« 仙石行政刷新大臣、藤井財務大臣、平野官房長官の更迭を | トップページ | 西川善文氏の犯罪と郵政米営化への米国の意思を認識しよう »

2009年11月19日 (木)

こんな事業仕分けなら就活学生のインターンにまかせた方がよいと思ったのだが。。。

事業仕分けがマスコミを賑わせているが、いまひとつ何がどうなっているのか私には理解し難い。
恐らく、事業仕分けの中心に陵雲会の二人(仙石氏と枝野氏)がいること、財務省に主導権を握られていること、市場原理主義者が仕分け人にいること、そしていつものマスコミによる情報操作があるはずだということ。これらの要因が作用し私には事業仕分けの実態が見えてこないのである。
報道だけをそのまま受けると、削減額には「よくわからないけど、この程度なの?」という疑問符が付き、事業によっては「何故これを不要と判断するの??」と更に疑問符が増える査定もある。
「次世代スーパーコンピューター開発」「兵庫県のスプリング8」 といった科学技術分野や、「小学校の理科の授業に対する事業費」の見直し等は、「何かの冗談だろう」と思った。また医療の問題 は「小泉改革でズタズタにされた医療制度を再生する気はないのか?」と思いたくもなる査定である。
これらの査定には日本の国力低下を狙う売国市場原理主義者や、何よりも緊縮財政を重視する財務省の思惑が表に出ている、とも考えてしまう。

事業仕分けの目的は
・旧政権で蓄積された税金の無駄を洗い出し国家の贅肉を削ぎ落とすこと
・そこから公約実現のための予算を捻出すること
さらにもう一つ
・国民に旧政権の無駄を晒し、健全化に取り組む新政権の姿勢と実行力をアピールすること

この目標達成に向け行われているのが今回の事業仕分けであるが、どうも肝心の「どの予算が何を具体的な根拠に削減・廃止されるのか」「どの事業が天下りや埋蔵金に関わっているのか」がなかなか見えない。
国民の視点で考えれば「不要な天下り先の廃絶と埋蔵金発掘は徹底的に進めるが、国民生活と国家発展のために重要と思われるな案件については発展継続させる」のが妥当な判断だと思うのだが、その核心に触れるやりとりがあるのかないのか、あっても報道されない。
結局「悪徳官僚に正義の仕分け人が切ってかかる」必殺仕事人ばりのシナリオに意識が向かい、焦点がぼけてしまった方も多いのではなかろうか。
そして、この事業仕分けが「財務省の査定マニュアル」を使った、財務省脚本による始めに結論ありきの番組であったことが判明。
なんだか私は「早く藤井財務相を更迭してほしい」などと不満だけが募りぼやくだけである。

そして考えたこと。
この程度の事業仕分けならば、就職活動中の大学生に半日の講習を行い、インターンで課題解決させた方が余程適切な査定を行うと思うのだが、いかがだろうか。
インターンに参加する学生達は問題意識もあり、研究熱心かつ努力家が多い。事業仕分けの背景、仕分けの対象事業、仕分けのルールなど、半日の講習を実施し、加えて2~3日の自習期間を与えれば十分である。
ただしインターンの選考条件として、学生は市場原理主義に毒されていない愛国者であることが必須である。
そして事前課題の一つとして植草一秀氏の 「知られざる真実 -拘留地にて-」を一読しておくこと。これにより文系理系を問わず「経済成長は樹木であり、財政再建は樹木に実る果実である」という経済政策の基本を理解した上で事業仕分けに取り組むことができる。
要するに財務省の「緊縮財政ありき」を否定するところから入るのである。
そもそも、この事業仕分けチームは査定を行うだけであり、最終意思決定者ではない。ならば将来を担う学生達でよいではないか。
財務省の掌中で踊らされる社会人や日本を陥れる市場原理主義者とは異なり、純粋に日本の将来のための査定をしてくれそうな期待を持てる。

というよりも、この程度の仕分けなら自分たちでやってくださいよ、鳩山内閣と連立与党で!!!

まあ誰が仕分け人になろうとも、事業仕分けをするには、国家のビジョン、これから向かう国のあり方、青写真を共有するステップがまず必要であろう。
それなしに予算削減をテーマに事業仕分けしたところで近視眼的な判断しかできないし、ましてや短期的な利益を追求する市場原理主義者が中長期に渡る国家ビジョンなど興味を抱くはずもない。加えて、彼らは売国者である。彼らの価値観からすれば「次世代スーパーコンピューター開発」「兵庫県のスプリング8」「次世代ロケットGX」「将来を担う子どもの教育」などは廃止・見直しするのが正論である。

市場原理主義者と財務省の影響力を排除し、鳩山内閣の理念に基づくビジョンを掲げ、ベクトルを一致させて事業仕分けを進めていただきたいものだ。

ここに、私のような素人のしかも思いつきの意見ではなく、実際に仕分け人として参加された方の興味深い記事がある。朝日の報道と仕分け現場の実際との違いを書かれている。読んで見ると、よ~く事業仕分けの現場の様子が理解でき納得で来る部分も多く、書かれた paco さんに感謝である。
「(by paco)行政刷新会議、事業仕分けのメディアと実際の違い」

最後に本日学ばせていただいた記事を2つ

植草一秀氏の「霞が関改革の本丸は法務検察と財務国税にあり」
udonenogureさんの「雑感」から「電源立地地域対策交付金」



私たち国民の声を届けよう!

