« 普天間基地問題 米国の目的は資金援助のみという確証 | トップページ | 小沢一郎氏の正論に鳩山政権の真意が見える »

2009年12月 9日 (水)

普天間基地問題 鳩山首相の決断を予想すると。。。

前回取り上げた普天間基地問題について引き続き考えてみたい。

どうやら外務省と米国に恫喝された模様の岡田外相。その悲壮感漂う訴えに対し、鳩山首相の腹は決まっており固く揺るぎないように思える。
その結論を、首相はそろそろ発表しそうな気配。
そこで、首相と米国側の想定問答。

首相: 「海兵隊は本来ある米軍の計画通り速やかに”一体的に”グァムへ移転していただきたい。」

米国: 「引き止めていたのは植民地の君たちなんだよ。君たちのために移転するから移転費用とそれに移転後の運営費用もついでに拠出しなさい。」「それから日米両政府で合意された辺野古沖の滑走路は、今後の演習用にでも使えるのでさっさと意思決定して着工しなさいよ。」

首相: 「そんな命令されたってあんた、もう日本はあなた方に隷属しない。自主独立国家として独り立ちするって言ってるでしょう。」「ましてやあんた、グァムに引っ越すのに、なんでまた演習のためにのこのこ沖縄まで来るのよ。売国官僚に支配された旧政権の悪政とあなた方の市場原理主義のお陰で日本にはもう金はないよ」

米国: 「郵政は国債購入を抑制するらしいな。郵政民営化を逆戻りなんかさせて。計画では来年早々にでも上場させて外資が乗っ取り、彼らに米国債を買わせようという段取りだったのに。とんでもないことをしやがって。こうなったらタンス預金でもなんでも引き出させて国民に国債買わせてでもグァム移転とグァムでの運用費を捻出しろよ。」

首相: 「すみません、北沢防衛相や岡田外相とは違いますから。恫喝しても無理ですよ。小沢さん、亀井さん同様、私も命かけてますから。あまり酷いようなら政府広報誌を全国民に配布して、これまでの沖縄での数々の犯罪、日本政府への内政干渉とそれによる構造改革の実態、りそなインサイダー疑惑で稼いだ米国人、ぜ~んぶ公表しますよ。そしたらもう日本は反米運動の嵐ですから。世界中のメディアが金欲しさに属国から収奪を続けるあなた方のことを報道しますよ。」

米国: 「なんと! 植民地が我々に恫喝かよ。」

首相: 「オバマさんは多極化を目指しアジア太平洋に軸を移そうとしているんだから、あなた方そりゃ戦争大好きかもしれないけど、もうそろそろ潮時じゃないですか? オバマさんを支援し核と戦争のない世界を築いた方があんた、あなた方の名前も歴史に残りますよ。金が無いならそれなりに質素に国を運営すればいいんですよ。鳩山政権のブレインに稲盛和夫っていう偉いお方がいらっしゃるけども、稲盛さんが”足るを知る(吾唯足知)”ってことを教示してくれますよ。”貪欲に何でもかんでも貪るな”ってね。日本にはこんな諺もありますよ”立って半畳寝て一畳天下取っても二合半”私はこの意味をオバマさんにも伝え、(日本人にも再教育しますが)米国人にもこの精神が必要ではないかと進言したいと思っていますよ。」

米国: 「わかったわかった。鳩山さんは民主主義の中で、国民から選挙で選ばれたリーダーだ。じゃあ、とにかく妥協案を探ろうか。」

首相: 「日本としては辺野古の滑走路は不要・無用と考えますのでNOです。グァムの米軍は2014年までに統合したいんですよね? まず年次毎の移転・統合計画を出してくださいよ。これまでのようなドンブリではなくて。移転費用と運営費については、日本企業がそこに参画できるならその分は日本政府が予算を持ちます。米国企業が請け負う部分は米国政府でお願いします。」

