« またしても自民にハメられた民主党 | トップページ | 100年に一度は不況ではなく”格差” 日本復活は教育から »

2009年5月16日 (土)

情報操作で岡田民主誕生を図る政府とマスコミ

小沢民主党のイメージダウンと支持率低下を果たした政府およびマスコミによる情報操作は、第2ステージに入った。
小沢さんの辞任後、代表戦に向けた鳩山&小沢チームに対するネガティブキャンペーンである。

「鳩山さんでは結局小沢さんの院政となる」
「小沢さんを継承する鳩山さんでは現状維持ということだ」
「岡田さんはクリーンで民主党の世代交代を象徴できる」

などといった、まあ、鳩山さんではなく岡田さんが民主党代表になるべきであると民意を促し、アンケート結果でそれを証明する手順である。もちろん今回のような異常時において、この手のマスコミによるアンケートや意識調査のたぐいで信用できるものは少ない。

理由は、アンケート結果を自分たちの都合でいくらでも操作できるからである。また、求める結果へと誘導する文句で質問することも考えられる。産経や読売あたりはアンケートすら実施せずに数値を捏造しているのではないかと疑いたくもなる。(あくまでも偏向報道に対する個人の感想として)

「小沢さんの院政」のどこが悪いのか?
自民にとっては今後も小沢さんの存在が脅威なのであり、その心理が「院政」という言葉を用い、敵意を表しているのである。国民は、途方もない額のバラマキが、またもや官僚の天下り先と多額の企業献金を行う大企業に流れる図式であること、国民一人ひとりには選挙対策のための一時しのぎで、せいぜい1~3年程度の政策であること、そしてバラマキの回収を消費税の大増税で行うことなど、しっかりと認識すべきである。つまり、西松事件が起きた3月以前の、1桁に迫る支持率に喘いでいた自民党と、対する民主党の政策の違いを、マスコミはよく比較し民主党に軍配を上げていたことを、国民はよく思い出さなければならない。

「小沢さんを継承して現状維持」しては駄目なのか?
上記の通り、西松以前、小沢民主党の政策をマスコミは喧伝し、政権交代間近と謳っていた。
そこからぶれない民主党のどこが悪いのか?
支離滅裂、言っていることや書いている記事に一貫性のないマスコミの方が、国民から大きな「?」を突きつけられるものなのではないか?

「岡田さんはクリーンで民主党の世代交代を象徴」するけど結果はどうなる?
岡田さんでは、国民を欺く自民の思うつぼになってしまう。
現状”岡田であれば戦略も実行力も戦う相手としては組み安し”というのが自民の本音である。選挙で勝ち、その後の駆け引き、せめぎあいでも勝てる。岡田さんが代表であれば、偽メール事件で大失態を演じた、前原さんはじめ、まだ実力的に危うい人たちが重要ポストに就くであろうことを、自民は承知している。ましてや、前原さんは誰もが認める民主党の”隠れ自民党員”である。自己都合優先で、日本のため、国民のための政治とは程遠い存在なのである。
加えて岡田さんは、公務員の天下り廃絶には消極的で、早期増税には積極的である。要するに”小沢さんと政策を異にする代表=政策上も自民側へ取り込みやすい民主党代表”である。

岡田さん有利に民意を誘導するマスコミに騙されてはいけない。
日本には今、小沢さんと理念、政策を共にする指導者が必要である。
政府御用達となったマスコミの嘘に踊らされず、真実を見て、自分たちと子どもたちの
将来のため、日本を変えるための結果となるか、見守りたい。

|

« またしても自民にハメられた民主党 | トップページ | 100年に一度は不況ではなく”格差” 日本復活は教育から »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/45024710

この記事へのトラックバック一覧です: 情報操作で岡田民主誕生を図る政府とマスコミ:

« またしても自民にハメられた民主党 | トップページ | 100年に一度は不況ではなく”格差” 日本復活は教育から »