亀井静香ウェブサイト
小沢一郎ウェブサイト
鳩山内閣メールマガジン 

以下の書籍をまだお読みでない方は是非ご一読ください、お薦めします。

小林興起氏の 「主権在米経済」2006年5月刊
関岡英之氏の 「拒否できない日本」2004年4月刊  (小林興起氏はじめ”抵抗勢力”とされた議員が郵政民営化に反対する端緒となった著書)
植草一秀氏の 「知られざる真実 -拘留地にて-」
植草一秀氏の 「売国者たちの末路(副島隆彦氏との共著)」



【お願い】
 植草一秀氏を応援される皆様には、日本再生に向け、是非 植草氏のブログ  から 人気ブログランキング  に入り、応援のクリックをお願いいたします。 ブログランキングを圧倒的数字で維持し、歩を進めましょう。

 自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を
 by SOBA@「雑談日記」

|

« 仙石行政刷新大臣、藤井財務大臣、平野官房長官の更迭を | トップページ | 西川善文氏の犯罪と郵政米営化への米国の意思を認識しよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

かっちょさん

コメントありがとうございます。

事業仕分けの現場を国民に公開したことは大変な変革ですね。自民党時代にも同様のことを行いましたが、族議員に潰されてしまい、成果はそれほど上がらなかったようですから、脱官僚依存、天下り廃絶、族議員発生の抑制と、ここまで改革の姿勢を見せられると政権交代してよかったという実感が湧きます。

反面、
事前に財務省によりマニュアル化されている点が問題です。マニュアルを市場原理主義者も含む仕分け人が活用し、バッサリと切る査定をする。後で財務省が予算組みを行う際に「財務省の判断ではなく行政刷新会議による査定である」との大義名分ができあがり、そっくりそのまま政府に上げることができる。

植草一秀氏は、財務相は緊縮財政において「社会保障」「公共事業」「地方」への支出削減にまず動くと、著書に書かれています。天下りと埋蔵金に関しては徹底的にやってもらいたいですが、予算削減しながらも残すべきものもある。
その判断を政府ができ、再度見直しを指示できるかどうか。
鳩山内閣での藤井大臣の影響力がどの程度か、そこで明確になると思いますが、「そこで気付いてももう遅い」などという事態にならぬよう祈るばかりです。

投稿: 利他不動 | 2009年11月21日 (土) 12時18分

yutakarlsonさん

コメントありがとうございます。
ブログを読ませていただきました。
民営と公営についての本質を書かれているのですね。私も同じ思いです。
日本の官僚利権の本丸は大蔵時代からずっと財務省ですし、鳩山首相も小沢幹事長も間違いなくそこにメスを入れると思っています。
しかし、今回の事業仕分けでは財務省と市場原理主義者のタイアップによる反撃が始まったのだなと感じており、危惧しております。
財務相を早急に交代させなければ前進しそうにありませんね。

投稿: 利他不動 | 2009年11月21日 (土) 11時49分

ライブ中継は少し見ましたが、出来レースのような委員会審議と違って、緊迫した臨場感があって新鮮に映りました!
どんな基準でどのように選ばれたか!?よく分らない仕分け人だけれども、極めて短時間で「その無駄遣い却下!」なんてやってる映像を見せられると、小気味よく感じてしまったり!!?~劇場型政治そのまんま!って感じでしたね(^_^;)

それゆえ、その拙速さ乱暴さに批判の声も上がっていますね!?ボクはこれが最終的な結論となるのならば見過ごせないと批判するところですが、あくまで参考意見としての意見表明と受け取ればよいのでは!?と思います。仮に財政均衡論からゼロ査定したとしても、国民のために必要なものは、はっきり理由を明示して復活の政治判断を下せば、国民は納得するのではないでしょうか!?仕分け人の査定をそんなに恐れなくてもよいのでは!?と考えます。

しかしながら植草さんも指摘されているように、取り上げる事業が全体の15%であり、しかも財務省関連はごく僅か、また仕分け人には財務省から査定マニュアルまで渡され、おまけに会場まで財務省所管の独法の施設とあっては、財務省のシナリオ通りになってしまいそうな気味悪さも感じますね!!?
でも、あくまでそれは決定権を持たない単なる仕分け人の判断に過ぎないのだから、鳩山政権が政治的な判断を下せばよいのではないでしょうか!?