米国: 「米国は中国から一兆ドルを借り、それも使い果たしたんだよ 。日本が出してよ。なんとかしてよ。これまでずっと、日本の防衛を果してきたんだから。」

首相: 「過去については感謝いたします。しかし、先程も伝えた通り日本にも余裕はありませんよ。無いものは無いです。」

米国: 「埋蔵金があるだろ。例年通り、それで米国債を買ってくれてもいいんだよ。」

首相: 「まだ1回事業仕分けをやっただけで、これからですから。あなた方のCIAに媚びる日本の財務省がガード固めてますし。あと、今後は買うだけで戻ってこない米国債は事業仕分けの対象なんです。」

米国: 「じゃあ、とにかく、移転費用だけでもいいよ。その後は今後の米日両国の財政状況を見て判断しようや。」

首相: 「日本企業は移転にどれくらい関わるのですか? 先ほど言った通り年次毎の移転・統合計画を日本企業の参加の可否も含め出してもらえませんか? それもなく、ただ金出せとそんな、物乞いのように言われても。。。」

米国: 「わかった、明日持ってくるよ。」

首相: 「何でそんなに早く出せるんですか? ふっかけないでくださいよ!」

米国: 「植民地政府がどのような対応をするか、何通りもシミュレーションしてあるから。まあ、鳩山さんのこの要望も想定内だよ。」「しかし、あんたも結構言うね。これまでの日本政府と違うわこりゃ。一方通行での指示・命令はもう無理か。しっかり議論せんといかんね。」


鳩山首相はどのような結論をお持ちなのか。
結果は「これが日本の意思表示である」と国民も誇れるものであって欲しいと、祈るばかりである。




私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト
鳩山内閣メールマガジン 

以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」



【お願い】
 植草一秀氏を応援される皆様には、日本再生に向け、是非 植草氏のブログ  から 人気ブログランキング  に入り、応援のクリックをお願いいたします。 ブログランキングを圧倒的数字で維持し、歩を進めましょう。

by SOBA@「雑談日記」

|

« 普天間基地問題 米国の目的は資金援助のみという確証 | トップページ | 小沢一郎氏の正論に鳩山政権の真意が見える »

米軍基地 沖縄」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

鎮痛剤さま

コメントいただきありがとうございます。
書かれたことと、私も同じ気持ちです。

オバマ大統領は戦争覇権主義者たちを重要ポストに入れてしまい、そのために彼の思想や政策が封じ込められているように思えます。
戦争覇権主義者を入れざるをえない、裏からの圧力があったのでしょうか。
身内に敵がいるもの同士、二人で連携し強い信頼関係を築き、新たな日米関係と世界貢献への道を開いて欲しいと願っております。

投稿: 利他不動 | 2009年12月10日 (木) 22時39分

ろくぶんぎ様

コメントいただきありがとうございます。
閣僚たちが力尽きていく中、鳩山首相一人が踏ん張りこらえている状況です。
米国は破産といってもよい状況にあるようですから、日本から金を引き出すために日本の売国者との連携も行い総力戦を展開しているようです。
微々たる力かも知れませんが、私たちの応援で鳩山首相を後押ししたいものですね。

投稿: 利他不動 | 2009年12月10日 (木) 22時36分

 政権交代後、まもなく100日を迎えようとしています。

 引き続き、平成の御一新と鳩山・小沢政権を見守ります。

 しかし、あの大臣達、何者なのでしょうか。外務大臣と防衛大臣のことです。岡田外務大臣と北沢防衛大臣について、何をか言わんやです。

 ところで、オバマ大統領の後ろ盾と言われるZ.ブレジンスキー、ハゲタカをバックにする相当なるネオコンとか。さらに、オバマの筆頭外交顧問みたい。今後も油断は許されないと思います。けど、今はオバマを信じたい。日米同盟の新たな見直しと自由・友愛の再構築を希望します。もちろん、普天間基地は国外(グァム)への全面移転です。さらに、沖縄の地位協定も撤回を含めて見直します。

投稿: 鎮痛剤 | 2009年12月10日 (木) 09時06分

しかしマスゴミの恐米病は相変わらずというか、しきりに「危機的状況」というが、「お前らは植民地政府の宣撫班か!?」と言いたくなるような恐米病協奏曲(いや狂奏曲か)を奏でまくっていますな。
基地問題でなければ、総理の(取るに足らない)政治資金処理問題で騒いでいるし。

