« 国産小麦と雑穀のパンやさん「ひね」 | トップページ | 生まれ変わったビルゲイツ »

2008年3月 3日 (月)

さんま

久々にサンマを焼きました。
この時期ですから解凍品ですが、脂がのって旨かったです。
でもどこか物足りなさを感じます。
サンマが焼ける臭いと煙がないんです。
昔は七輪とまではいきませんが、家庭用のガス台に網を置いて焼いてました。
脂が網に落ちて焼ける臭いと煙がなんとも食欲をそそり、味覚を楽しむ前に、視覚、嗅覚、聴覚で日本の味を楽しめたものです。
少し前までは、まだ魚焼き用のグリルでも煙は出ていましたが、今のグリルでは煙も香りも出てきません。
なんとか情緒ある食を復活させたいですが、東京のマンション住まいじゃぁ、煙たいとか、臭いとか、ご近所への配慮がいろいろあって、無理ですね。
また焼きたくても、換気扇が弱くて、サンマなんか焼いたら室内の視界ゼロになっちゃいます。
残念。。。

|

« 国産小麦と雑穀のパンやさん「ひね」 | トップページ | 生まれ変わったビルゲイツ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205383/40349323

この記事へのトラックバック一覧です: さんま:

« 国産小麦と雑穀のパンやさん「ひね」 | トップページ | 生まれ変わったビルゲイツ »