管理人さんご提案の、仕分け人に学生起用の件、面白いんじゃないでしょうか!!?
特に資格制限を設けず、多様な意見を持つ学生を寄せて、いろんな意見を述べさせても良いのじゃないでしょうか!??きっと政治への関心や参加意識も高まることになるのではないかと思います!?
ネットの時代なんですから、国民から学生仕分け人にメールで質問事項のリクエストを送れるようにしたら、自分の意見・質問が繁栄される可能性も出て、視聴率も上がって人気番組になるかも!?・・・なんて(^^ゞ

24日からの後半が注目されます!

投稿: かっちょ | 2009年11月21日 (土) 01時15分

アンチ小泉in横須賀さま

コメントありがとうございます。
何としても強く優しく美しい日本を再生したい。
組織でも地域でも互いに尊重し協力しあえる、子どもたちを地域で育てる、そのような健全な社会に戻したい。
政治家だけでなく、国民が立ち上がらなければ国は守れない。
そのような気持ちでなんとか前進したいと思っております。

頻繁に更新できませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: 利他不動 | 2009年11月21日 (土) 00時43分

■函館市長、市事業助成「廃止」を批判 職員向けメルマガで-本当は私たちは、財政ゾンビの手のひらで操られ遊ばされているだけだ!!

こんにちは。事業仕分けいろいろと軋轢を生んでいますね。これが、プラスの軋轢なら良いのですが、どうも実際にはそうでもないようです。こちら函館では、函館市長が事業仕分けのやり方について、「無礼」だとまで言っています。しかし、問題の本質はもっと別のところにあります。おそらく、今回の事業仕分け、私の考えではほとんど効果が出ないと思います。かといって、函館市長が擁護する函館市が推進する事業もうまくはいかないでしょう。多くの人は、本質を見失っています。実は、本丸は、私が財政ゾンビと呼んでいる、似非財政民主主義を信奉する財務省の高級官僚たち、および彼らの構築したインフラ、システムです。これを何とかしない限り、事業仕分けの委員や、函館市長も、結局は、財政ゾンビの手のひらで操られ遊ばれているだけに等しいです。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年11月20日 (金) 12時01分

興味深く拝読させて頂いております。
貴ブログは、植草さん・神州の泉さん・晴天とら日和さん・カナダde日本語さんのブログとベクトルが同じで、毎回のトピックスが正論で癒されます。
事業仕訳の発想は良くても、仕訳メンバーに売国者・新自由主義者がいることに違和感を拭えませんでした。この選定には不満です。

投稿: アンチ小泉in横須賀 | 2009年11月20日 (金) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/46800376

この記事へのトラックバック一覧です: こんな事業仕分けなら就活学生のインターンにまかせた方がよいと思ったのだが。。。:

» 事業仕分け作業の方向性は正しいのか! [神州の泉]
 郵政民営化の偽装性や詐術性を、私と同様のスタンスで先鋭的に批判しているブログ、 「父さんの日記」さんが、事業仕分けについて、下記のように言っている。 「事業仕 [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 00時05分

» スパコン&ゴードンベル賞 [雑感]
 何も「 スパコンの開発は必要はない 」という心算もなければ開発自体は絶対に必要なものだと思っている。 当然、真に国(政府)がスパコンの開発を必要なものだと考えているのであれば、「責任を持ってスパコン開発に予算を付けるべき」だと思っている。 但し、先日の野依さんのスパコンに関しての発言には正直に言って「少々いただけないなぁ~」という気がしてならない。(場所=自民党の会合での発言という意味で) そんな中、11月27日に長崎大工学部の浜田剛助教のグループが国内最速のスーパーコンピューターを開発し、米電気... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 21時06分

» 北陸新幹線か自民新幹線か? [雑感]
 新潟の泉田裕彦知事がごねている(見える)のは、ある意味では当然である。なぜなら北陸新幹線が、上越新幹線とつながるのではなく、長野新幹線の延長でしかないことから起きた話であろう。 見方をかえると、 北陸新幹線が開通をしたなら北陸と新潟の間が疎遠になる可能性 さえ見えてくる。東京から北陸へ出かける場合、今はホクホク線経由であり 新潟県内を通過をするといっても、越後湯沢から先は、高田というか直江津 に停車をする程度で新潟県に果たして北陸新幹線のメリットがあるかどうかという疑問が起きる。 高田には、昔スキ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 21時18分

« 仙石行政刷新大臣、藤井財務大臣、平野官房長官の更迭を | トップページ | 西川善文氏の犯罪と郵政米営化への米国の意思を認識しよう »