夫人の金で土地を購入したんでは、それこそ贈与問題になってしまうので、夫人からの金はあくまで担保ですよ!とするために面倒な金の出し入れを行ったが、政治資金報告書に必要な報告は済ませており何ら問題はないものと小沢サイドは認識しているのです。
そしてこれまでの捜査で、夫人の口座番号等も検察側に渡っているとか!?よくよく精査すれば、小沢氏が説明するまでもなく理解できるはず!それにもかかわらず、検察はメディアに対して、反小沢的な憶測情報ばかりをリークするもんだから、ハラワタ煮え繰り返っているのでしょう!!?だからあんな記者会見になったんですよ!(^_^;)

「でも奥さんの4億円預金の出所は?あまりに金額が多すぎる!って!??」
まんだ納得できず喰いついてきますか!!?(・o・)
小沢夫人は、新潟の有力ゼネコンの前会長のご長女なんですって!
鳩山家ほどではないかも!?ですが、あるところには後ろ暗い献金をもらわなくてもあるんですよ!累進税率もうんと下がっていますから!!!?

まあ以上が、小沢成り代わりCaccyoの4億円疑惑釈明でした!
納得できたかな?まだまだかな?まあボクが何を言おうと、検察の権威にひれ伏される方には信じていただけなくても仕方ないですが!??(~_~;)

最後に評論家の山崎行太郎さんの言葉をご紹介します(彼のブログより)
『鳩山政権は「選挙」という国民の洗礼を受け、政権交代を実現した当事者達であり、国民の支持によって、政府を構成し、国家の代表の役割を担っている。今回の特捜検察による鳩山首相や小沢幹事長周辺への噴飯ものの異常捜査は、国民の意思を反映しておらず、国民の代表でもない検察官僚が民主党政権潰しを狙った「政治的国策捜査」であろう。
彼らの盲目的な「正義の味方」気取りの反政府的クーデターこそ地獄への道であり「検察ファッショ」が日本を滅ぼす。警戒しなければいけない。東京地検特捜部はいずれ解体されるであろう。』

今回の小沢攻撃は、鈴木宗男氏は「平成の二.二六だ。権力の暴走。必ず汚点を残す」「ターゲットは小沢さんじゃなく、鳩山内閣潰しだ」とコメントしました。
同じく国家から痴漢にでっち上げられながらもネット言論界に復帰し活発な活動をされている植草一秀氏は『一.一五事変』と命名し、主権者国民レジスタンス戦線結成を呼びかけています!
「検察ファッショ」に踏みにじられた方ばかりでなく、ネットに真実の光を見つけて、このような国家権力の横暴ぶりに気付く方がどんどん増えています。
あるいはそこまで国家の本性は見定めてはいないけれども、日本社会の歪(いびつ)なかたちや、拡がる貧困社会に疑問を持つ方が増えたことが、今回の自公政権から民主連立内閣への政権交代の原動力であったと信じています。
その国民の大いなる主権者としての意思を挫こうとしているのが、米国隷従の戦後日本政治の中枢にいた検察官僚勢力と旧与党勢力であり、彼らと一体化している新聞テレビのメディアなんです。

どうか彼らの宣伝機関であるメディアの洗脳報道に騙されることなく、対米隷属の権力構造の仕組みを見極めながら、渦中の『一.一五事変』の推移を見守っていただきたいものだと念願します!

以上、今回も長文にお付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m
Caccyo313♪TFC#1

PS:09/3/3に逮捕され政治資金規正法で起訴された大久保秘書の公判が始まっており、一昨日その第2回目の公判がありました。新聞にもほんの小さな記事が載っており気付かれた方もみえたでしょうか!?3月には今回同様、メディア挙げての反小沢の大事件だったはずなのに、公判は問題にされていませんね!!?
内容を確認してみると、どうも無罪に近づくような証言がなされたとか!?これで、もし無罪となるようなら、あの大騒ぎは何だったのか?ということになり、国家謀略説の裏付けともなるでしょう!!今回逮捕された石川議員らについても、同様なことが強く予測されます。ボクは完全無実を確信しておりますが、みなさまも是非、裁判で有罪が確定してこその罪であることを、しっかり心に刻んでいただけますようお願いいたしますm(_ _)m




私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト
鳩山内閣メールマガジン 

以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」



【お願い】
 植草一秀氏を応援される皆様には、日本再生に向け、是非 植草氏のブログ  から 人気ブログランキング  に入り、応援のクリックをお願いいたします。 ブログランキングを圧倒的数字で維持し、歩を進めましょう。

 主権者は私たち国民レジスタンスバナー by SOBA@「雑談日記」

|

« 鈴木宗男氏、鳩山首相、小沢幹事長のビデオを観て、腹を据え、決意新たに! | トップページ | 小沢一郎を守るため「検察官適格審査会」に特捜部長の罷免要求の声を! »

2010年 1.15事変と官僚のクーデター」カテゴリの記事

かっちょさんの Caccyo通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/47342229

この記事へのトラックバック一覧です: 『一.一五事変』~負けるな小沢一郎!~Caccyo通信100116:

» 小沢一郎と小澤一郎は違う [雑感]
  いやはや、マスコミの報道をみていて「こいつら。本当に物事を理解をする能力があるのか」と思ってしまった。 先日11日にThe Journalのコメント欄に、自分はこうコメントをした。「経理の振替伝票に書けばすぐに納得ができる問題です。」 と。 その後 LedLineさんという方が、簿外操作ではないという事を二度にわかって書かれていた。 本当は、そんなにややこしい事をしなくてもわかるのは、小澤一郎と小沢一郎の違いである。 そんな中で阿修羅に「 小沢」と「小澤」にまつわる驚愕の新事実!」という記事が出... [続きを読む]

受信: 2010年1月20日 (水) 21時22分

« 鈴木宗男氏、鳩山首相、小沢幹事長のビデオを観て、腹を据え、決意新たに! | トップページ | 小沢一郎を守るため「検察官適格審査会」に特捜部長の罷免要求の声を! »