« 8月30日 国民審査で裁判官に審判を! | トップページ | 平成維新の成就へ 最低8年間は民主党政権に託す覚悟を! »

2009年9月 1日 (火)

腑に落ちない国民審査の開票結果

8月30日に実施された最高裁判所裁判官国民審査の開票結果が、31日付毎日新聞に発表されていた

<以下上記記事から罷免率の部分を転載>

 ◆最高裁裁判官国民審査の結果◆

氏名(出身)     罷免要求票数(率%)

桜井龍子(行政官)  4656462(6.96)

竹内行夫(行政官)  4495571(6.72)

涌井紀夫(裁判官)  5176090(7.73)

田原睦夫(弁護士)  4364116(6.52)

金築誠志(裁判官)  4311693(6.44)

那須弘平(弁護士)  4988562(7.45)

竹崎博允◎(裁判官) 4184902(6.25)

近藤崇晴(裁判官)  4103537(6.13)

宮川光治(弁護士)  4014158(6.00)

 ※告示順、敬称略。◎は長官

<転載ここまで>

今回は「過去の国民審査よりも罷免率が上がる」と確信していたが、結果は残念ながら例年並みの数字にしかならなかった。

どうも腑に落ちない。

8月30日の国民審査については、名古屋の弁護士のみなさん(名古屋高裁での「イラク自衛隊差し止め訴訟」で違憲判決を勝ち取った)が、竹内行夫裁判官の罷免要求運動を呼びかけた。竹内氏の件では、天木直人氏も広く情報発信されていた。
植草一秀氏の上告棄却に抗議するため、副島隆彦氏 や 「神州の泉」の高橋博彦氏、 「反戦な家づくり」の明月氏 はじめ、多くのみなさんが近藤崇晴氏など問題ある裁判官の罷免投票を呼びかけた。
その他にも審査の判断材料として、裁判員制度導入、御殿場事件や高知白バイ事故の上告棄却、1票の格差判決に関わる問題もあった。

上記毎日新聞記事によると「投票者数は前回より200万7404人多い6945万4375人。投票率は前回を1・33ポイント上回る66・82%だった。」ということである。
衆議院選では、政権交代を望む有権者の意思により、過去最高の投票率で民主308議席という圧勝をもたらしながら、一方でこれだけ司法への不信が広がりをみせるなか、最高裁判所裁判官の罷免要求は何故、例年通りの数字なのか?

マスコミが情報発信しなければ、広く国民へ問題提起することは困難であろうが、それにしても、過去最高の15.2%に届かずとも、それなりの数値が示されるものと期待をしていた。
まことに残念である。
裏に何もないのであれば、納得せざるを得ないが、新政権には、是非国民審査の開票結果について、透明化を図っていただくよう、要望を投げかけたい。

【追記】 (9月2日)

国民審査に関しては、衆議院選のように事前アンケート調査や出口調査があるわけでもなく、実際のところ一体何人の有権者がどの裁判官に×の意思表示をした(しようとしている)かは、知る由もない。選挙終了後に総務省から発表される結果をそのまま受け入れるしかないのであろう。実際のところ、6945万人の有権者の10%は694万5千人、1%で69万4千5百人、つまり、数万人あるいは数十万人が罷免投票したところで、せいぜい1~2%程度までの変化であることが理解できる。有権者は、生活に直接関わってくる政治家や政党の選択には関心があるが、他人の裁判結果に対しては、なかなか自発的な行動を起こせない。

しかるに、新政権に要望を投げかけるとすれば、投開票に関わる透明化もさることながら、国民審査のありかたそのものの再考と制度改革の必要性を訴えることだ考える。それに加え、マスコミが最高裁の取り扱う事案について、積極的に情報発信するようになれば、国民審査も制度として生きてくるのであろう。

 

【お願い】 植草一秀氏を応援される皆様には、是非 植草氏のブログ  から 人気ブログランキング  に入り、応援のクリックをお願いいたします。 ブログランキングを圧倒的数字で維持することは、植草氏を護る上で重要な意味を持っています。

司法改革は取調べの可視化から、苦役を課し憲法違反の裁判員制度は断固反対 by SOBA@「雑談日記」

|

« 8月30日 国民審査で裁判官に審判を! | トップページ | 平成維新の成就へ 最低8年間は民主党政権に託す覚悟を! »

司法・検察」カテゴリの記事

コメント

windy様

本当に困ったものですね。
絶対に裁判官が罷免されない仕組みをつくられてしまっていますね。
国家・警察・検察の暴走による冤罪が起きても、裁判所がそれに荷担する現状では、被告も支援者も、それを見守る国民も、救われません。
そして、それは"明日は我が身”であるということです。
国民審査のあり方、制度も含め司法改革は”平成維新”の重要課題の一つだと思います。

小沢一郎氏の改革に期待し、それまで辛抱することにします。

投稿: 利他不動 | 2009年9月 7日 (月) 13時32分

 国民審査は、本当に形骸化していると思います。

 私自身、これまで真面目に投票していなかったので、「形骸化」を批判する資格はないのですが・・。

 今回、初めて公報をよく読み、他の情報も参考にし、投票しました。
 「×」は、竹内、涌井、那須、近藤の各氏になりました。

投稿: windy | 2009年9月 6日 (日) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/46088330

この記事へのトラックバック一覧です: 腑に落ちない国民審査の開票結果:

» 最高裁判所裁判官国民審査 [かんたの日記]
腑に落ちない国民審査の開票結果: 父さんの日記 腑に落ちない国民審査の開票結果.... [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 20時53分

» 最高裁判所裁判官国民審査を追跡中 [検索数急上昇キーワードを追跡中]
腑に落ちない国民審査の開票結果: 父さんの日記 腑に落ちない国民審査の開票結果. 8月30日に実施された最高裁判所裁判官国民審査の開票結... [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 02時53分

» 小沢幹事長は、何の問題もない [雑感]
   小沢氏の幹事長起用というニュースが流れ始め、結果 幹事長を受けたようだ。 やれ、「小沢チルドレン」やら「小沢支配」やらという言葉を使い、小沢氏の力が増すことが「危ない」として警戒感を煽っている。 民主党はどう考えてみても、小沢氏の力無くしてこの度の「政権交代」はありえなかったのは事実であろう。 前に小沢氏と麻生氏が党首討論をした際に、衆院選を経ずに首相が3人交代したことを指摘し、早期解散を迫ったことがあった。参議院選の敗北で安倍が辞任をし、福田内閣をなり衆参がねじれという「正常な議会運営」が行... [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 06時13分

« 8月30日 国民審査で裁判官に審判を! | トップページ | 平成維新の成就へ 最低8年間は民主党政権に託す覚悟を! »