鳩山総理は、雑音がうるさいでしょうが、ぜひとも、独立独歩に即した対応をとっていただきたいし、鳩山総理がそうできるようにわれわれも応援しないといけないですね。

投稿: ろくぶんぎ | 2009年12月10日 (木) 09時05分

かっちょ様

コメント感謝いたします。
鳩山首相の苦悩も知らず自分勝手に書いてしまいました。
米国は日本からの財政支援を最大限引き出すための交渉をしてくると思います。
それを見越して鳩山首相がどのような結論を出し今後の交渉に臨まれるのか、不安と期待五分五分といったところですね。

田中宇氏の岡田外相ガス抜き説には、笑っちゃいましたね。もしもそれが真実ならば、鳩山内閣は米国と対等に渡り合えるだけの強かさを身につけているのかも知れませんね。
そうであると信じたいです。

投稿: 利他不動 | 2009年12月10日 (木) 01時02分

利他不動さま

パチパチパチ拍手拍手の大喝采!!!
なんて小気味良いことでしょうか!?(・o・)
我らが鳩山総理が、かくもハッキリ米国に物申せたならば・・・!?

前のコメントでも書きましたが、沖縄の基地問題については自分もまったく被洗脳状態でした(~_~;)~米国が対中の最前線基地として沖縄を手放さないんだ!と思っていました!!?

学者肌の鳩山首相は、決してハキハキとではないかもしれませんが、でもキッパリとこのように主張していただけたら、それこそ米国も見直してくれること間違いありません!!?その先には新しい日米関係が見えてくることでしょう!

リンク先の「日本を守るのに右も左もない」さんにあった、米軍駐留費負担の国別比較を見て、ビックリでした(・o・)日本人の人の良さというのか!?屈辱的な属国根性というか!?官僚のバカヤロウというか!?
田中宇氏の、岡田外相ガス抜き説もうんうん頷けました!!

はじめは、日本の首相がそんなにキッパリと米国に物を言うことはできんだろう!?と思いました。しかし、それこそ鳩山首相が命を賭して職務にあたり、国を思い沖縄県民の願いを我が事として米国との交渉に臨むのならば、丁重に海兵隊にグアムに移転願うことも可能かも!?と思えてきました!

それどころか、対米追従一辺倒の日米関係を変えてこそ、日本の政権交代を内外に強くアピールすることになるのでは!?との思いがドンドン強くなってきました!!!
この「新たな日米関係」の始まりは、同時に「脱官僚支配」の政治の始まりだ!とも言えるのではないでしょうか!!?そしてその姿を見て、日本国民も「平成の無血革命」が為されたことをを実感するに違いありません!

鳩山首相のタフネゴシエーターぶりに期待しています(^o^)丿

投稿: かっちょ | 2009年12月 9日 (水) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/46979330

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間基地問題 鳩山首相の決断を予想すると。。。:

» アーミテージ元国務副長官、普天間移設問で懸念示す [ニュースメモ]
普天間移設の早期決着を=石破、アーミテージ氏らが議論-日米関係 日米関係をテーマとするシンポジウムが8日、都内で開催され、自民党の石破茂政調会長、アーミテージ元米国務副長官らが出席した。席上、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題の早期決着を求める意見が相次いだ。 米国のアーミテージ元国務副長官は、東京都内で開かれたシンポジウムで、沖縄の普天間移設問題について、参議院選挙が行われる2010 年の夏まで結論が先送りされた場合、「アメリカは、『日本政府にとって、日米同盟より、連立政権の維持の方が... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 00時49分

» 知日家の 正体かくす(得体ごまかす) NHK/報道の 名借り誘導 NHK/長島(昭久)や シンポジウムに 何故出たや? 鳩山首相 模索中だぜ(足引くつもり) [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 19時01分

« 普天間基地問題 米国の目的は資金援助のみという確証 | トップページ | 小沢一郎氏の正論に鳩山政権の真意が見える »